【なめこ】レシピは味噌汁だけじゃない!なめこの美味しいレシピ!

なめこって、味噌汁の具以外、他のレシピで使ったことない!そんな人が多いようです。しかし、他のキノコと同様に、なめこを使った美味しいレシピは、沢山あるんです。そこで、なめこを美味しくたべれる、お手軽レシピをご紹介しましょう!

【なめこ】って、どんなキノコ!?

なめこのぬめりの正体は!?

他のキノコと違って、何故なめこだけ、あんなにぬめりがあるのでしょうか。ぬめりの正体は一体何!?

湿時はおびただしいゼラチン質の粘性物質のムチンが分泌しており、ナメタケ、ヌメリタケと呼ぶ地域も

出典:http://ja.wikipedia.org

あのなめこの正体は、ゼラチン質の物質でした。そのため、地方では、「ヌメリタケ」と呼ぶ地域もあるようですね。また、なめたけといえば、あの醤油漬けの瓶詰でもお馴染かと思います。なめこにも、実は色々な活用方がありました。

最近では、こんな株でなめこを販売しています。

昔は、ビニールの袋にはいっているなめこが、主流だったようですが、最近はしめじのように、株で売っているなめこも多いですよね。

近年は広く人工栽培が行われ、栽培の方法も主に原木栽培と菌床栽培の二通りの方法があり、一般に市場に流通しているのは菌床栽培品である

出典:https://ja.wikipedia.org

人工栽培のものが増えてきたので、価格も安定し、比較的安価でなめこを買えたりもするので、なめこをレシピに活用しないのは、非常にもったいないですよね!また、シイタケのように、きのこ臭さもないので、子供にも食べやすい食材です。

そこで、お味噌汁以外にも活用できる、なめこのお手軽美味しいレシピをご紹介しましょう!

なめこのお手軽美味しいレシピ#1

なめこスープ

お味噌汁ではなくスープレシピ

なめこをお味噌汁で食べるのも美味しいですが、スープにしても美味しいんです!おまけになめこのほとんどは水分なので、ローカロリとあって、ダイエットにも最適レシピです!

材料 (3~4人分)
なめこ 1袋
えのきだけ 2分の1袋
水300cc
コンソメ(固形)1個
卵1個
塩、こしょう適量
薄口しょうゆ大さじ1程度

出典:http://cookpad.com

なめこのとろとろ感が、いい具合にスープにとろみを出してくれるので、つるつるっと飲みやすいスープのレシピになっています。特別な材料もいらないので、これからの季節にピッタリのなめこレシピです。

ダイエットレシピには・・・

この中に、そうめんやご飯をいれておじやにしても、美味しく食べれちゃいます。カロリーが気になる方は、春雨をINするのもおすすめなレシピです!

1
なめこはザルにあけてぬるま湯でサッと洗う。えのきだけは石づきをとり半分に切る。
2
小鍋に分量の水を入れて沸かし、沸騰したらコンソメ、なめこ、えのきだけを入れて軽く煮つめる。
3
仕上げに薄口しょうゆと塩・コショウで味付けし、溶き卵をまわし入れて完成。

出典:http://cookpad.com

えのきだけも、うまみ成分をだしてくれる食材なので、具材はこの2つだけでも十分美味しいスープになるレシピです。そのため、調味料も少なくて済むので、減塩対策にもなり、むくみ防止にもなる、嬉しいなめこレシピです。

なめこのお手軽美味しいレシピ#2

なめこオクラみょうが

ちゅるちゅる食べれるなめこ小鉢

食欲がないときなどにぴったりのなめこレシピです。おくらのねばねばもあり、ちゅるちゅるっと、食べれちゃいますよ!

材料
なめこ 1袋(80gでした)
オクラ 3本程度
みょうが 1コ
★麺つゆ(2倍希釈使用)小さじ2
★おろし生姜(チューブ使用)約2cm
★ごま油小さじ1
★お醤油小さじ1

出典:http://cookpad.com

先程お話しした、なめこのぬめり成分である「ムチン」は、摂取した栄養素の吸収を、よりよくし、腸内で働いて血糖値の上昇を抑えたりと、実は身体に非常に良い成分なんです。そのため、健康食材であるオクラと共に摂取するこのレシピは、疲れた時に、大変おすすめななめこレシピなんです。

みょうがが苦手なら別の食材を

みょうがが苦手な方も多いはずです。その際は、このレシピに塩昆布や大葉などを代用食材にしても、美味しく食べれますよ。

1
なめこは沸騰したお湯にくぐらせザルに。オクラもさっと塩湯でして小口切りに。みょうがも小口切りにします。

合わせた★に①を入れ全体をかき混ぜて、冷蔵庫で休ませ(30分以上~)味を馴染ませます。

出典:http://cookpad.com

このままでももちろんですが、ご飯やそうめんにのせて食べても、とってもヘルシーで、ダイエットにもおすすめのレシピです。ピリ辛がお好みなら、らー油をプラスしてもよし!色々とつかえるなめこレシピです。

なめこのお手軽美味しいレシピ#3

なめこネバネバなめたけ

あのなめたけを自宅で作れるレシピ!

買ってもすぐなくなってしまう、瓶入りなめたけ。ならば自宅で、なめこで作ってしまいましょう!簡単に作れるレシピなので、プラス1品のレシピとしても、おすすめです。

材料
えのき 1袋(約200g)
なめこ 2袋(約100g×2)
★醤油・酒各大さじ3
★みりん大さじ4
★顆粒だしの素小さじ1
酢大さじ1

出典:http://cookpad.com

子供たちにも人気のなめたけは、自宅でも簡単に作れるんです!しかも材料も特別用意するものはなく、キノコ類さえあれば、いつでもつくれるレシピなので、家族にも喜ばれそうですね!

水分は、えのきからでます!

水分を足さずにつくれるの?とレシピを見て感じた方もいるのでは?実は、えのきから、たっぷり水分がでるので、水は不要なんですよ。

1
今回は、えのき1袋となめこ2袋で♪
ちなみにこれで200円♪
2
なめこはザルにとり水洗いする。
えのきは3等分に切る。
3
フライパンに、
えのきとなめこと★を入れ炊く。
えのきから水分が沢山でてきますよ!
混ぜてね〜
4
約4〜5分したら、粘りがでてくるので、
酢を入れる。
酢を入れて又5分位炊く。

出典:http://cookpad.com

市販のなめたけと違い、保存料や添加物が入っていない上、キノコもたっぷり入っているので、病みつきになるなめこレシピです。これも、ご飯のお供はもちろん、お蕎麦やうどんなどの麺類にもピッタリの、なめこレシピですね!

【まとめ】なめこもかなり使えるキノコだった!

なめこは、主婦の強い味方!

いかがでしたか。なめこは安い売りしている事も多い食材なので、レシピに活用しないともったいないことがよくわかりましたね。さらには、美肌効果の高いトレハロースという成分も多く含んでいるので、なめこは美容食材でもあるんです。ぜひそんななめこをレシピに活用して、より美肌になってくださいね!

TOPへ