目の前の彼、NGじゃない?筆者が分析した【〇〇系男子】の見分け方

筆者が分析した!目の前の彼、NGな《〇〇系男子》かも……?

皆さんにとって、「食事中」はどういう時間でしょうか。美味しいものを食べるだけではなくて、同じ時間を共有してお互いを分かり合える時間ですよね。

別れ際の気の緩みで本性が分かると言われていますが、美味しいものを目の前にしている食事中も同様に、相手の人となりがわかるはず。

気が緩んでその人の本性が垣間見えた時の「あれ?」という違和感を、見逃さないことが重要なのです。

今回は、数多くの男性と食事を共にして分析を繰り返してきた筆者が、食事中の会話でわかる《NG男子》の見分け方についてお教えします♡

➀「思いやり&想像力欠如系」男子

酷い言葉の裏には「思いやり&想像力の欠如」がある

まず1つ目に挙げられるのが、「酷い言葉をスラスラと言う人」。そういった人は、相手への思いやりと想像力が欠如しています。

たとえどんなに仲が良くても、言って良いことと悪いことの区別すらもできない人と付き合ったところで、良い関係を築き上げていくことはほとんど不可能。

コミュニケーションの基本である相手への「思いやり」と、この言葉を発したらどう感じるだろうかという「想像力」が無い人とは、恋人として付き合う上で重要な「話し合い」ができません。

解決策♡「世界一幸せな女の子だ」と思わせてくれる人と付き合って!

「酷い言葉を言われたい」「愛する人に貶されたい」と願う女子は一定数いますが、それは常日頃から思いやりと想像力をもって接してくれている、というのが条件のはず。たまに、が良いんですよね♡

食事中、あなたに酷い言葉をかけてきた人には注意しましょう。

あなたが自分を認められる、私は幸せな女の子だと心から思えるような人と付き合ってくださいね♡

②「相手への尊敬&尊重欠如系」男子

目の前の彼、「こいつ」「お前」って言ってない?

次に気をつけたいのは、人に向かって「こいつ」「お前」と言う人。

もちろん、たまにならいいんです。仲の良い男性同士てはっちゃけていて、「こいつはいっつも彼女の自慢ばかりするの!このこの~!リア充め!」とふざけている時に出てくるのは許せます。

しかし、食事中何度も「あいつは」「こいつは」と言ったり、あなたに向かって「お前は」と言う人とのお付き合いは、よく考えたほうがいいかもしれません。

解決策♡ひとりの人間として尊敬&尊重してくれる人を選ぶこと!

そういった言葉を使う心理としては、名前を呼ぶのが恥ずかしい・自分より女性を下に見ている・自分のものだという独占欲などさまざま。

どんな理由だとしても、「こいつ」や「お前」という言葉は相手に対して尊敬・尊重が足りていませんよね。

あなたや友達をひとりの人間として尊重し、尊敬してくれる人とでなければ、この先ふたりで1つの道を歩いていくのは難しいと考えられます。

③「俺、俺、俺……自分大好き系」男子

いつまでも「俺、俺」の彼は、自分にしか興味がない

最後に、自分の話しかしない人についてお教えします。

向き合ってご飯を食べているけれど、彼の口から出てくるのはどれもこれも彼自身のことばかり。自分をよく見せたい・自分を知ってほしいと思っているのでしょう。

「相手が自分自身のことを話せるように、まずは自己開示するべきだ」と思って自分のことを話す人もいるようですが、基本的に人は興味のある相手に質問をしますよね。

解決策♪すごいね♡と流して、あなたを見てくれる人の元へGO!

それなのに、最初から最後まで、お店に入る前からバイバイする瞬間まで「俺、俺、俺……」。それはもう、あなたに興味はないと言ってもいいでしょう。彼の興味の対象は、ほかでもない自分自身。

付き合えばこの先何度も経験する彼との「食事中」に、毎回この調子ではまいっちゃいますよね。

「そうなんだ、すごいね~」と流して、あなたを見てくれる男性のところに行っちゃいましょう♡

NG男子を見分けて、最高な恋をしよう♡

筆者が何人もの男性と話をして分析を繰り返した結果辿り着いた、付き合ったらNGな男子の傾向。

「わかるわかる、こういう人いる!」と共感できた人もいると思います。もしかしたら、あなたの目の前で食事をする彼も、本当はNG男子かも……。

しかし、この記事を読んでくださったあなたならきっと大丈夫♡NG男子を見分けて、最高な恋を楽しんでくださいね♪