あなたの彼は大丈夫?ダメ男が取る【ケンカ中の態度】3パターン!

よーく見極めて!ケンカのときに、「彼の本性」が分かっちゃうんです。

長く付き合っていれば、ケンカの1つや2つは必ずあるもの。その度に、お互いの意見をぶつけ合い、さらに良い関係を築いていくことができれば、2人の絆は強固なものにしていけますよね♪

しかし、ケンカというのは、相手の本性がわかってしまうときでもあるんです!そこで、今回は、ダメな男が取りがちな、ケンカ中の態度を3パターン挙げてみました。

こんな態度を取ったらアウト!ダメ男が取る「ケンカ中の態度」3パターン

それでは、さっそく見ていきましょう~!

気をつけるべき彼の態度と、そのような態度を持つ彼への対処法も紹介しているので、当てはまるところがあるなと感じた子は、最後まで記事をチェックしてみてください♡

自己チューすぎっ!「自分を正当化してばかりの男」

明らかに自分に非があるくせに、それを認めて謝らず、自分を正当化してばかりの男は要注意。その傾向が強くあるようなら、おそらく彼は、かなりの「自己チュー男」なのかも。

自己チュー男は、何でも自分の都合の良いように理屈を立ててしまうクセがあるため、どんなに理屈で相手の非を説明しても意味がありません。むしろ、かえって怒らせてしまうだけかも。なので、直して欲しいところがある場合は、相手の損得基準に立って、提案してあげるようにすると良いでしょう♪

意味わからなすぎっ!「まともに話し合えない男」

感情に任せてめちゃくちゃなことを言っているだけの彼は、冷静に話し合うことのできない、「子ども男子」なのかも。

このような精神的に未熟な彼は、そのときの気分で意見を言っているため、基本的に主張に一貫性が無いことが特徴的です。例えば、「俺が全部悪かった」と言って謝ったかと思えば、「俺は何も悪くないんだ」と言ってきたり……。

こうした彼とは、まず、お互いの関係を良くしていくために、2人でしっかり話し合っていきたいんだという真剣な気持ちを伝えてみましょう。そのうえで、彼の感情が収まって、冷静に考えられるようになるまで待ってあげると◎です。

最低すぎっ!「怒りに任せて相手を傷つける男」

怒って興奮状態にあるときは、誰でもつい、心にも無いことを口走ってしまったり、ヒドイことを言ったりしてしまうもの。しかし、それが度を越している場合は、要注意です。

例えば、暴力をふるったり、物に八つ当たりして破壊するなど……。言葉の暴力も同様で、言って良いことと悪いことの見境が無い発言をする場合は、やはり注意が必要だと思います。

こんな「頭に血が上ってしまう男子」とは、少し距離を取って安全を確保した方がいいかもしれません。毅然とした態度で接するようにして、彼に行動を改めるきっかけを与えると良いでしょう!

ケンカで成長できる恋愛をしてみて♡

注意すべきケンカ中の態度は、いかがでしたか?対処法を載せましたが、もしどうしても態度が直らないようなら、自分の身を守るためにも別れを検討する必要もでてくるかもしれません。

どんな彼と付き合うにしても、ケンカを通して、より良い関係を築いていけるような、素敵な恋をしてくださいね♡