筆者の妄想にも注目♡お泊りデートの【翌朝にしたいこと】BEST3

男性に聞いてみた♡お泊りデートの《翌朝にしたいこと》BEST3

大好きな彼とのお泊りデート。

女性としてはスッピンや身体のケアなど、気になることがたくさんあってドキドキしっぱなしですよね。それは男性も一緒。案外女性は見られています。

ですが今回は「翌朝」に注目して、男性陣に《お泊りデートの翌朝にしたいこと》を聞いてきました♡

筆者の妄想や偏見なども混ぜて面白おかしくまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

第3位:ドキドキが止まらない♡一緒にシャワーを浴びる

・俺も彼女も朝弱いから、目を覚ますためにシャワーを浴びてる。時短と節約のためと思って始めたけれど、マンネリの刺激になって良いと思う。(23歳・販売員)

・特に夏場は多いかも。彼女に「ちゃんとこっち向いて」と言われながら髪の毛を乾かされるのが好き。(21歳・大学生)

寝ぼけながらパジャマを洗濯機の中に放り投げたのち、狭い浴室の中で触れ合う肌。ゆるゆると肌の上を滑る水滴に、熱さでほんのり上気した頬。付き合って長いけれど、この時間は何度味わってもドキドキする……。

いやいやいや、こんな朝があってたまるか!という気持ちです。現実世界ではこういう朝が当たり前のように来るんですか?

筆者は子犬みたいなゆるふわパーマ男子に「もうっ、ちゃんとこっち向いて!」と言いたいだけなのですが、まずは現実と向き合う必要がありそうです。

第2位:ゆるっと散歩がてら♪モーニングに行く

・俺のTシャツをゆるっと着た彼女を連れて、家の近くのパン屋でモーニングを食べたい。ねむそうな彼女と美味しそうな焼きたてのパン、最高でしかないと思う。(21歳・大学生)

・散歩がてらモーニングに行きたい。食べたら近くの公園まで歩いて、ゆる~っと過ごしたい。幸せだろうな。(20歳・服飾学生)

柔らかい陽の光を全身に浴びながら、彼の手を取ってパン屋まで歩く道のり。Tシャツでは少し肌寒い気温だけれど、私の手を引いてくれる彼の手があまりにも温かくて、ああこんな日々が続いたらいいのに、と思う。

……なんて日曜日は来ない。これ幻想じゃないですか?本当にあります?こんな幸せでしかない日曜日。

朝起きて彼に連れられてモーニングを食べ、ゆるっと散歩する⁉オシャレすぎません⁉世のカップルすごくないですか……?

ゆるふわっと幸せを感じたい女性におすすめの‘‘モーニング’’、次のお休みの日に彼といかがですか?

第1位:こんな日曜日が毎週来てほしい♡ご飯を作ってくれる

・朝ごはんを作る彼女の後姿を見た時、幸せな気持ちが胸いっぱいに広がった。着替えて、ちゃんとエプロンもしてくれてて嬉しかった。(23歳・営業)

・彼女が淹れたコーヒーの匂いで目が覚めた時、結婚を意識した。(22歳・医療関係)

ふわりと鼻先をかすめるコーヒーの香りと、ジュージューとフライパンの上で音を立てる卵。かすかに聞こえる彼女の鼻歌に、部屋中に差し込む陽の光。ああこんな幸せが、この先何年も続いたなら……。

もしこれがなにかのドラマだったら、完全にback numberの「日曜日」流れていますよね。

彼が目をパチリと開けた時、ちょうど彼女がこちらを振り向いて、笑顔で「もう、遅いよ」なんて言うんですよね?そこで「ねぇもうすぐお昼だよ」って「日曜日」が流れるんですよね?

結婚を意識させたい!という女性は、彼が起きる時間に合わせてご飯を作ると効果があるかもしれません♡

3つの方法で、彼をもっとドキドキさせちゃおう♡

男性陣に実際に聞いた、お泊りデートの《翌朝にしたいこと》。もしマンネリ気味なら、これを活かさない手はありませんよね♡

3つの方法を駆使して、2人で素敵な朝を過ごしてくださいね♪