映画の後ですぐ行ける♡《3月のライオン・聖地巡礼》月島・千駄ヶ谷

今話題の俳優陣が多く登場している、映画《3月のライオン》!後編もスタートして、さらに人気に拍車がかかっています。映画を見た後に、お話の舞台をすぐに見ることができるのも、魅力のひとつです♡話の中心地である、月島と千駄ヶ谷を中心に、聖地を紹介します!

プロの世界の厳しさと、あたたかい人間関係が魅力♡

物語は、17歳のプロ棋士の桐山零を中心に、話が進みます。映画では、神木隆之介さんが主人公である、桐山零を演じています。

主人公の零は、幼いころ家族を全員失い、深い孤独をかかえています。そんな彼に、唯一残った生きる道が将棋だったのです。将棋を通じて、あたたかい人間関係を築いていく物語です。

そんな3月のライオンの原作は漫画。作者は「ハチミツとクローバー」でおなじみの羽海野チカ先生。アニメ化もされていて、さらにファンが増えています。

芸能人にも、多くのファンがいる3月のライオン。話の舞台の多くが、月島と千駄ヶ谷です。映画を見た後に、聖地巡礼が気軽にできるもの魅力です♡

あたたかい人たちが集まる【月島編】

主人公の桐山零が住んでいる町が、月島です。物語に深く関わってくる川本3姉妹も住んでします。彼らの日常が、たっぷり詰まった場所がたくさんあります。

第一巻の表紙といえば【中央大橋】

漫画の一巻の表紙にも登場してる中央大橋。漫画・アニメ・映画でもたびたび登場する、有名な聖地のひとつです。

三月町に住む川本家の家への行きで、必ず通る橋です。橋の向こう側に、零が住んでいます。

ちょっとレアなスポット【霊岸島水位観測所】

特徴的な霊岸島水位観測所も、よく物語に登場します。零が住む町、六月町のモデルである新川に立っています。近づくと、漫画と同じで、水位の高さを実感します。

3月のライオンとBUMP OF CHICKENの限定コラボシングルのジャケットもココです。

下町情緒あふれる印象的な【佃小橋】

漫画やアニメはもちろん、映画にも登場する佃小橋。レトロな雰囲気がたまりません。月島の下町らしさを、実感できます。

物語に登場するもんじゃ屋さん【もんじゃ 太郎】

漫画の中では「もんじゃ次郎」として登場するのが、もんじゃ太郎です。店内に入ると、3月のライオンのポスターや、羽海野先生やBUMP OF CHICKENサインもあります♡

登場人物が好きなもんじゃも、メニューにあります!

もんじゃ 太郎

営業時間
月:17:00~21:30LO
火~金:12:00~15:00、17:00~21:30LO
土日祝:12:00~21:30LO

詳細はこちら

町全体が聖地すぎる【月島】

町全体が、物語の聖地になっている月島。映画派の方も、歩けばすぐに、見覚えのある場所がたくさん見つかります。お散歩をしながら、探してみてください♡

月島までのアクセスは、地下鉄月島駅が便利!東京メトロ有楽町線か都営大江戸線に乗って、聖地月島に向かいましょう♡

物語のもう一つの舞台【千駄ヶ谷】

千駄ヶ谷には、将棋会館があります。プロの棋士が、対局のために通っているこの町は、町のいたるところに、将棋のモチーフが散らばっています。

やっぱりここは外せない【将棋会館】

プロ棋士の方はもちろん、一般の方も試合や大会が行われています。1階の販売部、2階の道場と教室は、予約がなくても見学が可能です。立ち寄るだけでも、プロの空気感を充分味わえます。

プロ棋士もお参りする【鳩森八幡神社】

将棋会館の目の前にある、鳩森八幡神社。物語の中でも、プロの棋士が試合前にお参りしたり、おみくじを引いたりしています。結ぶとかわいい、鳩のおみくじも印象的です。

意外と見落としがちな【JR千駄ヶ谷駅】

主人公の零が、将棋会館へ向かうために乗車している、JR千駄ヶ谷駅。電車に乗っているシーンや、将棋会館までの道のりは、まさに聖地!

千駄ヶ谷へのアクセスは、JR総武線の千駄ヶ谷駅・都営王江戸線の国立競技場前駅が便利です。

物語の舞台を、気軽に見に行こう♡

映画はもちろん、アニメや漫画で登場している場所が、たくさんあります。漫画の公式ホームページには、聖地巡礼に便利なマップもあります。

都内にあって、交通の便もいいので、気軽に聖地巡礼を楽しんでみてくださいね♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ