俳優・藤原竜也が出演した映画とは?主演映画はあの作品だった!

俳優として映画やドラマ、舞台で活躍している藤原竜也。演技力が高く評価されている藤原竜也が映画に初めて出演した作品や初めて主演に抜擢された映画はどんな作品なのか?藤原竜也が出演した2015年に公開された映画とは?など、藤原竜也の映画出演について調べてみました。

数多くの映画に出演!藤原竜也のプロフィール

藤原竜也

1982年5月15日生まれ
埼玉県出身
ホリプロ所属

1997年 蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、デビュー。バービカン・センター(ロンドン)での公演にて、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と大絶賛され、翌年の凱旋公演も行われた。

出典:https://ja.wikipedia.org

2000年 映画『バトル・ロワイアル』の主演に抜擢された。

出典:https://ja.wikipedia.org

2003年 日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じた舞台『ハムレット』で、主な演劇賞を総嘗めにした。

出典:https://ja.wikipedia.org

2005年 リンカーン・センター(ニューヨーク)にて舞台『近代能楽集〜弱法師〜』の俊徳役を演じ、「NYタイムズ」でも評価を受けた。

出典:https://ja.wikipedia.org

2008年 ジョン・F・ケネディ・センターに於ける『身毒丸』ワシントンD.C.公演にて、2002年のファイナル公演以来6年ぶりに身毒丸役を演じ、「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けた。

出典:https://ja.wikipedia.org

2010年 舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』で台詞の7割が英語の宣教師役。バービカン・センター(ロンドン)、リンカーン・センター(ニューヨーク)で舞台『ムサシ』を再演した。9年ぶりに連続ドラマ『おじいちゃんは25歳』の主演を務める。

出典:https://ja.wikipedia.org

2011年 ドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で臼井六郎を演じ、第37回放送文化基金賞演技賞を受賞。

出典:https://ja.wikipedia.org

2014年 日本テレビ系ドラマ、『ST 赤と白の捜査ファイル』で13年ぶりにゴールデン・プライム帯の連続ドラマ主演を務める。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也の初出演&初主演映画とは?

藤原竜也は2000年に公開された映画「仮面学園」で
映画に初出演、初主演しました。

仮面学園(かめんがくえん)は1999年に角川文庫から刊行された宗田理の小説を原作として2000年に公開された映画。尚、小説の原題は『2年A組探偵局 仮面学園殺人事件』。

出典:https://ja.wikipedia.org

2000年8月5日公開。配給は東映。藤原竜也の映画初出演作品でもある。同時上映は「死者の学園祭」。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也が出演したこの映画の
あらすじはこちらです。

突然、中学生の間で仮面を付けて登校する事が大流行して、それに伴って仮面集会を開く組織が登場したり殺人事件まで巻き起こるというストーリー。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也が出演したこの映画は
藤原竜也の他に黒須麻耶、石垣佑磨、渡辺いっけいなどが
出演していました。

藤原竜也の代表作と言えばこの映画!

藤原竜也は2006年に公開された映画「デスノート」に
出演しました。

『デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画。

出典:https://ja.wikipedia.org

公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也が出演したこの映画の
あらすじはこちらです。

夜神 月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが落とした、ノートに名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」だった。犯罪者を裁く法律に限界を感じていた月は、世の中を変えるため、ノートの力で犯罪者を次々と葬り始める。やがて犯罪者を葬る者の存在に気付いた人々は殺し屋(=Killer)の意味から「キラ」と呼び始め、キラを神と崇め崇拝する者まで現れた。

一方、警察組織はキラの行為はあくまでも連続殺人であるとし、その調査・解決のためにある人物を送り込んだ。警察を裏から指揮し、数々の難事件を解決してきた世界的名探偵L(エル)である。

天才同士の戦い、求める世界の違いから起こったこの闘いに勝つのは死神の力を持つキラか、それとも警察を動かすLか。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也はこの映画で
夜神月役を演じました。

藤原竜也が出演したこの映画は
松山ケンイチが世間に認知された映画であり
大ヒットした映画でもあります。

この映画は
藤原竜也の代表作の一つと言われています。

藤原竜也が2015年に出演した映画とは?

藤原竜也は2015年1月に公開された映画「ST 赤と白の捜査ファイル」に
出演しました。

2013年に日本テレビ系で単発スペシャルとして同名タイトルでテレビドラマ化されたあと、2014年に『ST 赤と白の捜査ファイル』のタイトルで同局にて連続ドラマ化された。

出典:https://ja.wikipedia.org

その後2015年に、同ドラマの劇場版として映画化された。

出典:https://ja.wikipedia.org

主演は藤原竜也、岡田将生

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也は
この映画で赤城左門役を演じました。

2015年10月には藤原竜也主演で
映画「探検隊の栄光」が公開予定です。

『探検隊の栄光』(たんけんたいのえいこう)は、荒木源の小説。2012年9月26日に小学館から単行本が刊行された。

出典:https://ja.wikipedia.org

2015年に藤原竜也主演で映画化される予定。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也が出演したこの映画の
あらすじはこちらです。

日本のとあるバラエティ番組の取材陣は、幻の大蛇・ヤーガを見つけ出すべく、ある国のジャングルへとやってきた。 ヤーガが存在しないことをわかっていた彼らがやらせの準備をしていたところ、スタッフの一人が薬莢などを発見したことが原因で、現地の反政府ゲリラに囚われてしまう。 だが、取材陣の目的をなんとなく理解したゲリラは自分たちのやっていることに重ね合わせているうちに共感を覚え、撮影に協力してくれることになった。 同じころ、その国の現政府軍は反政府ゲリラ打倒のために策を練っていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

藤原竜也が出演したこの映画は
藤原竜也の他にユースケ・サンタマリア、小澤征悦、佐野ひなこなどが
出演しています。

藤原竜也のこれから

藤原竜也は
2016年にも映画の公開が控えています。

これからも
藤原竜也の活躍に注目です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ