自己処理で背中を綺麗に。自分でできる「背中脱毛」はじめませんか?

背中のムダ毛、気になっている人も多いですよね。でも背中のムダ毛処理って難しいもの。脱毛サロンに通うのには少し迷っているけど、脱毛がしたいという方に自分でできる背中の脱毛方法をご紹介します。自分でしっかりケアできたらとってもお手軽ですよね!

提供: エピレ

自分で背中の脱毛は可能?

背中って意外と人に見られている部位なんです。

目立つような太い毛があるわけではありませんが、うぶ毛もそれなりに存在感がありますよね。

でも、背中って自分では見えないし手が届かないし、背中の脱毛って自分でできるの?と疑問に思う人も多いのでは?

そこで、自分でできる背中の脱毛方法をご紹介します。

そもそも「脱毛」とは

「脱毛」と「除毛」の違い

【脱毛とは】


脱毛は、毛を毛根から抜き取る事です。

毛抜き、ワックスなどを使って毛を抜く自己処理方法は、自宅でも手軽にできます。

サロンでは光脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛が一般的です。
どちらも光や熱で毛根の細胞を破壊する事によって、脱毛を促し長期間の抑毛効果が期待できます。

サロンと同じ処理方法を自己処理でも可能にしたのが、家庭用脱毛器です。

【除毛とは】


除毛は、肌表面の毛を一時的に取り除く事です。

自己処理にはカミソリやシェーバーで剃る方法と、除毛クリームなどで毛を溶かして除毛を促す方法があります。

除毛は、皮膚表面のムダ毛を一時的になくすだけなので、ムダ毛は再び生えてきます。
その為、処理も脱毛に比べ頻繁に行う必要があります。

自分で背中の脱毛をするなら?

自分で背中の脱毛をするなら、家庭用脱毛器やブラジリアンワックスでの処理がおススメです。

自分で脱毛するのは難しそう…という人には脱毛サロンがおススメ。

家庭用脱毛器で脱毛

家庭用脱毛器は、光を照射するだけなので、自分で簡単に背中の毛を処理する事ができます。

最近の家庭用脱毛器は、レーザーの技術の発達で脱毛サロンと比べても、遜色ないクオリティーに仕上がるものもあります。

使っていく内に毛が薄くなっていき、早い人だと3ヶ月程度でほとんど目立たなくなるまでの脱毛効果を実感できます。

処理方法

家庭用脱毛器の使い方


1.照射部位(背中)を冷やす
処理する前に、濡らしたタオルや保冷剤などで肌を冷やしておく事で、痛みや肌へのダメージを減らします。

2.照射(脱毛処理)する
脱毛器を肌にあてると、処理が始まります。
照射する時は光がもれないように、脱毛器をなるべく肌に密着させるように意識しましょう。

3.アフターケア
処理後は、脱毛した部分を濡らしたタオルや保冷剤などで冷却します。
クールダウンする事で、肌のほてりや赤みを抑える事ができます。
同時に毛穴を引き締め、美肌効果も高まります。

処理後の肌は水分不足になっているので、冷却が終わったら低刺激のクリームやローションなどでしっかり保湿を行いましょう。

背中を処理するときのコツ

届きにくい場所の処理が少し難しいと感じるかもしれませんが、コツを掴めば自分でできるので大丈夫です。

【家庭用脱毛器を使う時の3つのポイント】

・オートモード付の家庭用脱毛器なら、その機能を使うとボタンが押せなくても脱毛器が背中に届けば脱毛できるので、処理が楽です。

・少し強めに押し当てると肌に跡がつきますが、それが次に照射する場所の目印になって分かりやすいです。

・初めの照射レベルは低めからスタートし、連続ショットを1回で済ます事で、肌への負担を減らし綺麗に処理できます。

背中の処理ができる家庭用脱毛器

フラッシュ式家庭用脱毛器 ケノン


家庭用脱毛器の中でもおススメなのが、フラッシュ式家庭用脱毛器ケノン¥69,990(税込)です。

ケノンは、オートモードやスライド照射などの機能が付いているので、自分で処理するのが難しい背中でも簡単に脱毛する事ができます。

日本人の肌に合わせた脱毛を実現しているので肌への負担も少なく、脱毛サロンで採用されている業務用と同等の効果と安全性を兼ね揃えています。

初心者でも扱いやすく、他の家庭用脱毛器と比べて3倍以上のスピードで処理が可能です。

ケノンを照射して、大体1週間くらいで効果が現れてきます。

家庭用脱毛器を使う時の注意点

家庭用脱毛器を使う時は次の事に注意しましょう。

・自分で出力設定を調節できるものを使う時は、最初から高い出力で照射するのを避け、同じところを何度も照射しないようにしましょう。

・照射後の肌の冷却&保湿ケアは怠らないようにしましょう。

・家庭用脱毛器を使う時は、日焼けはNGです。
特に使用直後に紫外線を浴びると色素沈着を起こす危険性があります。

ブラジリアンワックスで脱毛

ブラジリアンワックス脱毛は、肌に負担のかからないワックスを使い脱毛する方法で、背中にも有効です。

実際、背中の脱毛にワックス脱毛を選択する人も多いです。

処理方法

ワックスの使い方


1.処理前はエタノールなどの消毒液で背中を拭き、清潔にしておきましょう。
ワックスがしっかり機能するように、余分な水分を拭き取り、肌が乾いた状態で使います。

2.適度に温めたワックスを背中に塗っていきます。
この時毛の流れに沿うように塗りましょう。

3.ワックスの温度が下がり固まってきたら、その上から専用のシートを張り付けます。

4.所定の時間が経過したら、毛の流れとは逆の方向に勢いよく一気に剥がします。

5.処理後に余分なワックスを綺麗に拭き取り、必ず低刺激のクリームやローションなどでアフターケアを行って下さい。

背中を処理するときのコツ

【ワックスを使う時のポイント】

・敏感肌の人は、肌に薄くベビーパウダーを塗れば粘着力が低下し、肌への負担を抑えられます。

・ワックスを塗る時に広範囲に塗らない様にしましょう。
範囲が広すぎると、一気に剥がせなくなります。

・髪を巻き込まないように気を付けて下さい。
結ぶなどして、髪にワックスが付かないようにしましょう。

・ワックスは毛の流れに沿って塗っていくので、自分の背中の毛流れを把握しておくと良いでしょう。

おすすめのワックス

シェリークリア 初回は無料(送料¥500)


シェリークリアは手軽に脱毛ができるブラジリアンワックスです。

シェリークリアなら、背中の処理も自分で簡単&綺麗に仕上げる事ができ、処理頻度も約1か月でOKです。

シェリークリアの成分には、
・抑毛作用
・肌の引き締め作用
・抗炎症作用
・保湿効果
などが含まれており、これにより肌トラブルを防ぐ事ができます。

ワックスを使う時の注意点

ワックス脱毛をする時は次の点に注意しましょう。

・毛を強引に引き抜くので毛穴に大きな負担がかかり、肌トラブルを起こす事があります。

・処理後にムダ毛が残ってしまった場合、再度処理するのは構いませんが、皮膚の角質も剥がれてしまうので、何度も繰り返さない方がよいでしょう。

・風邪や生理時など肌が敏感になっている時は、トラブルを起こしやすいので、ワックス処理は控えて下さい。

脱毛サロンがやっぱりおすすめ!

やっぱり自分で脱毛するのは難しそう…
と思っている人もいますよね?

そんな人には、脱毛サロンがおススメです。

サロンで背中の脱毛を行う場合、毛の量や濃さでも変わってきますが、基本的には6回~毛深い人で12回程度かかるのが一般的です。

ムラの無い処理ができる

サロンならプロに脱毛して貰うので、処理し損ねる事もなく、綺麗に仕上がります。

自分で処理するよりも確実ですね。

ほぼ自己処理がいらなくなる

脱毛をすれば、毛を薄くし目立たなくする事ができるので、普段の自己処理がかなり楽になります。

自分で処理するのが面倒という人にもサロンはおススメです。

肌荒れを防げる

自己処理がほとんど要らなくなるので、その分肌へのダメージも少なくなり、肌が綺麗になります。

また、脱毛する事で毛穴の詰まりがなくなり、ニキビが減るなどのメリットもあります。

「エピレ」のキャンペーンがお得!

脱毛サロンの中でも特におススメなのが、エピレです。

エピレの光脱毛なら、高い脱毛効果が期待できるだけでなく、施術前に塗るジェルには、コラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸などの美容成分が配合されているので、 美肌効果もあります。

さらにエピレには、お得なキャンペーン・特典・プランが豊富で、リーズナブルな価格で脱毛をして貰う事ができます。

19部位から選べる2カ所脱毛プラン


現在、初めての方限定で「ハッピーつるスベキャンペーン」と称して、19部位から選べる2カ所脱毛プラン(同一部位2回に変更も可能)を初めて割価格の¥980(税込み)で受ける事ができます。

【脱毛可能な19部位】

Sパーツ
鼻下・アゴ・乳輪回り・胸センター・ビキニライン(上)・へそ周り・両ひざ・両手の甲&指・両足の甲&指・ビキニラインS(両サイド)

Lパーツ
両ひざ下・両ひざ上・両ひじ上・両ひじ下・首後ろ(えりあし含む)・背中(上)・背中(下)・お腹(へそ周り含む)・ヒップ周り(腰含む)

自分の背中に自信持ってみない?

処理するのとしないのでは見た目や肌触りが全く違います。

綺麗な背中を手に入れれば自信も付きますし、より魅力的な女性になれる事間違いなしです!

アナタも脱毛して、美しい背中を手に入れてみませんか?