緊張しちゃう?! 好きな人と楽しくお話しできる話題&コツ5選

好きな人とは楽しくたくさんお喋りして、好きな人のことを色々知りたい。でも好きな人の前では緊張して適切な話題が出てこない。何も話せなくなってしまう……。そんな悩める乙女に、好きな人と直接またはLINEで自然に話せる話題作りの方法やコツをご紹介します。

好きな人と自然に話せますか?

あなたは好きな人の前で自然な話題を提供し、楽しくお話しすることができますか?
これを読まれている方の中には好きな人とは目も合わせられなくて、お話しなんてとても……という純情乙女もいらっしゃるでしょう。
しかし、先ずはお話しをしてみなければ大好きな彼を知ることもできませんね。

好きな人と自然にお話しできない理由

たくさんお喋りしたいのに、好きな人を前にすると緊張してしまって何も話せなくなってしまう。
どうして好きな人と自然にお話しできないのでしょう?

それは
・上手に話そう
・気の利いた話題を提供しよう
・彼の好みの女の子に見せたい
といった気持ちが強く働くからです。

先ずは彼に好かれよう、良く見せようとするよりも、簡単な話題から「話をする」ことを目標にしてみてはいかがでしょうか。

好きな人と直接話すとき/緊張を緩和する話題

それでは好きな人と話すとき、どうすれば緊張感が解けるのでしょう?
ここでは好きな人に直接対面したときの緊張感を緩和する方法と共に、スムーズに話せる話題例をご紹介します。

▼緊張を正直に伝えてしまう
「人見知りが強くて、人と話すときに緊張してしまう」と前置きしてから話せば、案外落ち着いてお話しできます。
うまく話せない理由を、好きな人が理解してくれているという安心感からリラックスできるのですね。

▼短めに切り上げられる話題を提供する
最初から好きな人とたくさんお喋りしようとするとうまくいきませんよね。
まずは短く切り上げられる話題がおすすめです。

▼挨拶も大事な話題作り
好きな人との出会い頭の挨拶も大切な会話です。
笑顔で挨拶を交わすだけでも好きな人の印象に残るでしょう。
挨拶の後、彼の方から話題を振ってくれる場合もあります。

▼天気の話題
短く切り上げられる話題の一つに、日本人お得意の天気の話題があります。
実は簡単な天気の話題で、好きな人から「またお話ししたいな」と好印象を持ってもらうこともできるのです。

例えば暑い夏から肌寒くなる秋への季節の変わり目には、「急に冷え込んできましたね。お風邪をひかないように」と好きな人への気遣いの一言など。

そして朝は降っていないけれど、天気予報で雨が降ると言っていた日は2本折りたたみ傘を用意して好きな人に話しかけてみましょう。

「○時頃から雨が降るって天気予報で言っていましたけど、傘持ってますか? もし無かったら予備があるので貸しますよ」
こんな会話で好きな人に女性らしい優しさをアピールできます。

▼質問して、好きな人からの話題を引き出す

自分から話すばかりでなく、興味や趣味などを質問し、好きな人の方から話しやすい環境を作りましょう。

話が弾んできたらしっかり目を見て肯き、好きな人の話す話題に興味を示しましょう。
相槌は適当に打つのではなく、その話題を楽しんでいる気持ちを表すことが大切です。

上級技ですが、好きな人の話を聞く時は基本は笑顔、話題に応じて表情を大きめに変えると「この人はきちんと自分の話を聞いて把握してくれている」という印象を与えます。

好きな人とのおすすめ話題:社会人編

好きな人との関係性にもよりますが、仕事上の話より趣味や休日何をしてすごしているかという話題のほうがおすすめです。

いくら仕事が好きな彼でも、たまには仕事から離れて楽しい話をしたいと思っているはずです。
休日や趣味の話題が盛り上がれば、自然とデートの約束に繋がるチャンスもあるでしょう。

好きな人とのおすすめ話題:中学生編

中学生の共通話題といえば、やはり学校や部活のことが最適ですね。
特に部活は好きな人が夢中になっていること。
好きなものの話題を振られるのは男性にとって嬉しいことです。

ただし運動部の部活終わりの直後は疲れきっている可能性もありますので、「お疲れ様。今日も頑張ってたね」などの労いをかける程度の話題にしておいた方が良いでしょう。

好きな人とのおすすめ話題:高校生編

中学生編と同様、部活や学校の話題も盛り上がりやすいのですが、高校生になると進路や悩み・愚痴などの話題も出てくるでしょう。
そういった少し重めの話題もしっかり受け止めて真剣に聞いてあげることで好きな人から信頼感や好印象を得られます。

高校生からはアルバイトができますので、アルバイトの話題もおすすめです。
(※但しアルバイト禁止ではない学校に限ります)
「バイトは何かしてるの?」と聞いてみましょう。

もし好きな人の答えが「何もしていない」というものなら、「私も探し中なんだけど、一緒に探さない(もしくは、「情報交換しない?」)?」と誘うことができます。

好きな人が既にアルバイトをしているなら、「どんなバイトしているの?」「バイトは楽しい?」などとアルバイトの話題を広げられますね。

好きな人とのLINEが続く話題とコツ

好きな人とLINE交換ができるようになれば、そのLINEが続くよう頑張ってみましょう。
LINEを続かせる話題には、このようなものがあります。

▼共通する場所での話題
好きな人と同じ学校や職場なら、その共通する場であった出来事や、これからのイベントの話が良いでしょう。

▼共通する知人の話題
決して悪口にならないよう、褒めるようにします。
「○○さんて面白い人だよね」「物知りだよね」など。
但し、あまり他の男性を褒めすぎると好きな人が不快感を覚えてしまう場合もありますので、なるべく女性の話をするほうが良いでしょう。

▼画像送信
LINEの画像送信機能も活用してしまいましょう!
お笑い好きな彼なら面白画像を送り「これ面白いよね! どうかな?」と話題提起してみます。

動物が好きな彼なら、可愛い犬や猫などの画像を送ると良いですね。
あなたのペットの画像が話題作りにはベストですが、ペットを飼っていなくてもネット上でも可愛い動物の画像が溢れています。

YouTubeなどの動画を送ると観る時間を取ってしまい、好きな人が面倒に感じてしまうケースも。
動画よりも、すぐに見られる静止画像の方が手軽でおすすめです。

そして好きな人とのLINEを続かせるコツをご紹介します。

▼毎回即レスしない
LINEはチャットのように即レス同士の会話になりがちですが、それではすぐに話題が尽きてしまうでしょう。
2~3日毎くらいの会話の方が話題の新鮮味を保てます。

▼会話の終わりはスタンプ機能

LINEは「今日は楽しかった。ありがとう。また話そうね」と自然に会話を終わらせ、話題に合った可愛い(または面白い)スタンプで締めくくりましょう。
これで既読スルーしたと思われてしまう不安は解消でき、また後日気軽にLINEができますね。

まとめ:好きな人との話題作りは、背伸びせず身近な話題から

いかがでしたか?
好きな人との会話だからといって、難しく考える必要はありません。
なにげない話題から始めていきましょう。

また、話し上手は聞き上手とも言います。
面白い話題を持っている人より、好きな人にとって話しやすい人を目指しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ