吉永小百合、二宮和也と親子役で共演!映画『母と暮せば』まとめ

2015年12月12日に公開予定の吉永小百合さん主演の映画『母と暮らせば』は「ヒロシマ」・「ナガサキ」・「沖縄」をテーマにした「戦後命の三部作」です。今回は吉永小百合さん主演の映画『母と暮らせば』についてまとめてみたいと思います。

映画『母と暮せば』主演!吉永小百合とは

今回は、吉永小百合さん主演の映画『母と暮せば』についてとことん!まとめていきたいと思います。

…その前にまずは、吉永小百合さんについて簡単にご紹介します。

映画『母と暮せば』主演!吉永小百合とは

吉永小百合

本名:岡田 小百合
生年月日:1945年3月13日
出生地:日本・東京都渋谷区
国籍:日本
身長:157cm
血液型:O型
職業:女優、歌手
ジャンル:映画、テレビドラマ、CM

1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した

出典:https://ja.wikipedia.org

松竹映画『朝を呼ぶ口笛』で映画デビュー

出典:https://ja.wikipedia.org

『つる』(市川崑監督)に主演し、映画出演は通算100作品となる

出典:https://ja.wikipedia.org

主演映画『母べえ』がベルリン国際映画祭出品のためベルリンへ往く

出典:https://ja.wikipedia.org

2014年12月発売の映画雑誌『キネマ旬報』創刊95周年記念『オールタイム・ベスト 映画遺産 日本映画男優・女優100』にて女優20位に選出された

出典:https://ja.wikipedia.org

映画『母と暮せば』主演!吉永小百合関連サイト

吉永小百合主演映画『母と暮せば』とは

それでは本項より、吉永小百合さん主演の映画『母と暮せば』についてまとめていきます。

吉永小百合主演映画『母と暮せば』とは

吉永小百合主演映画『母と暮せば』

監督:山田洋次
脚本:山田洋次・平松恵美子
主演:吉永小百合
製作会社:2015映画「母と暮せば」制作委員会
配給:松竹株式会社
公開:2015年12月12日

『母と暮せば』(ははとくらせば)は2015年12月12日に公開予定の日本映画

出典:https://ja.wikipedia.org

吉永小百合主演映画『母と暮せば』、テーマは「ナガサキ」

吉永小百合主演映画『母と暮せば』の山田洋次監督

井上ひさしが晩年に構想していた、「ヒロシマ」・「ナガサキ」・「沖縄」をテーマにした「戦後命の三部作」の意思を山田が引き継ぎ、「ナガサキ」をテーマに制作

出典:https://ja.wikipedia.org

「ヒロシマ」が舞台である井上の戯曲『父と暮せば』と対になる形となっている

出典:https://ja.wikipedia.org

吉永小百合主演映画『母と暮せば』関連記事

映画『母と暮せば』に出演する吉永小百合・二宮和也本人のコメント

続いて、吉永小百合さん主演の映画『母と暮せば』のキャスティングをご紹介します。

映画『母と暮せば』に主演する吉永小百合本人のコメント

映画『母と暮せば』に主演する吉永小百合

2014年12月17日
(中略)
 女優の吉永小百合と嵐の二宮和也が、来年12月公開の山田洋次監督最新作『母と暮せば』で初共演し、親子を演じることが17日に明らかになった。この日、吉永は都内ホテルで行われた製作発表記者会見で「また山田学校に帰ってくることができて、とてもうれしく思っております。二宮さんと親子ということで、全国の二宮さんのファンからにらまれそうな気もしているんですが、すてきな親子になれればいいなと思います」と冗談交じりで決意を語った。

出典:http://www.cinematoday.jp

戦後70年という年に公開されることについて、「これは個人的な意見ですが、『戦後何年』という言い方が続いてほしい。そういう中で、この作品に出演できるのは意味があることだと思います」と感慨深い様子。

出典:http://www.cinematoday.jp

映画『母と暮せば』に出演する二宮和也本人のコメント

映画『母と暮せば』に出演する二宮和也

吉永との初共演に緊張した面持ちの二宮は、「ここに座っている意味、呼ばれた意味を問いかけながら、監督の指導のもと、吉永さんからもいろいろなものを吸収したい」と意気込んだ。

出典:http://www.cinematoday.jp

さらに、「僕自身も(嵐ではなく)一人で、映画に出るのは何回かあるけれど、それとは違う形になると思っている。僕の方こそ全国の吉永さんファンに睨まれないように頑張りたいと思います」と抱負を述べた。

出典:http://www.cinematoday.jp

「僕は30代だけど、この世代は、文字とか、紙、教科書でしか戦争を知ることができない。来年(戦後)70年になるが、僕自身、僕の世代や下の世代、僕を応援してくれる人たちが作品に触れてくれることで、戦争を風化させないようにするのが使命かなと思っています」

出典:http://www.cinematoday.jp

吉永小百合主演映画『母と暮せば』クランクアップ会見(動画)

吉永小百合主演映画『母と暮せば』クランクアップ会見(動画)

吉永小百合主演映画『母と暮せば』のあらすじ

最後に、吉永小百合さん主演の映画『母と暮せば』のあらすじをご紹介します。

吉永小百合主演映画『母と暮せば』PR動画

吉永小百合主演映画『母と暮せば』PR動画

吉永小百合主演映画『母と暮せば』のあらすじ

映画『母と暮せば』製作発表記者会見に出席した監督・山田洋次と主演・吉永小百合

終戦から70年となる2015年に公開される同作は、1948年8月9日の長崎から物語がスタート

出典:http://www.cinematoday.jp

映画『母と暮せば』製作発表記者会見に出席した黒木華

吉永演じる助産師の伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二(二宮)が突然現れ、その日から伸子と浩二の奇妙だが幸せな時間が始まる。

出典:http://www.cinematoday.jp

映画『母と暮せば』に関するニュース記事

医大生であった浩二には、かつて町子(黒木華)という恋人がいた。

出典:http://www.cinematoday.jp

映画『母と暮せば』に出演する二宮和也・吉永小百合

しかし、この世から去った存在にも関わらず、浩二は「町子に好きな人が現れたら、あの子のことを諦めるしかないのよ」という母の言葉を受け入れることができない……。

出典:http://www.cinematoday.jp

終わりに

今回は吉永小百合さん主演の映画『母と暮せば』についてまとめてみました

死んだはずの息子が現れるといったファンタジー映画ですが予告映像でみせた吉永小百合さんの母性溢れる演技にはすでに感動作の匂いがプンプン臭いますね。今から期待が隠しきれません。