自分のキモチが一番大切♡最新《100%自分原因説》で自分を高めよう

気持ちが落ち込みやすい時は、自分のことを見直すチャンス!気持ちが落ち込むときは、知らないうちに誰かのせいにしがちです。以前より話題になっている《100%自分原因説》に新しいエッセンスを加えた、最新の100%自分原因説をご紹介します。

イヤな気分の時こそ“自分を見直す”

イヤなことが続くと“誰かのせい”にしたくなります。

私が悪いわけじゃないのに、なんでこんなイヤな気持ちになるんだろう…と思った時は、自分を見直すチャンスです♡

イヤなことがたくさんあった時は、一度立ち止まってイヤなことを紙に書いてみましょう!箇条書きで大丈夫です。

例えば「〇〇さんにイヤなことを言われた」「〇〇くんに傷つくことを言われて喧嘩した」などでOK。

書き終わったら、紙に書いたイヤなことの主語を自分に全て置きかえてみてください。

「私が〇〇さんにイヤなことを言った」「私が〇〇くんに傷つくことを言って喧嘩した」というふうに、自分を主語に替えていきます。

そうすると、「もしかして私が先にイヤなことをしていたかもしれない!」ということに気がつきます。

100%自分原因説の考え方の基本は、「すべての結果の原因は自分」。

“相手は自分を映す鏡”とよく言いますが、まさにこの考え方がもとになっています。

《100%自分原因説》の基本を抑えながら、これからの未来をHAPPYに過ごすための考え方をご紹介します!

考え方を変える最新《100%自分原因説》

“〇〇のせい”を“自分のせい”に替えてみる

上でもお伝えしましたが、この考え方が一番大切♡

相手の行動や考え方を、すぐに変えることは100%ムリです。なので、相手のせいにせず“全て自分に原因がある”という考え方にチェンジしましょう。

そうすることで、自然と自分の行動が変わってきます。なにより、イヤなことの原因が自分のせいなら、相手に対してイライラしなくなります!

“理想の自分”になったつもりで行動する

こんな風に人に接してもらえたら、幸せな気分で毎日過ごせるのにな…と考えたりするときありませんか?

そんな時は、自分を理想の相手に置きかえます。「こんな風にしてくれたら幸せ♡」と思える行動を、周りの人にとるのがベスト♡

“相手は自分を映す鏡”なので、自分がした行動がそのまま全て自分に返ってきます!

「〇〇しなければ~」からの呪縛を解放!

意外と知らない間に自分を苦しめているのが、「〇〇しなければダメ」という固定概念。

自分の基準を相手に押し付けてしまうため、相手が守られていないと勝手にイヤな気持ちになってしまいます。

自分で自分の気持ちを縛ってしまうこの定義に気がつくと、相手にも自分にも優しくなれますよ♡

自分がウキウキすることをたくさんする♡

自分で、自分が喜ぶことをたくさんしましょう♡

ウキウキした幸せな気持ちを持っていると、相手にも幸せを分け与えることができます。

自分のモチベーションは自分で上げることしかできないことを覚えておくと、相手に過度な期待をせずに過ごせますよ。

まずは自分が幸せになり、互いに幸せを分け与えることができるような関係が理想です♡

自分が原因だからこそ世界が変わる♡

どの出来事も、自分が源。

最初はなかなか受け入れにくいこともありますが、シンプルに考えると「自分が変わるだけで世界が変わる」という事です。

そのことを知りながら行動すると、自分だけでなく周りの人も変化してきます!人間関係で悩んだときは、一度この事を思いだしてみてくださいね♡