私だけの夢なのかな…《彼が貴方との結婚を決意するきっかけ》とは?

長年付き合っているからこそ、結婚のタイミングを見失ってしまった。結婚を考えているのは私だけ?と男性よりも、女性の方が敏感になってしまう“結婚話”。男性は結婚を全く意識していないのか。男性が結婚を意識するきっかけって一体何なのでしょうか。

気にしているのは女だけ?男性が結婚を意識するきっかけって?

彼との関係が長ければ長いほど女性は彼との結婚を意識してしまうもの。
周りの結婚ブームに乗り遅れたくはないし、適齢期を過ぎてからの彼との別れは大げさにいえば死活問題。

一般的なカップルは結婚式までに用意期間として1年を見積もります。
6月のジューンブライドを理想とするなら、もうそろそろ話を進めたい気分。

では、女性だけが結婚を意識して、男性はなにも考えていないの?
男性だって馬鹿ではありません。しっかり彼女との将来については考えています。ただ、踏み出すきっかけが欲しいだけなのです。

では、そのきっかけって一体何なのでしょう。

①仕事で自信をつけてから!「昇進」

仕事での成果は生活に直結する問題なだけに、結婚とは切っても切り離せない問題です。
男性は無意識にも“女性を食べさせていく意識”があります。彼女に安定を与えられない状態で、結婚を踏み切るのは難しい。

仕事で成果を上げることで、自分に自信がつきますし収入もアップするので、結婚のきっかけとして考える人は多そうですね。
親御さんへの挨拶でも箔がつくので、自身をもって「幸せにします」と誓えるのでしょう。

②一緒についてきて欲しい…「転勤」

仕事のきっかけでいえば、転勤も考えられます。
しかし、昇進の時とは違い、内面的には「自信ができる」のではなく「自信がなくなりそうだから」かもしれません。

長年一緒にいた彼女と離れて、はたしてうまくやっていけるのか。隣にいなくなってお互いに大丈夫なのか。離れることに自信がなくなり、一緒にいたいと強く思うのでしょう。

③契約更新を機に…「引っ越し」

賃貸の更新のタイミングで結婚を考える人も多いようです。
すぐに結婚とまでは行かなくても、結婚を前提に一緒に住むっていう選択を考えます。長年一緒にいるカップルなら、(一緒に暮らそうかな)と考えるのが自然の流れですね。

一緒に住むために親に挨拶に行く人も多いですから、親御さんから「結婚前提かな?」と思われるのは仕方ないです。親からすれば、どこの馬の骨かわからない男とは娘を住まわせたくはないもの。
それもあって、一緒に住む⇒結婚の流れが出来上がるようです。

④一気にダブルの幸せ。「妊娠」

結婚を考えざる得ない「授かり婚」。
最近では、フリマサイトで陽性の妊娠検査薬が出品されていたことが話題になりましたね。それだけ結婚の決定打といえます。

ずっと一緒に過ごしてきた彼女との子どもです。突然で驚いたとしても、嬉しい他ありません。一気に結婚話に進むことでしょう。
結婚と妊娠、大きな変化が二つ同時にきて慌ただしくなりますが、ダブルで幸せの展開です。

⑤女性の年齢は切り離せない「節目」

女性よりも男性は記念日や節目を意識しない傾向にありますが。
付き合ってキリの良い時や、彼女の年齢の節目には嫌でも意識をするようです。

女性には3回の結婚ブームが訪れますが、そのうち2つが25歳になる時に!30歳になる前に!と節目を意識してのものになります。

やはり世間的には未だに“30歳の壁”の意識があります。女性なら根拠もなく30歳目前で焦ってしまうものです。
結婚のきっかけとして…と考えるならこの“壁”も良い役割があるのかもしれません。

⑥将来の安定を視野に入れて「貯金」

結婚では大きなお金が必要となります。
結婚式だけでなく、出産…子育て…と今後の生活を考えても貯金はいくらあっても困りません。

堅実な男性は、(個人的に結婚にはこれくらいの貯金が欲しい。)と考えて、その金額を達成したら結婚に踏み出す人も多いです。

将来を考えてくれている点、その将来のためにこれまで着実に計画してくれていた点を考えると、この人との結婚には安定した生活を望めそうです。

今の彼との幸せな展望が望めますように♡

結婚だけがすべてではないですが、やはり2人の幸せは約束されたいもの。
きっかけはあくまできっかけですので、結婚は2人のタイミングであることが絶対条件です。そして、結婚自体が最終ゴールとなりませんように。

“結婚をする”ことよりも、“彼と幸せになる”ことを一番に考えてください。
“結婚のきっかけ”と言うスタートから2人で合わせていきたいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す