4/20 OPEN!建物全体がアートな《GINZA SIX》は、まったく新しい大人の百貨店♡

2017年4月20日、銀座6丁目の中央通りにオープンする商業施設、GINZA SIX。世界各国のブランドショップが約240店舗入っています。それどころか。能楽堂や屋上庭園がある充実ぶり。一日中いても飽きない魅力たっぷりのスポットの注目ポイントをご紹介♡

4/20オープンの《GINZA SIX》って知ってる?

2017年4月20日、銀座6丁目の中央通りにオープンする商業施設、GINZA SIX。約240もの世界各国のブランドショップが入る予定です。

またそれだけではなく、能楽堂、屋上庭園などその観光機能にも注目されている、今東京で話題の複合施設です。今回は、そんなGINZA SIXの魅力に迫っちゃいます!

GINZA SIXオープンに伴い、椎名林檎×トータス松本という夢のコラボレーションムービーもご覧あれ!

GINZA SIXスペシャルムービー「メインストリート」篇

【魅力その1】施設全体がパブリックアート♡

館内は細部まで、こだわりのアーティストやデザイナーによってデザインされています。歩いていると、ちょこちょこと隠れアートに出会えるのも今までの商業施設にはない魅力です♡

草間彌生の南瓜シャンデリア

このオープニングの時期を飾っているのが、草間彌生のポップでおしゃれな南瓜のバルーンインスタレーション。

まるでシャンデリアのように、展示されておりとってもおしゃれ。普段は見られないような、有名アーティストの作品に身近に触れることができます。

チームラボによるデジタルインスタレーション

建物の上下空間を利用した、チームラボによる巨大なデジタルアートも展示されています。時間帯によってその色を変える点も、面白みが♡

和の心あふれる隠れアートも話題

ちょっと日本の心を思い出すような、和風のアートがちょこちょこ館内に施されています。歩きながら、さりげなく目に留まるのがとっても粋。

【魅力その2】ここでしか味わえない魅力的なショップの数々

約240ものブランドショップが入っていると言われている、GINZA SIX。なかにはチェーン店だけど、ここ限定の改装やスタイルのお店もあります。

今回は、そんななかでもオープン前から注目を浴びている3店舗をご紹介します♪

一味違った「世界一のアート書店」蔦屋書店

「世界のアート書店」を目指して作られたと言われている、GINZA SIXの蔦屋書店。中央に盆栽が置かれていたりとその本が陳列されている空間自体が、アート感満載の素敵スポットです。

世界中から集めた約6万冊の本が置かれていると言われており、まさにアート本の宝庫である書店です。

50センチ×70センチ、重さ40キロにも及ぶ大型の本が50冊以上も展示されているのは、ここの蔦屋書店だけ。アート好きはもちろん、そうでない人でも楽しめちゃうこと間違いなしの書店です。

サイフォンで入れてくれるスターバックス

GINZA SIXにはスターバックスリザーブバーがオープン。ここでは、普通のスタバでは味わえない「スターバックスリザーブ」という貴重な豆を味わうことが出来ます。

そして、お好みの豆を「スタバの中のスタバ定員」であるブラックエプロンの定員さんが入れてくれるのです!美味しいコーヒーで、ゆったりとした午後を過ごしてみてはいかが?

オトナのためのPLAZA

#0107PLAZAという名前で、ちょっと大人な雰囲気のPLAZAがオープンします。まるでニューヨークの街角のような雰囲気でとってもおしゃれ。

ちょっとしたプレゼントに最適な、気の利いた素敵なアイテムがたくさん。

センスの良いここのアイテムは「これ、どこでかったの?」ってみんなの注目を集めること間違いなし♡

【魅力その3】日本芸術に触れることもできちゃう

実は、この館内に能楽堂を備えています。最新のテクノロジーを駆使した、新しい時代の能楽を楽しむことが出来ます。

「わざわざ行くのはちょっとハードルが高いな...」そんな人でも、ショッピングのついでに気軽に芸術鑑賞ができるのが魅力的。新しい趣味を発見することができるかも?

【GINZA SIX】
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1
アクセス:東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A3出口(徒歩2分)
東京メトロ 浅草線・日比谷線「東銀座駅」A1出口(徒歩3分)
東京メトロ 有楽町線 「銀座一丁目駅」9番出口(徒歩8分)

出典:https://ginza6.tokyo

今週は、話題のGINZA SIXを満喫♡

今回紹介したのは、GINZA SIXの魅力のほんのちょっと。まだまだ面白いスポットがたくさんあるので、ぜひ今週は足を運んでみて♡