【ダイエットの新常識!】おやつは我慢しないで健康的に♡《ヘルシースナッキング》

「ヘルシースナッキング」とは、美容意識の高いセレブ達がこぞって取り入れている大注目の食習慣。間食なんて‥‥と思う方も多いかもしれませんが、実は"健康的な間食"は美容と健康にいいことだらけ♪ポイントを押さえて、あなたも健康的なメリハリ美ボディを手にいれましょう♪

セレブも注目!「ヘルシースナッキング」とは

ダイエットの新ブーム「ヘルシースナッキング」

「ヘルシースナッキング」とは、朝・昼・晩の食事を軽めにして、間食を2〜3回加える“健康的な間食”のことを言います。

食事の合間に適度な間食をとることにより、空腹からくるドカ喰いを防ぎ、本来の食事量に抑え、太りにくいからだを目指していくという新しい食習慣です。

海外のセレブを中心に、美容・健康に敏感な女子は、もう取り入れています♪

ヘルシースナッキングが人気の理由!

空腹によるドカ喰いを防ぐ

食事をすると、インスリンというホルモンが分泌され体が栄養を取り込みます。
しかし、体に栄養が足りていない時に食事をし、栄養が急激に体内に取り込まれると大量のインスリンが分泌されます。

その際利用し切れなかった栄養は、脂肪組織に変えられてしまうのです。

そして、大量に分泌されてしまったインスリンの影響で血糖値が下がりやすく、空腹感が強くなってドカ食いする‥‥という悪循環につながってしまうのです。

太りにくい体に

体がこのドカ喰いサイクルに慣れてしまうと、筋肉や細胞でエネルギーを使う力が弱くなっていき、脂肪組織に変わりやすい状態になります。

痩せやすい体質になるためには、インスリンが大量に分泌されないような体質に変えていく必要があります。

しかし、1日に何度も少量ずつ食事を作って食べるというのは取り入れにくい方法です。
この悩みを解決してくれるのが、3食をやや軽めにし、間食を2~3回加えるといった形の「ヘルシースナッキング」なのです!

正しいヘルシースナッキングのやり方♪

空腹の時間を作らない

基本スタイルは、ヘルシーで栄養価の高い食品を、空腹を感じすぎないタイミングで適量摂ることです。
食事と食事の間が空きすぎてしまうときは、中間地点で間食を摂るとよいでしょう。

カロリーの摂り過ぎに気をつける

「ヘルシースナッキング」には、適量の間食を摂ることで1日の摂取カロリーを結果的に減らすという目的があります。

1日摂取のカロリーは3食分にして上手にカロリーを調整し、食事を摂る回数だけを増やすように心がけましょう。

おすすめの時間は午後2時から3時

脂肪を蓄積する酵素を増やす働きがあるたんぱく質は、午後2時から3時頃が最も少なくなります。
このため、午後2時から3時頃に間食をしても、脂肪が蓄積されにくいのです。

この時間帯に間食をとることで、その後の夕食を食べ過ぎないようにセーブすることも期待できます。

コンビニで買える!ヘルシースナッキングにおすすめのお菓子♪

ヘルシースナッキングに最適なのが、噛みごたえがあり、消化吸収に時間がかかり、満足感が得られるもの♪

ナッツ、ドライフルーツ、豆類、ヨーグルト、さつま芋などが、ヘルシースナッキングに最適と言えます。

ヘルシースナッキングシリーズ

森永のヘルシースナッキングシリーズ!
クッキーやチョコ、グミなどが、200キロカロリー以下で手軽にとれちゃう!
食物繊維とたんぱく質が取れるので、手軽につまむのにとってもおすすめ♪

ごぼうチップス瀬戸内レモン味

瀬戸内レモンがさっぱりとしたアクセントになっていて後を引く美味しさです。
1袋食べても76キロカロリーというのも嬉しい♪
食物繊維も豊富です。

ベジップス

低カロリーの野菜チップスです。
野菜の栄養もとれるので、ヘルシースナッキングにぴったりです♪

美実PLUS ナッツシリーズ

こちらもコンビニで手軽に買えるシリーズです。
ナッツの種類が豊富で、どれもとても美味しいと人気のお菓子です♪

健康的な間食で、メリハリボディを手にいれよっ♡

健康志向が高まっている今、話題のヘルシースナッキングで、健康的なダイエットを試してみませんか?

無茶をしないダイエットで、女性らしいメリハリボディになりましょう♪