【ヘアケアはブローで決まる!】美容師おすすめドライヤー&ヘアドライこれが正解♡

昨今、さまざまな“ヘアケア商品”が、注目されていますが、実はとても大事なのに、あまり注目されていないアイテムが“ドライヤー”です。ドライヤー次第で、ブロー後の髪の毛が、大きく変わるんです。おすすめのドライヤーと、正しい髪の乾かし方を、ご紹介します。

ヘアケアでいちばん重要!【ドライヤー】の正しい選び方

昨今、さまざまな“ヘアケア商品”が、注目されていますが、実はとても大事なのに、あまり注目されていないアイテムが“ドライヤー”です。
ドライヤー次第で、髪の毛がかなり変わります。

そんな大事なアイテム、ドライヤーを選ぶ基準から、ご紹介します。

速乾性

髪の毛は濡れていると、表面を覆っているキューティクルが開いた状態で、髪が傷みやすくなります。
入浴後は、なるべく“早く”乾かすことが大事!
サロンで使っているドライヤーは、風量が大きいことが特徴なんです。

弱い風量では、時間がかかり毛先だけ乾いて、根元が乾いてない何てことも、起きてしまうんです。

選ぶ時にチェックするのは、こちら。

ワット数…1200W以上
風量…1.3㎥~

パッケージに書いてあるので、確認してから、購入しましょう。

マイナスイオン

よく聞くのが“マイナスイオン機能”です。

マイナスイオンは、髪に水分を足しながら乾かすため、多少時間がかかります。
髪を綺麗にするドライヤーというよりは、髪の水分を守ってくれるドライヤーです。

多くの方がブローの際に、オーバードライで髪を傷めています。
プロの美容師でも、ブローは何度も練習し、それでも、オーバードライになることもあります。

マイナスイオンは、そんなサロンでの技術を、家でも実現してくれる、素敵な機能なのです。

美容師がリアルに愛用中♡【ドライヤー】5選

使うほど髪も肌も綺麗になる【ヘアビューザー2】

リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plusプロフェッショナル 「HBE2D-P」
¥35,640(税込)

ネットでも、大変話題になっている、ドライヤーです。
特別なバイオプログラミングという機能が付いていて、使うほど髪が綺麗になっていく、まさに魔法のドライヤーです。髪の毛の水分バランスを整えながら、乾かしてくれるので、オーバードライにもなりにくいんです。

冷風を肌にあてても、お肌の水分バランスも整えてくれます。

髪のやけどを防ぐ【低温トリートメントドライヤー】

ヒートケア60 低温ドライヤー
¥24,800(税抜)

熱風で乾かすと、髪が熱で火傷をして、オーバードライに。
低温だと、乾くのが遅いのかも?と思いましたが、なんと低温なのに、速乾性もありました。

実際にヘアモデルも使っているから、安心できます。

大手メーカーから選ぶなら【ヘアードライヤー ナノケア】

パナソニック ヘアードライヤー ナノケア

家庭用では珍しく、高機能なマイナスイオンドライヤーです。
1200Wで風量もありながら、重量は585gと軽量で、女性にも使いやすく設計されています。
ナノケアのマイナスイオンは、ミネラルマイナスイオンで、髪のUVケアもできてしまう優れもの。

枝毛の原因、静電気を撃退【プラズマクラスター】

プラズマクラスター ドライヤー

プラズマクラスターが、ドライヤーに装備されました!
静電気で毛羽立っている髪に当てると、一瞬で収まります。
静電気は、枝毛の原因なので、マイナスイオンと同様に、新しいヘアケアアイテムとしても、注目されています。

日本のサロンで一番人気の【Nobbyマイナスイオン】

Nobbyマイナスイオンドライヤー

日本のサロンで、最も使われているのが、Nobbyのドライヤー。
軽いし、安いし、耐久性も風量も強く、マイナスイオンもついていて、髪に優しいと来たら、言うことなしなんです。

美容師が教える!正しい【ヘアドライ】方法

本当にいいドライヤーをゲットしたら、次に大事なのは、ブローの仕方です。
実際に、サロンで美容師が、行う方法をご紹介します。

タオルドライ

まずは、タオルで髪全体の水気を取ります。

頭部トップから前髪を乾かす

頭部のトップから前髪を、根元を中心にしっかり、乾かします。
意識するのは、“根元”をしっかり乾かすことです。

襟足や耳後ろなど後ろから乾かす

頭を前に倒して、襟足や耳後ろなど、後頭部の髪には、後ろから風を当てます。
この時も、毛先より根元を中心に、しっかり乾かしましょう。

湿っている部分を乾かす

全体の根元部分を乾かすと、毛先まで、なんとなく乾いた状態になります。
まだ、湿っている部分を乾かします。

冷風で艶出し

冷風がなぜついているのが、知らない人もいますが、実はブローの仕上げは冷風なんです。

全体がしっかりと乾いたら、最後の仕上げに冷風をあてます。
冷風をあてることで、髪の毛に艶がでます。

ブローであなたの髪が美しく変わります♡

ドライヤーとブローで、髪がしっとりまとまります。
普段、ヘアカラーやパーマなどで、髪にダメージを与えている方は尚更、いいドライヤーで、正しいブローをしてあげましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ