ロングはどれも同じ?自分だけのこだわりを見つけて【ヘアカタログ】

ロングヘアって、みんな同じに見える?実は、カラーやパーマの大きさによって、印象は変わるのです。ロングでもまわりとの差をつけて、自分だけのこだわりのスタイルを見つけましょう!2017年のキーワードは、“軽さ”と“やわらかさ”を残したロングヘアがおすすめ。

2017年ロングヘアは【軽さ】&【やわらかさ】

ロングヘアって、みんな同じに見える?
そんなことはありません。
前髪やヘアカラー、パーマ、カットによって印象は変わるのです!

2017年のロングヘア、キーワードは、“軽さ”と“やわらかさ”です。

2017年版・最新ロングヘア!

ノーバング

前髪を作らず、横に流す“ノーバング”のおすすめスタイルがこちら。

ノーバング×レイヤー
ノーバングには、レイヤーを入れたカールスタイルが、ぴったり。
レイヤーを入れることで、スタイルに動きを出して。
髪の動きが軽く、やわらかい女性を演出。

かきあげスタイル
流し前髪は、大人の女性のシンボル。
今年は、上に向かってふんわりかきあげるスタイルで、余裕のある女性に。

ノーバング×無造作
自然に揺れる前髪と、カールで、自然の色気を放出。
無造作に仕上げるなら、髪の束感を意識して。
無造作さは、無邪気ながら、大人の女性に仕上げます。

シースルーバング

前髪を作るなら、眉毛が透けるような、軽めの“シースルーバング”で決まり。

シースルー×2層カール
前髪の軽さは、全体の印象を変えます。
上下にわけた前髪で、2層のふんわりカールを作ってあげて。
“軽く”、“やわらかい”、ふんわり女子は、シースルーバングがおすすめ。

定番!シースルー×パーマ
ガーリーでフェミニンな女性は、おくれ毛一つも、気を抜かない。
全体にふんわりパーマをかけて、毛先までガーリーに変身。
シースルーバングにパーマは、最強フェミニンスタイルです。

シースルー×重み
軽さと重さで絶妙なバランスが大事。
シースルーバングに、ウェットな重みをプラスすれば、一気に外国人風に。
後ろ髪は重めのスタイルにカットして、オイルやしっとり系のワックスなどで、仕上げてみて。
ウェットな重みは、個性もプラスしてくれます。

ぱっつんバング

女子から根強い人気!前髪を一線に切り揃える“ぱっつん”。

ぱっつん×パーマ
安定して、女子からの支持率が高いのは、ぱっつん。
いつもノーバングだった大人の女性が、イメチェンしたいなら、ぱっつんが効果絶大。
後ろ髪を切らずに、イメチェンできます。

ヘアスタイルに動きを出す、パーマで合わせるのがおすすめ。
“軽く”“やわらかい”女性が実現できます。

ぱっつん×ストレート
ぱっつんはシースルーバングよりも、重めが鉄則。
だからこそ、個性が光るのはぱっつん女子。
個性を大事にしている女子は、同性から一目置かれる存在に。

ぱっつん×レイヤー
前髪がぱっつんでも、全体にレイヤーとカールを足せば、重くなりません。
ぱっつんで、お人形さんのようなガーリーに変身。
ヘアスタイルがガーリーなら、服はちょい辛めに。

ストレート

黒髪ストレートは、男性の永遠の憧れ。
意外と、髪質を見ている男性って多いんです。

ただの真っ黒よりも、ダークトーンのグレーなら、印象が軽くなります♪

ストレートは、見た目に重くなりがち。
大人っぽいレイヤーを入れて、自然に毛先を動かして。

ストレートヘアは、ワンカールでアレンジして。
グレージュカラーで、“やわらかい”印象に。
手グシもスッと入るような、つやつやの毛質に仕上げましょう。

パーマ

“軽さ”と“柔らかさ”の真骨頂は、パーマ。
白い肌に合わせて、ミルクティーカラーにしてみて。

パーマをかけるなら、動きが出るように、レイヤーは必須。
耳上からの大きめカールで、人形のような甘めスタイルに。

耳下からのパーマは、落ち着いた女性の印象。
ノーバングに合わせて、流れるようなスタイルを意識してみて。
カールの大きさで、雰囲気が変わります。

ロングでパーマは、OLの永遠の定番スタイル。
男性ウケも狙いたいなら、ロングパーマに決まり。

あなたの個性が光るロングヘアに!

お気に入りのスタイルを見つけたら、思い立ったら吉日。ぜひサロンへ。

大人のロングヘアは、“軽さ”と“やわらかさ”を意識して、選んでみて!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ