ラッピングのリボンってどうすればいいの?素敵に決めて女子力UP!

プレゼントを贈る時、お店でラッピングしてもらっても良いですが、素敵なラッピングリボンを自分でしてみたいと思いませんか?ちょっとした工夫で素敵なラッピングリボンは自分でもできます。基本の結び方と素敵なラッピングアイデアをご紹介します。

素敵なラッピングリボンで女子力UP!

素敵なラッピングのプレゼントをもらうと嬉しいですよね。
リボンの使い方でラッピングの印象は大きく変わるので、素敵なラッピングリボンで大切な人へのプレゼントを自分でラッピングしてみませんか?

ラッピングリボンの基本の結び方

ラッピングリボンには基本の5つの結び方があります。リボンの種類、プレゼントの形状、プレゼントをする相手に合わせて結び方を使い分けたいですね。

十字掛け

十字掛け:リボンの結び方

一番人気の十字掛けは、お店のラッピングでもよく使われていますよね。
表裏のないリボンはこちらの結び方でとっても綺麗に結べます。表裏のあるリボンの場合はリボンの形にする時に、リボンの中心の部分を2回巻き付け、2つ目の輪を、左手の1つ目の輪の中へ通します。こうすると、裏地が表面に出ないリボン結びになりますよ。

斜め掛け

斜め掛け:リボンの結び方

大き目の箱やジュエリーのラッピングなどによく使われている斜め掛け。
難しそうに見えますが、斜め掛けのリボンもとっても簡単にできます。女性らしい上品な結び方なので、ぜひ覚えておきましょう!

横一文字掛け

横一文字掛け:リボンの結び方

一番すっきり見える横一文字掛けは、シンプルなラッピングが好きな人や、男性へのプレゼントにおすすめです。

縦一文字掛け

縦一文字掛け:リボンの結び方

横一文字掛け同様シンプルな結び方の縦一文字掛け。横にずらしたり、リボンの種類で変化をつけたりすると華やかなラッピングになりますよ。

V字掛け

結び方①

リボン結びする長さを測り、その分のリボンを残します。

結び方②

左手で①のリボンをおさえたまま、縦に2周巻きます。

結び方③

一番右側のリボンを左側に 交差させます。

結び方④

一番左側のリボンを写真のように通します。

結び方⑤

上のV字部分にも通し、上方向に引っ張ります。

結び方⑥

下から出ているリボンで蝶結びの輪を作り、他の結び方と同様にリボンを結びます。

大人の雰囲気のエレガントなV字掛け。プロのようなラッピングリボンで差をつけたい人におすすめです!

色々なボウ(ラッピングリボン)の作り方

フラワーボウ

リボンの手作りフラワーボウ作り方

シンプルなラッピングペーパーでもフラワーボウを付ければ華やかになります。リボンの素材や色でも雰囲気が変わるので、お好みで色々挑戦してみてください!

ダブルリボン

ダブルリボン結び 綺麗なリボンの結び方

簡単そうに見えて、意外と綺麗に仕上がらないダブルリボン。この結び方をマスターすればプロのような美しいダブルリボンが作れますよ。

ウェーブボウ1

ウェーブボウの作り方1-基本編

シンプルなウェーブボウと、異なる素材のリボン2本で作るアレンジウェーブボウ。ホチキスで固定することで意外と簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください!

ウェーブボウ2

ウェーブボウの作り方(2)

とてもおしゃれなアレンジウェーブボウ。ループのバランスは自分で好きなようにアレンジでき、センスの光る素敵なリボンになります。大切な人へのプレゼントに、心をこめてオリジナルウェーブボウを作ってみましょう!

くるくる、ラッピングリボンを可愛らしく!

くるくる巻いた可愛らしいラッピングリボンにしたいと思ったことはありませんか?カーリングリボンを使えばとっても簡単に、くるくる可愛らしいラッピングができますよ。
カーリングリボンは100均でも売っているので、ぜひ試してみてください!

用意するものはカーリングリボンとハサミだけ。
カーリングリボンはよく見ると表面が少しギザギザしていて、そのお陰で綺麗にカールする仕組みになっています。

写真のようにハサミの先っぽの角と親指の腹でリボンを引っ張ります。
リボンの向きは、自然に垂らした時に丸くなる方が下向きになってハサミに当たるようにします。

力の入れ方や、引っ張る速さを変えるとリボンのくるくるの強さに差が出ます。
ゆったりしたカーブをつけたい場合はゆっくり、しっかりカーブしたい場合あは早く引っ張ってみましょう。

ラッピングリボンの素敵なアイデア

ラッピングリボンの基本を抑えたら、プレゼントを贈る相手に合わせた素敵なラッピングをしてみましょう。あなたはどんなラッピングリボンでプレゼントしたいですか?

カーリングリボンでシンプルな十字掛けを華やかにしています。子どもっぽくなりがちなカーリングリボンですが、落ち着いた色の大人のラッピングに仕上がっていますね。

2本のリボンで十字掛けし、キラキラのオーナメントプラス!華やかなクリスマスプレゼントのラッピングにおすすめです。

ナチュラルな雰囲気のラッピングリボン。十字掛けを横に持ってくることと、緑を少し挿すことがポイントです。贈る人の温かい気持ちが伝わってくるラッピングリボンですね。

太いシルキーリボンとオーナメントがゴージャスです。
クリスマスプレゼントにこんなラッピングをもらえたら感動しそうですね。

箱と箱の中身のイメージに合わせた青いラッピングリボン。多数の輪を組合わせたボリュームのあるトップと、シンプルなボトムのアシンメトリーがおしゃれですね。

オーガンジーリボンの斜め掛け。リボンはトリプルループになっていて、適度なボリュームが華やかなラッピングです。

男性や大人の女性へのプレゼントなら、落ち着いた色の高級感のあるラッピングを使い、シンプルな横一文字掛けがおすすめです。

シンプルな一文字掛けの間にメーッセージカードを通した、素敵なオリジナルラッピングリボン。シンプルだけどインパクトのラッピングがしたい人のおすすめです。

ラッピングを華やかにし、その分リボンは横一文字掛けですっきりとさせていまうs。内側のリボンをくるくると巻きつけているのが可愛いですね。

レースを巻いた上から縦一文字のラッピングリボンをかければ、女性らしいプリティなラッピングになります。女友達やお母さんへのプレゼントにおすすめです!

細めのリボンを5周巻いてからキュッと結びます。縦に広げるとボリュームのあるおしゃれなリボンになります。
シンプルな一文字のラッピングがよく合いますね。

横の位置のV字掛けとカーリングリボンの組合せで、大人っぽさと可愛らしさのバランスがよく取れていますね。異なる素材のリボンを使うことがポイントです。

カーリングリボンを使ったラッピングリボンはお菓子などの小袋にもおすすめです。バレンタインやクリスマスなど、職場や友達にお菓子を少しずつプレゼントする時も、カーリングリボンで手軽に華やかなラッピングをしてみてはいかがですか?

白と黒のコントラストはラッピングリボンでも大活躍!甘さをプラスしたい場合はレースやオーガンジーのリボンを使い、シンプルに仕上げたい場合はサテンのリボンを使うと良いでしょう。

ラッピングリボンのアレンジ

基本のラッピングリボンとは一味違うラッピングリボンに挑戦したい人はこちら!
シンプルだけどリボンの組合わせ方によって雰囲気が変わる、インパクトの大きい素敵なラッピングリボンのアレンジです。

作り方①

ラッピングに合う色のリボンを3本、縦に1周巻き、同じリボン同士を裏で両面テープでくっつけます。

作り方②

横にリボン1周巻きます。その時、縦のリボンの下・上・下と、編みこむように通します。

作り方③

同様に残り2本のリボンも横に1周、縦のリボンに編みこむように巻きます。真ん中のリボンだけは縦のリボンに下・上・下と編みこむようにしましょう。

作り方④

ひっくり返し、裏も同様に縦と横のリボンを編みこみ、最後にそれぞれのリボン同士を両面テープでくっつけます。

作り方⑤

表に返すとこうなります。このようにリボン同士がくっついたラッピングはすっきりしていて素敵ですね。

作り方⑥

お好みでリボン同士を離したり、太さの違うリボンや色の違うリボンを組合わせて変化をつけても面白いですよ。

素敵なラッピングリボンに挑戦!

ラッピングリボンには、プレゼントを受け取った瞬間の印象を左右する大きな力があります。そんな魔法のようなラッピングリボンも、実は初心者でもできるものばかりです。
プレゼントを贈った相手が笑顔になるような、素敵なラッピングリボンに挑戦してみてくださいね!