<本当にあった職場不倫>白昼堂々のラブホ、手当たり次第上司と…

今年は、不倫や二股報道が芸能界をにぎわせました。わたしたち一般社会でも、不倫をしている人って案外まわりにいたりしますよね? 今回は、実際にある職場で起こった不倫事件3つをご紹介。道ならぬ恋に身を燃やしてしまっている人も、今後の参考に…。

周りは結構気づいている…社内不倫カップル

社内での不倫は、本人たちは隠せていると思っていても、案外まわりの人にとってはバレバレなことが多いのが事実。今回は、社内不倫の目撃者に聞いた、本当にあった事件簿をご紹介。

営業部の上司と部下が、仕事中に…

とある中小企業の営業部での話。

当事者の男性は、既婚。彼は、40代前半の小柄なベビーフェイスで誰からも愛されそうな風貌でした。
妻は、同じ会社の他部署の方でした。

不倫相手の女性は、20代後半で当時は未婚、美人ではないけれど小綺麗で細身、女性らしい人だったとか。

白昼堂々のラブホ

営業部の日々の主な仕事は、ペアでの営業回り。
既婚男性と不倫相手の女性は2人ペアで営業周りに行くことが多かったそうです。

ただ、内勤がいくら電話をかけても、2人とも繋がらないということが度々起こっていて、サボっているのでは? なんて訝しがる声が上がっていたそうです。

そんなある日、別の営業の人間が目撃してしまったのです、2人がラブホから出てくるところを…。

そのことはすぐに会社のトップに報告があがり、もちろん社内にいる男性社員の妻の耳にも入りました。
男性は妻に土下座で謝り、子どもの存在もあって、なんとか許しを得たそうです。

昇進できない男性、寿退社の女性

男性社員は降格、一生役職にはつけなくなってしまいました。

女性社員は、精神を病んで1年ぐらいの休職。
復職後は、すぐに別会社の人との交際をはじめ、まさかのスピード婚、寿退社していきました。

この事件が公表されることはなかったものの、目撃者の社員の口から噂は広まり、年々入ってくる新しい社員にも知られてしまっているそうです…。

男性のほうは役職にもつけず、社内では好奇の目で見られ、奥さんにも一生頭が上がらず、散々な人生。

女性の方は、幸せな結婚生活を送っているのでしょうか。

手当たり次第寝てしまう女性社員

続いては、とある旅行代理店での不倫話。

当事者の女性は、未婚の20代後半、営業部勤務。
とても美人で、男女問わず友達が多い社交的な人物だったため、営業職は天職でした。

本命の不倫相手は、バツ3の敏腕部長

彼女は、直属の上司、他部署の上司などとも関係を持っていました。
飲み会好きの彼女は、お誘いがあれば断らずに参加、一緒に帰ってそのままホテルへ…なんてことが日常茶飯事だったそうです。

ただ、本命の不倫相手がいました。
その人は高身長でイケメン、仕事もできるバツ2の敏腕部長で、奥様は社内のキャリア女性。

もはや冷めきった夫婦関係だったのに、奥さん側が体裁を気にして、なかなか離婚に踏み切れなかったとか。

別れは突然に。彼女の不倫三昧に嫌気

女性が関係を持つ相手が増えていけば、当然のことながら、社内には彼女の悪い噂が広まっていきました。

そして本命不倫相手の耳にも入り、彼の嫉妬心が高まり束縛したがるように。
彼の彼女への想いは本気だったんですね。

でも、彼女は自由気ままな交流関係を好んだため、そのような行動は変わらなかったそう。
そしてとうとう、男性のほうは耐えられなくなり、3年続いた関係に終止符を打ちました。

彼女はそのことも転機の一つになり、海外留学を決意し渡米。今も自由を謳歌しているとか。
やはり女性は強いです。

現在進行中の不倫カップル

最後は、ある事業会社の若いカップルのお話。

男性は、30代前半。数年前に、地方支社からの出向で、子どももいないことから、奥さんも一緒に転居してきました。小柄で童顔、少しチャラい雰囲気。

女性は20代前半で若いのですが、これまで付き合ってきた男の人の数は10人弱という超恋愛体質。美人ではないけれど、男性好みのファッションやメイク術で、恋人が途切れない状態を維持してきたそうです。

飲み会や会社の敷地内で喧嘩

2人は、同じプロジェクトチームに参加していたため、一緒に過ごす時間も多く、前の彼氏と別れたばかりだった女性は、すぐに彼に猛アタック。間もなく、交際はスタートしたそう。

彼女のほうが嫉妬心の塊だったことが原因で、2人の交際はすぐに周囲にバレてしまいました。
たとえば、部署内の飲み会で彼が他の女性と話していれば、ご機嫌斜めに。飲み会の帰り道に、彼に声を荒げて怒ることも。

同じようなことが、会社の敷地内でも目撃されていたそうです。

今も交際は続いていて…

会社内で2人の関係を知らない者はいないそうですが、男性が仕事ができる将来有望株のためか、上層部も見て見ぬふりだとか。

彼の実家は家業を営んでいて、その資金援助を奥さんの実家にしてもらっているという、今時あるのかという政略結婚の関係だそう。離婚は難しいはずです。

でも、恋多き女性のことですから、いつの間にか心が離れて、別の男性と付き合っている…なんてこともありそうです。

あなたは共感する? 軽蔑する?

不倫事件簿3件、いかがでしたでしょうか?

もしかしたらお互い本気で一緒になろうと、前向きに交際しているカップルもいるかもしれませんが、それでも不倫は不倫。相手の奥さんの気持ちを考えると、いたたまれません。

そして、何より自分の人生にとって、その時間が有益なものなのか、真剣に考えたいものです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ