たくさんあるムダ毛処理方法を一挙に紹介!オススメ処理方法はこれ!

普段、普通にカミソリで自己処理してるあなた、他にはどんなムダ毛処理方法があるのか知ってみませんか?ムダ毛の処理方法はいっぱいあるんですよ。おすすめの処理方法も紹介しちゃいます♪もしかしたら今の処理よりもっといい方法が見つかるかも!

提供: ミュゼ

ムダ毛処理方法は大きく分けて二つ

毎日のムダ毛処理、皆さんはどのような方法で処理していますか?カミソリ?毛抜き?それとも毛抜きで一本一本丁寧に抜いていますか?

もしくはもう生えてこないように脱毛サロンなどで処理をした方もいるかと思います。

毎日の処理って結構面倒だったりしませんか?私は正直言って苦手です。

見えないところに剃り残しがあったり、カミソリで肌を切ってしまったりして痛い思いをすることもあります。そんな処理が簡単に、さらにお肌のためにも優しく処理ができたらうれしくはないですか?

そこで今回はムダ毛の処理方法についてご説明していきます。

まず、処理の方法としては大きく分けて2通がりあります。

・自己処理
 カミソリや毛抜きなどでムダ毛を自分で処理する方法です。
この方法は自宅にて手軽に安価で行えるというメリットはあります。しかし埋没毛になってしまったり、毛穴がポツポツと目立ってしまう事やお肌を傷つけてしまう可能性があり、安易に行うとお肌がボロボロになってしまいます。

・脱毛
 脱毛サロンにて機械で光を当て、毛を生えなくする方法です。
毛根に直接作用し毛が生えなくなってくるので毎日のお手入れが楽になり、毛穴も閉まるのでお肌もキレイになります。何よりプロが処理してくれるので安心です。

自己処理いろいろ

処理の方法は大きく分けて二つ。
自分でリスクを背負って処理をするか、脱毛サロンで安全に処理してもらうか。

でもやはりサロンで脱毛となるとお金もかかりますし、なかなか都合がつかない場合もありますよね。

できれば家で処理したい方も多いかと思います。

自宅でできる処理の方法はたくさんあります。

おそらく最もポピュラーであろうカミソリやあまり馴染みのない抑毛剤など様々な処理の方法があります。

まずはそれぞれの処理の方法やメリットやデメリットを知ってみることから始めましょう。

みなさんのお肌は十人十色ですし、一人一人に合う処理の方法も違うはずです。
私は乾燥肌だからお肌にとにかく優しい方法がいいな。とか、すごく毛が濃いから毛穴がポツポツになってしまうのが気になる…など悩みも様々だと思います。

処理の方法を知り、自分にあった処理の方法を見つけてみましょう。

カミソリ

カミソリで肌の外に出ている毛を剃る方法。毛とともに肌の表面まで削ってしまうので、肌が傷つきやすい。
刃の枚数が多い方が肌への負担が少なくすみます。

電気シェーバー

レディースシェーバーとも呼ばれるアイテム。太めの毛や広い範囲の処理をしたい場合にお勧め。
カミソリと違い刃が肌に直接触れないので肌当たりがやさしいのが特徴。保湿などは必要。

トリマー

I字やT字のカミソリのような形ですが、トリマーは毛を剃るのではなく“刈る”アイテム。
肌へのダメージは比較的少ないが、使い方によっては色素沈着などを起こしてしまうことがあります。

毛抜き

ピンセットのような器具で毛を抜いていく処理方法。時間もかかり、埋没毛などになってしまうことがある。何より毛を引き抜くので部位によっては痛みが生じることがあります。

ワックス脱毛・脱毛テープ

脱毛用に開発されたワックスやテープを肌に貼り、毛を引き抜く方法。
一度に広範囲の処理ができるが、肌の角質なども一緒に剥がしてしまうため肌を傷めやすく、痛みもあります。

熱線式除毛器

除毛機を肌に当てていき、熱で毛を焼いて処理する方法。
短すぎる毛に熱線が届かない場合があり、処理後ムダ毛がザラザラしがち。熱線なので乾燥や誤った使用法では火傷の恐れがある。

除毛クリーム

毛のタンパク質に作用し溶かしていくクリームを肌に塗布して毛を梳かして処理する方法。
肌のタンパク質まで影響し、肌が荒れることがあるので肌が弱い方は要注意。

脱色剤

ムダ毛の色を抜いて目立たなくする方法。
ブリーチと同じなので、皮膚への刺激が懸念され、商品によってはブリーチのような刺激臭や痛みを伴うこともあるので、肌が弱い方にはお勧めできません。

抑毛剤

抑毛剤を塗る続けることで、毛の成長を抑制したり、生えてくる毛を細くしたりする方法。
塗り続けなければならないので毎日のケアが必要となり根気が必要。

オススメのムダ毛処理方法は?

9つの様々な自己処理の方法をご説明しましたがいかがでしたでしょうか?
こんなにもたくさんの自己処理の方法があるんですね。

しかしそれぞれのメリットはもちろんですが、デメリットも目に付いたと思います。

それではどのような処理がいいのでしょうか?

まず何より手間を省きたいですね。
毎日の処理が楽になれば自分磨きの時間をさらに作ることができます。

そして自己処理の最も大きいデメリットとして、肌への負担が考えられます。
お肌への影響を最大限に抑えられ、毛穴へのダメージによる埋没毛などの心配も少ない方法が好ましいですよね。そうすれば仕上がりも美しく、キレイなお肌をキープすることができます。
そしてかかる費用もしっかり抑えたいところ。

素敵な洋服も新しい化粧品も買いたいですし、お金の使いかたも大切にできれば素敵ですよね。

そんな要望をかなえた処理の方法を以下でご紹介していきます。

電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリのように毛を剃っていくものですが、その最大の違いは肌に刃が直接当たらないことです。

そのため皮膚表面を削ってしまうこともなく、肌への負担も軽く済みます。電池や充電式ならば外出先で手軽にムダ毛の処理をすることも可能です。
価格も安く手に入れることができます。

さらに最近ではたくさんの種類が販売され、防水のものや、深ぞりできないと言う点も改善されてきているのでおうちで手軽に処理することができる処理アイテムです。

ムダ毛用トリマー

コンパクトなバリカンのようなムダ毛用トリマーは肌の上を軽く撫でてムダ毛を刈っていくようなアイテムです。
特に産毛や細い毛の処理に向いていて、太い毛には向いていません。
刃で毛を刈っていきますが、肌に当たる部分は丸くなっているので安心ですし、肌の表面を滑らせるだけなので肌への負担も少なくなります。深ぞりはできませんが、細い毛などは十分目立たなくなります。
深ぞりしないので毛穴へのダメージが少なく、面倒な準備やアフターケアが必要ないのが特徴です。

脱毛クリーム

脱毛クリームはカミソリのように表面に出ている毛だけを処理するのではなく、毛穴の中の毛まで溶かすので、平均して3〜5日ほど効果が持続するのでお手入れの回数が減ります。
クリームを塗って、時間をおき、拭き取ったり洗い流すだけで毛を処理できるので手軽です。

さらに商品の中には抑毛効果も兼ねている商品もあるので使い続けることで毛の質や生えるスピードが遅くなったりすることもあります。

しかし毛を溶かすものなので人や商品によっては肌を傷めてしまうこともあるので、しっかり保湿することや自分にあった商品を選ぶことが重要になります。

脱毛サロンによる脱毛

そしてやはり最強なのは何と言っても脱毛サロンでの脱毛です。
プロが処理してくれるので自己処理しにくい箇所の脱毛もできますし、毛根に直接作用するので少しずつ処理そのものが不要になっていきます。
そして肌へのダメージも少なく、美肌効果も期待できます。
上記と比べ費用はかかりますが、今はお安く脱毛できる時代ですのでやはり一番は脱毛サロンでの脱毛をお勧めします。

お肌を守りながら自分に合った方法を探していきましょ♪

いくつもの自己処理の方法と、そのメリットやデメリットをご紹介してまいりました。

それぞれの処理の方法によって合う毛質や肌質など様々なことがわかったかと思います。
あなたにはどの処理の方法が合いそうでしたか?

ご自身の毛質や肌質とよく相談し、自己処理の方法を選んでいくと綺麗に処理できる近道になると思います。

さらに一番安心で確実なのは脱毛サロンです。
しかしどうしても時間がなかったりしてはサロンにはいけないですし、そのような場合には前記のようにしっかり安全に自己処理を行い、お肌をいたわりながら綺麗なお肌を目指してくださいね。