その『いいね』本当に必要?【繋がり疲れ】を感じたら〇〇に挑戦しよう!

LINE、Facebook、Instagram、どのくらいチェックしてますか?いま深刻な問題となっている「ネット依存」や「繋がり疲れ」。SNSに疲れたなぁと感じたことはありませんか?オトナ女子はもう始めてる「デジタルデトックス」に挑戦してみましょう!

SNSでの『繋がり疲れ』してませんか?

この記事をご覧のそこのアナタ!

今、どこでこの記事を見てますか?
移動中の電車の中?お仕事の休憩中?それとも布団の中でしょうか?

深刻なネット依存

“どこにいても誰とでも連絡が取れる、知りたい情報を検索することができる。”

便利でネット社会の世の中ですが、少しだけ息苦しく感じる事はありませんか?

インスタやFacebookでの『繋がり』

写メを撮ったらすぐにSNSにアップ!
「いいね!」やコメントでの繋がりも大切。

だけど、いま目の前にある大切な事、おろそかにしてない?

『繋がり疲れ』感じてませんか?

原因は友達の『リア充』投稿

上手に利用すれば楽しいのですが、その反面「周りと比べて劣等感を感じる」「収入差を見せつけられる」「人間関係のトラブルになる」などネガティブな一面も。

あなたはいくつ当てはまる?

まずはネット依存度をチェック!

下の項目をチェックしてあなたの依存度をチェックしてみましょう。

① 歩きながらスマホをみている
② 電波が悪いところは極力避けたい
③ 食事中もスマホを横においてLINEやメールをチェック
④ 通知が来ていないのに通知音が聞こえる事がある
⑤ SNSに書き込むネタを作る為に行動することがある
⑥ SNSがないと友達関係が壊れてしまう気がする
⑦ 長編小説を読んだり、映画を集中して見ることができない

いくつ当てはまりましたか?

1つでも当てはまったらあなたはネット依存予備軍かもしれません。
3つ以上当てはまった人はかなり危険かも!

『デジタルデトックス』に挑戦しよう!

電源をOFF!

今話題のデジタルデトックス。
方法は簡単です!
スマホ、PC、タブレット、全て電源をOFFにするだけ!

1日30分からでも大丈夫。自分一人だけの時間を楽しんでみませんか?

デジタルデトックスのすすめ

「つながり疲れ」を感じたら読む本

米田智彦著/PHP研究所
¥1,404(税込)

まずは著者によるコラムに目を通してみるものおすすめ!
ネットとの適度な距離の置き方が見つかるかも?

デジタルデトックスツアーに行こう!

1人でいるとやっぱりスマホをチェックしちゃう…そんなあなたにおすすめなのはデジタルデトックスツアー!

瞑想をして心を休めたり、鎌倉をハイキングしながらミッションをクリアしていく今人気のツアーです。

デトックス中はこれをやろう!

日記を書いてみる

最近あった出来事、嬉しかった事、悲しかった事、これからやりたい事、思うままに書き出してみましょう!

自分の「想い」を視覚化することによって、自分自身の気持ちの整理ができます。

ドライブ

仲の良い友達を誘ってもよし、ひとりで気分の赴くままでもよし!

運転中はもちろんスマホは触れません!
半強制的にデジタルデトックスができちゃいます!

電波の入らない場所へ

あえて電波の入りにくい山の中や都会と離れた場所へ行ってみるのもおすすめ!

SNSには投稿しない!写メもなし!美しい景色は自分の心の中に記録しておきましょう。

デジタルデトックスの効果は?

身体的にも精神的にもリラックス状態になりやすい

PCやスマホを見るときに、長時間下を向いていると首に負担がかかり、血液の循環が悪くなる事で、頭痛や肩こりの原因になっています。

更にブルーライトの刺激を減らすことで、良質な睡眠をとることができます。

時間の流れがゆるやか

休憩中やスキマ時間をSNSに費やしていませんか?
そのスキマ時間1日にトータルすると結構な時間なんです!

SNSに費やしていた時間がぽっかり空くと、時間がゆったり流れ始めて余裕が生まれます。

目の前のことに集中できる

LINEの通知や着信を気にしなくて良いので、目の前にある事柄に集中して取り組むことができます。

時間を忘れて趣味などに打ち込むのも良いのではないでしょうか?

幸せを感じられる

人と繋がっているのが当たり前となっている社会。
それを一旦絶ってみることで、人との繋がりを再認識するでしょう。

大切な家族や友達、恋人に会いたくなるかもしれませんね!

電源をOFFにしたら大切なものがみえてくる!

繋がり疲れを感じたら

SNSで自分を取り繕う必要はありません。
自分自身に「いいね!」ボタンを押せるような、素敵なオトナになりましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ