カラオケで人気者になれる!知っ得《歌ウマ女子》になれる方法♡

突然ですが、貴女は自分の歌に自信がありますか?歌が上手い人って素敵ですよね♡筆者もそんな人に憧れます。歌が上達すれば、カラオケももっと楽しめるはず!今回は、聴く人すべてを惹きつける、歌が上手くなる方法をご紹介しちゃいます♪

カラオケをもっと楽しみたい!歌が上手くなる方法♡

歌を歌うのはストレス発散にもなるし、歌っていて気持ちよくて、とっても楽しいですよね♡

“ヒトカラ”という言葉が流行るくらい、カラオケは大人気。友達と盛り上がりたいときにもカラオケは最適な場所ですよね!

今回は、カラオケを今まで以上に楽しめるように、歌が上手くなれる方法をご紹介します♪

憧れのアーティストの音楽を聴きまくれ!

「歌うことと聴くことになんの関係があるの⁉︎」と思った人もいるかもしれません。

実は、この“聴く”ということがとっても大切なことなんです。よく聞くことで、憧れのアーティストさんがどのように歌っているのかが分かります。

どこでコブシをつけているのか、ビブラートはどのくらいきかせるのか。それが分かるだけで、いざ自分が歌うときに似たように歌うことができますよ♡

自分の歌声をよく知るべし!

貴女は、自分の声をどのくらい知っていますか?

自分の声を知るだけで、歌が上手くなれる理由がきちんとあるんです♡

まずは、自分の歌声を録音してみましょう♡

「私って歌上手いなぁ」そう思っている貴女。自分の歌声を録音して聴いたことありますか?

筆者は、初めて自分の歌声を録音で聴いたとき、びっくりしました。全然声が違うんです!こんな下手な歌を友達の前で披露していたのか、と大変ショックを受けました……。

では、なぜ違う声に聞こえるのでしょうか。それは、自分の声は頭蓋骨や口腔など、体内の色々な部分に響くため、他人とは違って聞こえるからです。

今の歌声で満足している人も、もう一度自分の声と向き合ってみてください!

自分のキー(音域)を知ろう♡

自分がどのくらいのキー(音域)が出せるのかを確認してみてください。カラオケには、キーチェックができる機能も付いているんですよ!

自分のキーを知ることで、高音が苦手なのか、低音が苦手なのかを知ることができます。苦手な音が分かれば、練習にも意味が出てきますよ!

喉で歌うのは厳禁!お腹から歌いましょう♡

喉から声を出して歌うのは、下手に聞こえるのはもちろん、喉を痛めてしまいます。

お腹から声を出すことで、音域も広がり、太い声が出せるようになります!さっそく腹式呼吸の練習をしてみましょう♡

腹式呼吸のやり方♡

①まず、足を肩幅に開いて、まっすぐに立つ。
②次におへそに手を当てる。
③鼻から大きく息を吸って、お腹を凹ませながら10秒かけてふーっと息を吐く。

これを時間があるときに何回もやれば、お腹から声を出せるようになるはずです♪

大きく口を開くことで、喉も開く!

歌うときに口を大きく開くのは基本ですよね。

開くのは口だけでなく、同時に喉も開くんです!喉が閉まっていると、歌ってもどうしても細い声になってしまいます。

最終手段はコレ!大きな声で歌えば上手く聞こえる♪

ビブラート、こぶし、しゃくり……色々技術はあるけれど、難しいですよね。自信持って大きな声で歌うだけでも、かなりよく聞こえますよ!

マイクは自分と垂直になるように、ブレないように持って歌いましょう♪

自分の歌でカラオケを盛り上げちゃおう!

歌が上手くなれば、カラオケも最高に楽しめます!

みんなに素敵な歌を披露して、注目を浴びちゃいましょう♡

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ