毎日ハッピーでいたい!相手の≪いいとこ≫探しで人間関係を円滑に♡

人間関係はどこにいってもつきもの。悩みの大半が人間関係だったりしますよね。自分と気が合わない人と接しなきゃいけない時なんかは特に、気疲れしてしまい、人と接することが嫌になったりすることも。そんな悩める女の子のために、人間関係を円滑にする方法を紹介しちゃいます♡

"人間関係"はどこにいってもついてくる

学校に職場、その他にも、人間関係はどこにいってもついてくる…!「自分と気が合うな」と思う人もいれば、「この人ちょっと合わないかも」という人もいますよね。

しかし自分が関わりたいと思う人とだけ関わる、とはいかないので、人付き合いの悩みは絶えません。

そんな悩みの絶えない人間関係を円滑にする方法、知りたくないですか?

あなたは≪いいとこ≫探しできてる?

誰かと関わる時に、あなたは相手の≪いいところ≫に気がつきますか?人付き合いが苦手な人の中には、相手の"いやだな"と思うところばかり目についてしまう人も多いのだとか。

人と関わることが上手な人は、相手のいいところを探して、相手に対する負の感情を自ら消しているのです!

無意識のうちにそれができれば問題ないのですが、なかなか難しいもの。そこで今回は、相手の≪いいとこ≫探しのコツを紹介します♡

メリットだらけの≪いいとこ≫探しのコツ♡

ポジティブに物事をとらえる

相手の言葉をネガティブに捉えてしまいがちな人は、相手に対し、嫌な印象を抱いてしまいます。

例えばトゲのある注意の仕方をされても、「この人は私のためを思って叱ってくれているんだ。」と思える人は、自分も嫌な気分になりませんし、相手にも嫌な印象を持ちません。

これでもか!と思うくらいのポジティブ思考は、とっても有効♡

自分にはないところを探す

相手のいいとこ探しで一番のコツになるといってもいいのが、「自分にはないところを探す」ということ。自分に何が足りていないかを自覚している人は、"自分にはないものを持っている人"からどんどん良いところを吸収していきます。

「この人には、自分にはないこんな素敵なところがある」、そんな視点で相手を見てみよう!

客観的な視点を持つ

客観的な視点を持つことは、相手に対しての怒りや不快さを軽減できるうえに、自分の基準で判断することが少なくなります。

例えば、世話好きの人に対して「この人おせっかいだな」と自分が感じても、「優しい人なんだろうな」とプラスに捉えることができちゃうということ。自分の価値観ではなく、広い視野で相手を判断することができるのです。

客観的な視点を持つことができれば、心の余裕を持つことができる♡

"人と関わること"を好きになれば、自分も成長する♡

相手の≪いいとこ≫探しをすることで、自分の中から負の感情が抜けて、ハッピーな気持ちに♡

いいところを見つけて多くの人に好印象を持つことで、人付きあいも楽しくなってくるのです。最初は意識して探していたのに、いつの間にか無意識に探しているようになっているはず♡

素敵な女性になるためにも、今日から≪いいとこ≫探しをはじめよう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ