ネットでも話題!石原さとみの演技について多方面から検証してみよう

今や人気女優の石原さとみさん。ネットで“石原さとみ、演技”と入力するだけで、50万件以上もヒットするほど、世間は石原さとみさんの演技に興味津々の様子。そんな世間も気になる石原さとみさんの演技を、いろんな角度から検証してみました。

演技力が話題に上がる、石原さとみのプロフィール


石原さとみ(いしはら さとみ)

生年月日 1986年12月24日
出身地  東京都
身長   157cm
血液型  A型
職業   女優

2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』にてグランプリを受賞し、女優として活動し始めた石原さとみさん。


2003年3月にNHKにて放送されたスペシャルドラマ『窓を開けたら』でドラマデビュー。初々しい演技を披露されていました。


同年4月には、映画『わたしのグランパ』に出演。このころから、石原さとみさんは素敵な笑顔で演技されていますね。


そして今では、美少女から大人可愛い美人な人気女優に成長した石原さとみさん。2016年6月現在、ドラマ48作品、映画22作品に出演されています。

それでは、大活躍中の女優・石原さとみさんの気になる演技について検証していきましょう。

世間は石原さとみの演技に対してどう思っている?


ネットでも多くの人たちが「石原さとみの演技ってどうなの?」と議論を展開しているようですが、世間での演技に対する評価はどうなのでしょうか。

リッチマンプアウーマンの素直な役や、ぶりっこをする失恋ショコラティエの時もホントに演技が上手!

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私もこないだの、英語講師のドラマ最高に可愛かったとおもう!
あの石原さとみ独特の演技も好きだけどなぁ?何がだめなの?

出典:http://girlschannel.net


ぶりっ子の役があまりにハマりすぎて、演技については賛否両論もあるようですね。ハマリ役があるってことは演技派?!

ぶりっこの演技と言われるけど、最近の役はそうかもしれませんが、そんな中でもドキッとするようなシリアスな部分があると思います。
私は石原さんはいろんな役の出来る、素晴らしい女優さんだと思います。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

表情の作り方が上手いよね
やっぱり女優さん

出典:http://girlschannel.net

舞台で培ってきた表情の豊かさは本物です。

石原さとみの演技に対する姿勢がスゴイ


石原さとみさんが出演した実写映画『進撃の巨人』。映画の評価はイマイチでも、石原さとみさんの演技には称賛の声がたくさん集まりました。


実写映画『進撃の巨人』の中で、石原さとみさんは「ハンジ役」を演じられたのですが、原作のキャラクターと自分が合っていないことを自覚していたそうです。

それから、役作りを徹底して行ったという石原さとみさん。


声を後で当てるシーンが多かったらしいのですが、その際、自分の納得いく演技ができず、アニメ版でハンジ役を演じている声優の朴ロ美さんに自ら電話し、直接演技指導をしてもらったとのこと。

役に対する情熱が凄いですね。
石原さとみさんの演技に対する、“女優魂”を垣間見れるエピソードでした。

石原さとみの存在感ある演技が光る作品

翼の折れた天使たち


人気作家・Yoshiさん原作の小説をオムニバス形式でドラマ化した『翼の折れた天使たち』第2シリーズ。石原さとみさんは、「衝動」を演じられました。


笑顔のヒロイン役とはまったく違う、影のある役を演じられた石原さとみさん。徐々に心を開いていく女性の苦悩を、見事な演技で魅せてくれました。

鹿鳴館


2008年にテレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャルとしてドラマ化された、三島由紀夫の戯曲。石原さとみさんは、「大徳寺顕子」役で出演されました。


若い世代を演じた石原さとみさんは、演技派俳優に囲まれながらも、初々しさと凛とした美しさを放ち、迫真の演技で魅了されていました。

坂の上の雲


2009年から2011年までNHKで放送された、司馬遼太郎の同名小説が原作の3部構成のドラマ。石原さとみさんは、第2部と第3部に出演されました。


共演した俳優の本木雅弘さんが、「石原さんの佇まいが神々しい」と石原さとみさんの演技について称賛されていました。

奇跡の人


ヘレン・ケラーとアニー・サリバンを描いたウィリアム・ギブスンの戯曲を舞台化した『奇跡の人』。石原さとみさんは、2006年版のヘレン・ケラー役を演じられました。


ヘレン・ケラーという難しい役どころが初舞台となった石原さとみさん。堂々とした演技で、台詞のない役を表情豊に表現されていました。

石原さとみが演技賞を受賞した作品一覧

映画『わたしのグランパ』

石原さとみさんは、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞、第28回報知映画賞新人賞、第16回日刊スポーツ映画大賞新人賞、第25回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第46回ブルーリボン賞新人賞、第13回日本映画批評家大賞新人賞と、新人賞を総なめしました。

映画『北の零年』


2005年に公開された、吉永小百合さん主演映画。石原さとみさんは、第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞されました。

ドラマ『てるてる家族』


2003年に放送されたNHK連続テレビ小説『てるてる家族』。ヒロインを演じた石原さとみさんは、第41回ゴールデン・アロー賞放送新人賞と最優秀新人賞を受賞されました。

ドラマ『WATER BOYS2』


2004年に放送されたドラマ。ヒロインを演じた石原さとみさんは、第29回エランドール賞新人賞を受賞されました。

ドラマ『リッチマン、プアウーマン』


2012年に放送されたドラマ。ヒロインを演じた石原さとみさんは、第74回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を受賞されました。

ドラマ『失恋ショコラティエ』


2014年に放送されたドラマ。石原さとみさんは、第80回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞、東京ドラマアウォード2014 助演女優賞を受賞されました。

ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』


2015年に放送されたドラマ。主演した石原さとみさんは、第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞、第25回年間ドラマ大賞2015 主演女優賞、第19回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞を受賞されました。

たくさん賞を受賞されていますね。

演技力がある女優・石原さとみの今後に期待


様々な演技賞を受賞し、演劇評論家や共演者からの演技に対する評価も高いことが分かった、女優の石原さとみさん。これからどんな役を演じられていくのか楽しみですね。
石原さとみさんの今後の活躍にも、ぜひ期待していきましょう。