「レバー食べなさい!」生理の時になんでレバーを食べるの?

生理になるとレバーを食べるといいと、よく聞きませんか?でもそれって何でなのでしょうか。鉄分ならほうれん草でも摂れるのに、生理と関係があるのでしょうか。ここでは、そんな疑問も解消し、簡単にレバーを食卓に取り入れてみませんか。

なんで生理の時にレバーを食べるの?

生理を理由にレバーを勧められたことはありますか?生理になったら、レバーを食べなさいと言われる人もいるのではないでしょうか?

それってどうしてなんでしょう。レバーに何が入っていて、それがどうして生理にいいのか知っていますか?

女性ならではの症状について説明されています。生理によって血液が不足し、貧血などの生理時の症状が現れることが分かります。

レバーとは肝臓のこと

レバーには、全食品のトップレベルの鉄分が含まれています。特に、豚レバー、鶏レバーに多く含まれるようです。生理には最適ですね

レバーに含まれる鉄分には、ヘム鉄と呼ばれる栄養素であり、非ヘム鉄より5~10倍の吸収率があるとされているそうです。
なので、食べてから効率よく吸収される鉄分が多いということが言えます。
生理の時には必要不可欠ですね

こちらでも詳しく説明されています。生理には鉄分は重要な栄養素なので効率的に体内に取り込みたいですよね。

生理のときに感じる症状

皆さんも生理前や生理時に生理痛と呼ばれる種々の症状に悩まされていませんか?生理の時には、腹痛、腰痛、頭痛などの痛み的な症状は、ホルモンバランスの変化により起こるようです。

生理時に立ち上がった時に多い、めまいやふらつきなどの症状が思い起こされますね。これは、貧血の症状であった場合には鉄分の不足が要因として考えられます。生理では体内の血液が排出されてしまうからです。

生理時に不足しがちな鉄分をレバーを食べて鉄分の不足を補おう!

レバーのいいところは

レバーのいいところは、レバーは鉄分以外にも大切な栄養素がたくさん含まれている事を皆さんは知っていますか?生理に関することが以外にも頼れることがたくさんあるんです!

ビタミンA、ビタミンB2、ビオチン、葉酸の栄養素5分野で含有量トップの5冠を記録しています。

出典:http://ryoko-club.com

レバーは生理だけでなく、健康的にも素晴らしい食材であるという事がいえますね。

ビタミンAは目や皮膚の健康を守る栄養素です。
ビタミンB2には3大栄養素をエネルギーに変える働きがあります。また、脂質の分解を促すため、ダイエットにも適した栄養素と言えます。
葉酸とは、ビタミンB群の一種で、DNAの合成を促す効果があります。

こちらは、ビタミンB2について紹介してくれています。動画で探すとたくさんの映像による説明があり、視覚的にも分かりやすいですよ。レバーの良さを知りましょう!

レバーの食べ過ぎには注意!

レバーに栄養も入っているからといって生理時の食べ過ぎには要注意です。ビタミンAは蓄積すると、頭痛や吐き気などの症状を呈することがあるんです。

レバー料理って何があるの?

レバーは焼き鳥屋さんとか、レバーニラ炒めとか、限られた料理が思いつきますが、みんなはどんな料理にして摂取しているのでしょうか?

生理時に簡単に作れそうなものを見てみましょう!

こちらは、レバーソーセージを使用した大根とのコラボレーション料理です。
照り焼きのようなソースがパンに合いそうですね。

鳥レバーと長いもの鍋照り焼き

鍋で作る照り焼きでこちらは鳥のレバー何です。長いもにもしみ込んだ照り焼きがレバーと合わさってごはんを掻き立てます。

こちらはニラとレバーのテリーヌです。テリーヌって聞くとオシャレ感が急増しますね。
レバーの臭いを消すための方法も紹介されているのでぜひ参考にしてみてください!

こちらは鶏レバーのキムチ炒めです。キムチと痛めることでレバー特有の香りが緩和されて、ピリッとした刺激が食欲をそそります。添えられた卵がマイルドさも兼ね揃えていて美味しそうです。

鶏レバーの甘辛煮はとっても美味しそうです。動画で紹介されているので、動画を見ながら一緒に作っていくと分かりやすそうです。
生理で辛そうな方に作ってみてはいかがでしょう

レバーとニンニクの芽の甘辛炒めです。ニンニクの臭いでレバーの臭いをごまかすことができます。レバー嫌いの方は試してみてはいかがですか?

珍しいレバーのサラダについての料理の紹介動画です。香味野菜と一緒にすることで臭みが全くなくなるようです!お試しください。

とってもおしゃれな鶏レバーのスペイン風ペーストです。パンに少し塗るだけで絶品料理の一つになってしまうんです!おしゃれですね。

たくさんのレバー料理があることが分かりましたね。レバーの扱い方に慣れてしまえば、生理の症状がすぐに改善されてしまうかもしれないですよ!

レバーを食べて、生理の不快な症状を軽減

生理が近くなったり、生理の症状が少しでも現れたら、生理前でもレバーを食べて鉄分を補ってみませんか。人は食べた瞬間に体内に吸収する事は難しいので、気づいたらすぐにレバーを食べるという行動に出ると、もしかしたら生理による不快な症状が改善されるかもしれません。