時代は【他撮り盛り】♡インスタグラマーに学ぶ被写体の極意とは!

自撮りで盛れるのはもう常識! 『他撮り』で盛れなきゃ意味がない♡

少し前まで、インスタグラムは自撮り写真で溢れていました。どの角度が"盛れる"か研究して、自分の盛れる角度を知っている子も多いのでは?

しかし、今インスタグラマーのアカウントを見ていると、「他撮り」写真が多く見られます。そう、時代は自撮りから他撮りへと移っているのです!

アプリや加工で自撮りが盛れるのは、もう当たり前。では、自分で写り具合を確認できない他撮りはどうすればいいの?

今回は、他撮りの極意とコツをインスタグラマーから学んでいきましょう♡

「他撮り」のが流行っている理由はコレ♡

① 全身のコーデを写すことができる

自撮りは顔をメインに撮るので、全身を写すのは難しいですよね。

インスタにはいろんなアカウントがありますが、洋服やコーデを中心に載せているインスタグラマーは、コーデ全身をより分かりやすく撮るために、他撮りを採用している人が多くいました!

② 背景も一緒に写せるから、写真の幅が広がる

自撮りでは、セルカ棒や広角レンズを使っても、撮れる範囲が限られてきます。

景色のいい場所やインスタ映えするカフェに来たら、背景も入れて写真に残したいですよね!また遠くから撮ることで、お肌のトラブルや前髪の不調なども隠せちゃう♡

③ キメすぎない自然な写真が撮れる

やはり自撮りとなるとキメ顔をしちゃいますよね。

女の子は、自然な表情が一番可愛いのです♡大好きな友達や彼に撮ってもらえば、幸せそうな表情が撮れますよ!

インスタグラマーに学ぶ、被写体の極意♡

① 画角を指定して撮る。

おしゃれなインスタグラマーさんの写真を見て疑問に思うことが1つ。
「誰に撮ってもらってるの?」

実際に人気インスタグラマーさんに聞いてみたところ、意外にも"決まっていない"そうです。一緒にいった友達や家族に撮ってもらったり、通りすがりの人に頼むことも多いそう。

撮る人はバラバラなのに、どうして毎回おしゃれに撮れるのかというと、【画角を細かく指定しているから】なのだとか!

自分でカメラの位置を決めて、「ここでシャッターを押してください」と頼むことで、思い通りの写真が撮れるのです♡あえて遠目から撮ってもらって、後で切り取るのがおすすめ!

② 自分が盛れるポーズを決める。

他撮りで一番難しいのが「ポーズ」。モデル立ちは恥ずかしいし、ピースはなんか古臭い……。置き所のない手は頭に持っていくのがおすすめです♡

またあえて視線を外して、日常を切り取ったような写真にすると、こなれ感がでますよ◎

③ 加工はインスタでするのがトレンド。

加工アプリがたくさんある中、今一番熱いのは「インスタグラム」での加工!

今っぽい加工のしかたはこれ♡
⒈「明るさ」を上げて、「ハイライト」を下げて見やすい明るさにする。
⒉「フェード」と「影」を上げて調節する。
⒊「シャープ」を100にする。

是非、試してみてくださいね♡

これであなたのインスタも世界が広がった♡

自撮りじゃなきゃ盛れない。そんなあなたも被写体の極意を実践すれば、「他撮り盛り」もバッチリ◎

これからはおしゃれな他撮りをインスタにアップして、大量いいねをゲットしちゃいましょう!