こんなこだわりが!?ブランド公式から学ぶ【物撮りHOW TO】♡

”ブランド公式”のインスタから物撮りを学ぶ♡

Karen女子のみなさんは、化粧品やファッションブランドの、公式インスタグラムをよく見ますか?

各公式インスタグラムの写真は、「買いたい」と思わせるように撮られているので、魅力的に見える”物撮りのコツ”がたくさん!

どんな風にこだわって物撮りをしているのか、早速見ていきましょう♡

【コスメ編】 ”商品の特徴”が分かるように撮る♡

同カテゴリの他のアイテムと並べる♡ (メイベリンニューヨーク)

こちらは”メイベリンニューヨーク”の公式インスタグラムの写真。ファンデーションを、色々な質感や色のものをいくつか並べて撮っています◎

写真のように並べると家具などが汚れてしまうので、代わりに腕や紙に出すなど、自分でやる時は工夫しましょう♡

背景にこだわれば一気に華やかに♡

コスメを並べる時に、土台を可愛い色にしたり、出すものをうねうねさせれば、質素な写真が一気に華やかに!

ちょっと勿体ないですが、ファンデやリップでハートを書いても、とっても可愛い写真になりますよ♡

食べ物と共演させる♡ (マキアージュ、エチュードハウス)

こちらはマキアージュの、”運命のブラウン”のアイシャドウの写真。

コーヒーやエクレアにかかっているソースが、アイシャドウの柄とマッチしていて、全体的に統一感が生まれています♡

脱・量産型♡ コスメを食べ物のように扱って◎

こちらは秋分の日に、エチュードハウスのインスタアカウントに投稿された写真。

コスメを撮る時、フレームやファッションアイテムと写す人が多い中、コスメをむしろ食べ物のように扱うことで、脱・量産型できるはず♡

【ファッション編】質感?デザイン? 何を見せたいかで変える♡

ファッション系の物撮りは基本、床に置くか、自分が着てそれを撮るか……のどちらかが定番ですよね。

でもファッションブランドの公式アカウントを覗くと、こんな可愛い撮り方があるんだ!という発見がたくさん……♡

ハンガーにかけ、ちょっと斜めに♡(EMODA)

まずはEMODA(エモダ)の公式インスタアカウントから。

シンプルな写真ですが、洋服のデザインだけでなく、形や質感もしっかり伝わるし、ハンガーのチョイスによって世界観も変えられる、とっても素敵な物撮り法ですよね♡

お店のカタログを載せてみる。(snidel)

お店によってあるところ・ないところがありますが、もしカタログをゲットできるようなら、買ったものの掲載ページを開いて、「これ買った!」なんて投稿したら、なんかおしゃれじゃないですか?

着用画像は載せたくない、でも可愛いからみんなに自慢したい……そんな時におすすめの物撮り方法です♡

可愛いアイテムは接近戦で勝負♡ (LODISPOTTO)

デザインや質感がとっても可愛く、目立たせたい!と思うアイテムにぴったりな、ドアップで撮るという方法。

この写真の場合は靴ですが、例えばカーディガンやコートの可愛いボタンや、好きなブランドのロゴ部分など、アップの方が写真映えするパターンも多いんです♡

【番外編】こんなのもあります♡

並べておやつタイムをハッピーに♡(無印良品)

物撮り!と言って真っ先に思い浮かぶのは、化粧品やファッションが多いですが、他にもブランド公式インスタを覗くと、可愛い写真がたくさん……♡

こちらは無印良品の豆乳ビスケット。本当に泳いでる魚のようで、見ている人も楽しめます♪

ぬいぐるみに命を吹き込む♡(PLAZA)

こちらはPLAZA(プラザ)の、ぬいぐるみの写真。

壁をバックに片方の手を持つだけで、まるでぬいぐるみが「やあ!」と言っているかのよう……♡

たくさんのぬいぐるみを持っているなら、全員でお話をしているように撮っても可愛いです♪

物撮りは”ブランド公式ページ”を参考にしよう♡

ブランド公式のインスタグラムのページは、プロモーション法の1つとして使われているだけあって、とっても”魅せ方”が上手なんです!

さっそく気になるページをフォローして、参考にしてみてください♡