気分は絵本の主人公!次のソウル旅は【仁川松月洞童話村】へGO♡

主人公気分が味わえる♡《仁川松月洞童話村》とは?

韓国のソウル駅から電車にゆられ、約1時間。仁川駅に降り立ち、中華街を抜けると出てくる、THE・メルヘンな《仁川松月洞童話村》。

ここには、可愛いウォールアートやフォトスポットなど、絵本の中にいるような気分になれる物が、そこらじゅうにあるんです……♡

入場料は無料!交通費も500円程度♡

メルヘンで可愛いのにも関わらず、入場料は無料!普通にお店や、住んでいる地元の方もいます。

交通費も特殊な交通を使わなければ、レートにもよりますがソウル中心部から、往復で500円ほどで行くことができます♡

《仁川松月洞童話村》への行き方♡

ここでは「ソウル駅」から仁川松月洞童話村への、電車での行き方をご紹介します!ソウル駅までは、明洞や東大門など、主要な駅から地下鉄ですぐ行くことができます◎

1. ソウル駅から1番線に乗り、終点"仁川駅"を目指します。
2. 仁川駅に着いたら、中華街のほうにずっと歩き、坂を上がります。
3. 中華街を抜けると、かわいい街並みが……到着です♡

電車に乗るにあたって、注意点が2つ!

まず、1号線は途中で2本に分かれてしまうので、きちんと「仁川駅」行きに乗っているかを、確認してください◎筆者はこれで、違うほうの終点まで行ってしまいました……。

そして2つ目。「仁川国際空港駅」とは全く場所が違うので、そこも要注意!童話村へ行く時に向かうのは、「仁川駅」です♡

いざ着いた!テーマパークに来たみたい……♡

早速ついたらお出迎えしてくれる、まるでテーマパークかのような入り口。

1時間の長旅なんてどうでもよかったと思えるくらい、気分がわくわくしてきちゃうはず……♡

なんと言っても童話村は、ひたすらにメルヘン!パステルカラーの壁や道具がたっくさん置いてあります……♡

でもやはり曇りや雨だと、かわいさが半減してしまうので、旅程の中でもお天気のいい日を選びましょう!

みんなどうやって撮ってる?撮り方講座♡

ひたすら続くTHE・女子な空間……!せっかくなら可愛い写真、いっぱい撮って帰りたいですよね。

思いつかないなら、真似しちゃおう!ということで、可愛いみんなのおしゃれな撮り方、さっそく見ていきましょう♡

あ~、こんなところに住めたらな……♡

仁川松月洞童話村には、女の子なら誰だって憧れるような、可愛いお家がたくさん……!

そんなスポットでは、ああ、こんなお家に住めたらなあ。な写真でとびっきりかわいこぶりましょう♡

かわいいでしょ?これ、私の通学路。

路地にあるレインボーカラーの階段。こういう所って、どう撮ろうかな……と悩んじゃいますよね。

いいんです、もう、自分の通学路だよ?な雰囲気で、自然に歩いちゃいましょう。あとは連写してもらって、いい感じのを選べばOK♡

かわいさでわたし、負けてないよね……?

ちょっと奥にあるハートスポットでは、恥ずかしがらず、かわいさ張り合っちゃいましょう!

ピンクとハートが組み合わされば、もうどんな女子だって可愛くなれちゃいます。間違いないです、ためらわず挑戦しましょう……♡

甘さ摂取!心もお腹もいっぱいな旅に♡

フォトスポットの周りには、いくつかスイーツのお店やカフェもあります。おしゃれ女子は、ここでもぬかりなく、可愛いスイーツを持つのです……。

たい焼きソフトや電球ソーダで、持ってかわいい、食べておいしい。これで、心もお腹も大満足な旅にできるはず♡

次のソウル旅は《仁川松月童話村》へ行こ♡

ソウル中心部から1時間ほどで、ひたすらガーリーな異空間に行けちゃうなんて、短い旅になりがちな韓国旅行には嬉しいですよね。

入場料もかからず交通費も安いので、友達にも誘いやすいので、次の韓国旅行ではぜひ、行ってみてください……♡