パーマをかけて、ルンルンだったのに!【広がるパーマ】レスキュー♡

せっかくかけたのに!パーマが広がってタイヘンなんです……。

思い切ってパーマヘアに♪ 良い感じにセットしてもらって、ルンルン気分で美容院を出た、その翌日!自分でセットしたら、イマイチまとまらなかったり、髪がパサパサになって広がってしまった……こんな経験ありませんか?

もしくは、かけた直後は良くてもパーマが落ちていくに従って、だんだん広がりが気になるように……なんて方も、いるかもしれませんね。

そこで今回は、「広がるパーマの解決方法」をまとめてみました♡

これで解決っ!「広がるパーマレスキュー」♡

さてさて、それではさっそく、見ていきましょう!

今回は、広がるパーマの解決法を3つ紹介していきます♡

①念入りなケアで、保湿を♡

広がるパーマの解消法は、とにかく保湿をすること!これが一番です。

なぜならパーマ後の髪は、想像以上に傷んでいるし、乾燥しやすくなってしまっているからです。ですので、普段以上のお手入れを心掛けるようにしましょう♡

することとしては、お風呂でのトリートメント、コンディショナーはもちろん、「洗い流さないトリートメント」までしっかり塗ってあげること。

これで、髪がこれ以上のダメージにさらされることを防ぐことができます♡

②スタイリング剤も保湿効果の高いものを選んでみて♡

「きちんとケアしてあげても、やっぱり広がっちゃう!」という方は、スタイリング剤も、なるべく水分量の多いものをチョイスしてあげましょう。

オススメはムース!特に、洗い流さないトリートメントタイプになっているムースは、ヘアケアも同時にできちゃうので◎です。

逆にNGなのが、固めのヘアワックス。スタイルのキープ力はあるかもしれませんが、パサついて広がりの原因になってしまいます。

ただしデジタルパーマの場合や、とれかけで弱くなったパーマには、ワックスの方が良い場合もあるので、様子を見ながらスタイリング剤を選んでみましょう♡

③ドライヤーの当て方も、気をつけてみて♡

髪の状態を決めるのは、ドライヤーで髪を乾かすとき。パーマの広がりを抑えるためにも、ドライヤーの当て方には充分に気を付けましょう!

ボリュームダウンさせるためのドライヤーの当て方は、次の通りです。
(1)ドライヤーの前に、パーマ用のスタイリング剤や洗い流さないトリートメントを塗布する。
(2)髪の根本から乾かしていく。このとき、ドライヤーを上から下に向けて当てる。
(3)毛先はカール部分持ち上げて、乾かしてあげる。
(4)ある程度乾いたら冷風を当てて、髪を冷ましてあげる。

これでOKです♡

ちょこっとの工夫で、パーマの広がりは防げちゃうんんです♡

大抵の場合は、ここに書いてあることを実践するだけで、だいぶ収まるはずですよ♪

もしどうしても広がりが気になる場合は、パーマのかけ直しや、毛量調整が必要な時期という可能性もあります!その場合は、ぜひ美容師さんに相談してみてくださいね♡