美髪への近道!髪質に合った《洗い流さないトリートメント》♡

紫外線やドライヤー、ヘアアイロンなど毎日髪へのダメージは避けて通れません。そんなダメージを補修してくれる《洗い流さないトリートメント》は、人それぞれ髪質に合う合わないがあるってご存知でしょうか?そこで、効果に合ったトリートメントの種類をご紹介します♡

その《洗い流さないトリートメント》、本当に髪に合ってる?

髪の量やクセ、ダメージの度合いなど、人それぞれ髪質は異なります。そして、シャンプーやコンディショナーと同じように、《洗い流さないトリートメント》にも人によって合う・合わないがあるのはご存知ですか?

そんな《洗い流さないトリートメント》の種類と、得られる効果、適した髪質をご紹介します♡

こんなにあった!?《洗い流さないトリートメント》は4種類

《洗い流さないトリートメント》だけでも、大きく分けて4種類もあるんです!その4種とは、「ミルク」「ミスト」「オイル」「ジェル」となります。

種類ごとに得られる効果は様々。水分が多いのは、オイル<ミルク<ジェル<ミストの順番で、油分が多いのはこれの逆。油分が多ければ多いほど熱に強くなります。

種類①「オイルタイプ」は、一番熱に強い!

まずは「オイルタイプ」。ドライヤーやヘアアイロンなどの、熱によるダメージから保護する効果が一番高いのはこちらです。ダメージを補修するというより、耐熱性や保湿力を高めるものと考えましょう!

髪の乾燥・パサつきが気になる人にオススメ!

オイルはどんな髪質の方にも合うと言われていますが、髪の毛が乾燥しやすかったり静電気が起きやすい方には特にオススメ。髪にツヤが出てしっとりした仕上がりに♡

一方で、ダメージ悪化は防ぐことができますが、髪のダメージで悩んでいる人にとってはあまり効果は得られません。

種類②「ジェルタイプ」で髪のダメージを集中補修♡

「ジェルタイプ」の特徴は、シリコンやポリマーが配合されており、髪の毛を強力にコーティングしてくれることです。コーティングされることで髪の毛の栄養を閉じ込めたり、枝毛の予防にも繋がります。

熱からの保護・髪のダメージ補正、両方叶う♡

ダメージにはシリコンが必要だと言われており、髪の毛の痛みが気になる人向け。あまり髪のダメージに悩んでいない人は、ベタつきの原因になるため避けた方が◎

熱からのダメージも守りたいけど、髪の痛みも補正したい!という両方の願いを叶えてくれます♡

種類③「ミルクタイプ」で、髪の毛にまとまりを♡

「ミルクタイプ」は、油分だけでなく髪の栄養に必要な成分が含まれているものが多いことが特徴。保湿力や髪のダメージ補修に抜群です。

スタイリング剤として、髪にまとまりを♡

細毛~普通毛の人、ストレート~軽いクセっ毛の人向けで、髪の毛のまとまりがでます。パーマとも相性が良く、スタイリング剤としても適しているトリートメントです。

しかし、油分が少ないので熱からの保護力は高くありません。髪の毛を完全に乾かしてからの乾燥対策として使用するのがオススメ。

種類④「ミストタイプ」は浸透力の高さが抜群!

最後に、「ミストタイプ」。一番の特徴は、髪への浸透力の高さ!ベタつかないので、スタイリングとして使ったり最後の仕上げにひと吹きしたりと使い勝手の良さが◎

ベタつきが苦手・軽さを求める人向け!

髪の毛が細い人、軽さを出したい人、ストレートな人にとって向いていると言えます。

一方で、熱には弱いためオイルとの併用がオススメ!お互いの弱点をカバーしてくれます。

《洗い流さないトリートメント》でなりたい美髪を叶える♡

《洗い流さないトリートメント》のタイプ別に、効果や合う髪質などをご紹介しました。髪の毛の状態や自分がなりたい質感に合わせて、使い分けることもできますね!

美髪を手に入れたいなら、《洗い流さないトリートメント》で叶えちゃいましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ