学生でも楽しめる!文化を楽しむ《プチプラロンドン旅行》♡

どんなに安くても、旅費だけで7万円以上はかかってしまうヨーロッパ。7万円も出費があると、現地で楽しむお金が無くなっちゃうんじゃないかと心配している方に、イギリス・ロンドンを安価で手軽に楽しめる方法を、イギリスに留学していた筆者が伝授いたします♡

卒業旅行に《プチプラロンドン旅行》はいかが?

どんなに安くても、旅費だけで7万円以上はかかってしまうヨーロッパ。

7万円も出費があると、現地で楽しむお金が無くなっちゃうんじゃないかと心配して、いつもアジア近辺の旅行をしてはいませんか?

もちろん!アジアもとっても魅力的ですが、一生に一度の人生、もっといろんなところに行っていろんなものを見てみたいですよね♡

そこで今回は、イギリス・ロンドンを安価で手軽に楽しめる方法を、イギリスに留学していた筆者が伝授いたします♡

観光地を巡ろう!

イギリスには、イギリスを象徴する素敵な建物がたくさん♡ビッグベンはみなさんもご存知なのではないでしょうか?

そこで、絶対に見逃せない観光地をまとめてみました!

ビッグベンと国会議事堂

ロンドンの観光地の定番中の定番、ビッグベンと国会議事堂。

ビッグベンしか知らないということも多いのですが、ビッグベンの横に立つ大きな建物は、イギリスの国会議事堂なのです。

そしてビッグベンの目の前にあるのが、ウェストミンスター橋♡観光客のみなさんは、こちらの橋からビッグベンと国会議事堂をバックに写真を撮ります!

ちなみに、「ビッグベン」の愛称で親しまれる大きな時計台ですが、正式名称は「エリザベス塔」。ついこの間も、修理が始まったとのニュースが報じられましたが、修理が終わるのはなんと東京オリンピック後の2021年。

完成したものがあと数年見られないのは残念ですが、他にも見所はたくさんあります♡

ブルーのアクセントが可愛いタワーブリッジ♡

全長244m、高さ65mあるタワーブリッジは、想像しているよりも非常に大きく、実際に見てみるとその迫力に感動してしまいます♡

橋の上には、展望台もありロンドンの街並みまで見渡すことだってできるんです!

しかし、この橋の魅力はなんといっても「跳開橋」だということ。大きな船が通るときには、開橋の瞬間も見れちゃうかも?!

シャードやロンドン・アイからロンドンの絶景を!

ロンドンには「ロンドン・アイ」と呼ばれる観覧車が、ウェストミンスター橋を渡ったすぐ反対側に位置しており、目の前に佇むビッグベンはもちろん、ロンドンの街並みを堪能することができます♡

しかし、さらにすごいのが2012年に完成された「ザ・シャード」。超高層ビルで、中にはオフィスやレストランだけでなく、マンションやホテルとして利用されている階もあり、その高さ310m。イギリスだけでなく、EUで最も高いビルだそうです。

なんと、日本の関西国際空港を設計した建築家と同じ方が建築したそうですよ♡

バッキンガム宮殿もお忘れなく♡

ロンドンと聞いて一番に思い浮かぶものが、ロンドンの王室という方も少なくないのでは?最近では、キャサリン妃に3番目に赤ちゃんができたことで、ニュースでも明るい話題が絶えませんよね♡

しかし、最も有名なのはやはり、エリザベス女王。91歳ながらも、今現在も元気に公務をこなしております!そんなエリザベス女王を含むイギリス王室公式の宮殿が、バッキンガム宮殿であり、女王が中に在宅の際は宮殿の王室旗があがるのだとか。

姿こそ見えないものの、あの女王がすぐ近くにいると思えば、ワクワクしてしまいますよね♡ちなみに1日に数回見れる衛兵交代式も、イギリスでしか見れないパフォーマンスです!

ロンドンは、歩いているだけで楽しめる♡

イギリス・ロンドンの魅力は、歩いているだけで楽しめる観光地がたくさんあるということ!

そもそも、一時期は世界の多くの国々を植民地として支配していたほど、偉大な国イギリス。現在でも、ユナイテッドキングダムという一つの国の中に、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国が存在していて、文化的にとっても色濃い国でもあるのです。

そのため、街の中を歩いているだけでも、イギリスの文化を存分に感じることができます。

様々なマーケットを巡ろう♡

ロンドンには、有名なマーケットがいくつも存在し、どれも見ているだけでも楽しいのですが、安くお土産を買うことができたり、食べ歩きをすることもできます♡

映画「ノッティングヒルの恋人」のロケ地にもなったノッティングヒルでは、イギリス風の住宅街を見ることもできますし、骨董品やパエリアなどのごはんも売っているので、イギリスを感じながらお腹を満たすのにピッタリです!

また、古着好きの方にオススメしたいのが、ブリックレーンマーケットとオールドスピタルフィールズマーケット♡イギリスのひと昔前の古着はもちろん、まだ駆け出しの若いアーティストなどが、自らの作品やハンドメイドアクセサリーを販売しており、とっても活気であふれた街!

そして最も有名なのが、バラマーケット。バラマーケットでは、主に食品が多く販売されており、有名なカフェやスイーツ屋さんが集まる場所でもあります♡中でも「モンマスコーヒー」が非常に有名で、常に行列ができていますが、自慢のコーヒーの味を一度試して見るのもオススメです。

ロンドンの原宿?!

ロンドン中心地の北部に位置するカムデン・タウンは、日本の原宿を思わせるほど人でごった返していて、イギリスのパンクロック文化が感じられる街。

パンクロックとは言っても、パンクロック好きではない方にも楽しんでもらえる様なお店がいっぱい!安い洋服もありますし、カムデンロックマーケットというマーケットもあるので、ハンドメイドアクセサリーや、世界各国の料理を販売する屋台などもあります♡

そしてパンクロック文化で賑わう街には、大きな川が流れていたり、近所の人たちが散歩に来るような大きな公園も隣接されているため、カムデンで購入した屋台フードを公園で広げて、ピクニックもできちゃいますよ!

ちなみに筆者のオススメは、「Hook Camden(フックカムデン)」というフィッシュアンドチップスのお店♡普通のフィッシュアンドチップスはもちろん、ここでは変わり種のフィッシュアンドチップスもいただけます♪

無料でアートを楽しんで♡

普段の日常生活でもアートと関わる機会の多いイギリス人。

そんなイギリスの美術館は、教育のひとつとして考えられているため、国の方針で全ての美術館は無料で公開されています!

あの有名な大英博物館でミイラやロゼッタストーンを!

日本でも、名前は聞いたことがあるという方も多い「大英博物館」。

中には古代エジプトのミイラや、あの世界的に有名な石「ロゼッタストーン」が展示されていて、全ての人が無償で見学することができちゃいます♡

館内は非常に広いため全てを見て回ろうと思ったら1日かかってしまうので、事前に自分の気になる展示の場所をチェックして行くのがオススメ。

「TATE MODERN(テート・モダン)」で近代アートを♡

ロンドンには大英博物館だけでなく多くの美術館や博物館があり、イギリス国民は自分のお気に入りの美術館があったりするそうです。

その中でも、筆者のお気に入りは「TATE MODERN(テート・モダン)」。あまり古代アートが好きではない方にピッタリな、コンテンポラリーアートが揃っている美術館であり、ポップでカラフルなアートから、考えさせられてしまうようなアートまで揃っています♡

もちろんこちらも入場無料。近くには、セント・ポール大聖堂もあるので、セットで見にいって見ては?

お金を使わずに楽しめます♡

ロンドンには、マーケットや無料で楽しめる観光地や美術館がたくさん存在します♡たとえ旅費でお金がかかってしまっても、これならお金の心配なく現地での旅を楽しめますよね!

卒業旅行にどこか遠いところへ出かけたいというあなた、ロンドンを選択肢のひとつにいれてみては?

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ