Sarasa Uemuraが手がけるジュエリーブランド♡《SRS》って何?

《SRS》とは、「Sarasa Uemura」さんが手がけるジュエリーブランド!すべてのアイテムのデザインから制作までを、ご自身で作り上げているそうです。洗礼された素晴らしいジュエリーを、ぜひあなたにも知っていただきたいです♪

《SRS》って知ってる?

2012年に多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業した後、独学で彫刻を学び始め、2015年《SRS》を立ち上げたデザイナー「梅村サラサ」さん。

すべてのアイテムのデザインから制作までを、ご自身で手がけているそうです♡

今回は梅村サラサさんがこれまで制作してきた、ジュエリーたちをご覧いただきたいと思います♪

「触れるものすべて、わたし」

「外すの忘れちゃうくらい、指に馴染む」をコンセプトに作られたこちらの指輪、素敵ですよね♪

気分が塞ぎ込みがちな時には、「手元だけでもおしゃれしよう!」と指輪を重ねづけしてみたり、綺麗なものをみて、頑張る気持ちも上がりそう♡

「鏡のようなピアス」

たくさん磨かれてピカピカな、こちらの素敵なピアス♪

「銀の可視光線の反射率は金属の中で最も高く、もしもこの世界で遭難したとしても、鏡のようなピアスをつけていれば、必ず誰かが見つけ出してくれるはず」だと思ったり思わなかったり……。

「梅村サラサ」さんのロマンチストな部分が、見え隠れするような文章ですね♡

「リングを育てる」

『link ring』は初め、白っぽいキラキラとしたシルバー。ですが、使い込むうちにチェーン部分のフォルムがくっきりと浮かびあがってくるんです♡

もちろん、ジュエリークリーナーを使えば綺麗になる、育て甲斐があるリング◎

「水滴みたいな石」

肌に自然と馴染み、ふんわりと柔らかそうな手に見せてくれるという『Condenesd light ring』。

水滴のような石が、つるんっとしていて、とっても可愛いですよね♡

「ピュアで素直なリング」

いつもの石を留める前に、ブリリアントカットの水晶を試しにのせてみたというこちら♪シンプルでピュアで、これだけでも既に素敵ですよね!

そもそもブリリアンカットとは、上部から進入した光が全て内部で全反射して、ダイヤモンドの輝きをきわだたせるように設計されているもの。

つまりダイアモンドの中で、最も理想的な輝きを放つカットの仕方なのです♡

「この美しさをあなたも♡」

梅村サラサさんはご自身の美しい容姿を生かし、フリーランスでモデルをやられていたりもしていて、とても多彩な方♡

インスタグラムで投稿される写真や、一緒に書かれているコメントも素敵なので、もっと彼女の魅力にハマること間違いなしです!

ぜひ、チェックしてみてください♪