そろそろ前髪を切りたい…!美容院とセルフカットを比較してみた

そろそろ前髪を切りたいとおもっているあなたへ、美容院とセルフカットのメリット、デメリットをまとめてみました。どんな前髪に切りたいか、イメージを具体的に膨らませてみましょう。美容院で切りたいか、自分で切りたいか、どんな風に切りたいか、きっと理想がみつかるはず!

そろそろ前髪を切りたい…!美容院とセルフカットを比較してみた

前髪が伸びてきたからそろそろ切りたい…
そんなとき、あなたならどうしますか?
美容室に行く?それとも自分でセルフカットする?

美容院で前髪を切りたい!

髪を切りたいなら美容室に行くのが当然!と考えているあなたへ。
もう一度、そのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

美容院で切るメリット、デメリット

美容院で切りたいという人のメリットは、何と言ってもプロに施術してもらえる点にあります。さらに、自分の中で明確なイメージが決まっていない場合、アドバイスをしてもらうこともできます。誰かと相談しながらイメージを固めてから切りたい人には、美容院で切るのがおすすめです。

一方で、デメリットはコスパが悪いこと。たった少し前髪を切るだけでも高い料金を取られてしまいます。節約したい人やコスパを気にしている人には、セルフカットがおすすめです。

「前髪を切りたい!」をどう伝える?

美容室に行って髪を切る場合、ただ漠然と「前髪を切りたい」と言っても、自分の抱くイメージが美容師さんに伝わるとは限りません。

具体的に、どれくらい切りたいのか、どこまで切りたいのかを伝えることを意識しましょう。雑誌の写真や芸能人の画像などを使ってイメージを伝えると効果的。ただしここで注意したいのは、自分と顔の作り、輪郭が似ている人の写真を使うこと。

そうでないと、切った後に「なんだかイメージしてたのと違う…」と頭を抱える事態に陥ってしまう可能性があります。要注意!

自分で前髪を切りたい!

前髪を切りたいからそのためだけに美容院に行くのは面倒!お金も節約したいし、前髪は自分で切りたい!という人も多いのではないでしょうか。

美容院に行くのと同様に、セルフカットにはメリットとデメリットがあることを自覚しておきましょう。

セルフカットのメリット、デメリット

セルフカットのメリットは、まず、お金があまりかからないコスパの良さです。髪を切る専用のはさみは100均でも売っています。節約したい人にはセルフカットはかなり魅力ある選択と言えるでしょう。
そのうえ、自分の中に切りたい前髪のイメージがしっかり固まっている場合、それを他人に伝える必要がないので直接理想とする前髪に自分の手で近づけていくことができます。

一方デメリットは、失敗する可能性が否めないことです。
プロではないので、失敗のリスクは美容院に行くのと比べると高いと言わざるを得ません。冒険したくない人、絶対に失敗したくない人は美容院に行く方が無難でしょう。

どんな前髪にしよう…迷う心理

似合う前髪にしたいのは誰しもが思うこと。さらに似合わない前髪にだけはしたくない…という思いも皆同じです。
前髪はその人の顔の第一印象を決める、と言っても過言ではありません。失敗できないからこそ、十分に熟慮して前髪をどうするか決めましょう。

特に、今まで前髪を伸ばして横に流していたあなた。前髪を作ることは大きなイメチェンになります。何としても成功させたいですよね。

しっかりと、自分の中に前髪のイメージを作っておきましょう。

目の上くらい!

前髪を目の位置ぎりぎりにすると、おでこを隠せてかつ目を大きく見せる効果が狙えます。
前髪を短く切りたい人には物足りないかもしれませんが、おでこを隠したい面長さんや目を印象的に見せたい人にはおすすめできる長さの前髪です。

目の上にかかる前髪を軽く斜めに流すと自然で良いでしょう。

眉より少し上!

明るく快活で朗らかなイメージで切りたいなら、眉より少し上に切りたいところです。顔全体がすっきりと爽やかな印象になります。

また、前髪が伸びてくるまでに時間があるので、次に切りたいと思うまでだいぶ時間があります。普段髪を切る時間がない忙しい人にもおすすめできるスタイルです。

理想の前髪へ

どんな前髪にしようか…切りたい前髪は見つかりましたか?
美容院で切ってもらいたいか自分で切りたいか…そのメリット、デメリットをしっかり考えてから、いざ行動に移しましょう!