髪色とお肌の深〜い繋がり!《肌トーン別おすすめヘアカラー》特集♡

カラーリングをするとき、"似合う髪色"や"似合わない髪色"について、考えてみたことはありませんか?その基準の秘密、実は「肌の色」にあるのです!今回は、肌の色味やトーンに合わせて、それぞれ相性のいいおすすめヘアカラーをご紹介します♡これであなたも髪色失敗知らず♪

あなたにぴったりのヘアカラー、肌トーンから探してみよう♡

髪を染めるとき、自分に"似合う色"や"似合わない色"について、考えてみたことはありますか?「憧れの色に染めてみたけど、全然似合わなくてがっかり……」なんてことも少なくないですよね。

そんな"似合う"髪色の基準、実は「肌の色」にありました!自分の肌トーンと相性のいいヘアカラーを選べば、失敗知らず♪しっかり馴染んで、垢抜けることができるんですよ。

今回は、そんな《肌トーン別おすすめヘアカラー》についてご紹介します♡

色白さんにははっきりダークトーンが映える!

色白さんにぴったりなのは、くっきりダークトーンのヘアカラー!色白さん持ち前の透明感をアップさせ、綺麗にお肌を際立たせることができます。

黒髪やダークブラウンに加え、「ブルーブラック」「ダークネイビー」などのブルー系や「ワインレッド」などのレッド系もおすすめですよ♡

また、明るいブラウンなどもイチオシ。元の肌トーンを活かしながら、お顔全体を華やかなイメージに仕上げることができますよ。

色白さん向けカラーは白肌を強調させ、洗練された雰囲気になるんです♪

黄色っぽいアジア肌さんにはブラウン系がおすすめ♪

黄色みが強く、アジア人らしい肌カラーの人には「レッドブラウン」「オレンジブラウン」などのレッド系ブラウンが馴染みやすいですよ。

また、肌に透明感を持たせ黄味を緩和させる「カーキブラウン」や「アッシュブラウン」もおすすめです♪

明るすぎる茶髪やイエローカラーの強い系統は、肌の黄色さを強調させてしまうんだとか。ハイトーンなブラウンなどは避けた方が良さそうです。

日本人らしい肌色に合う髪色を選べば、ぐっとこなれ感が増しますよ♪

赤み肌さんはひんやりヘアカラーで中和しよう!

肌トーンがもともとピンク系だったり、赤みの強い人は「カーキアッシュ」「グレーアッシュ」などの冷たさを感じる髪色にシフトするとGOOD!色味も、ブルーやグリーンなどのものをチョイスすると良さそうですね。

ひんやりカラーが顔の赤み要素を中和して、バランスのいいスタイルになります♡

逆にレッド系のヘアカラーに染めてしまうと、顔の赤みが強くみえてしまうので気をつけて。

肌トーンとヘアカラーの調和が大切なんです♪

地黒さんは明るめカラーで個性を活かして♪

お肌のトーンが暗めな地黒さんには、自分の肌の色より少し明るいブラウン系カラーが相性抜群!「チョコレートブラウン」や「レッドブラウン」なら、元の肌色を活かしながらこなれた雰囲気を演出できます♡

ハイライト、ローライトなどをうまく使えば、よりおしゃれで華やかな印象になります♪

「黒髪」などはセクシーさをアピールすることができますが、小麦肌が強調されすぎて肌がより暗く見えてしまうことも。リスクを考えて、場合によっては避けた方がいいかもしれません。

馴染みのよいブラウンで、健康的なイメージをGETしましょう♡

《肌トーン別おすすめヘアカラー》でもっと垢抜ける♡

髪色の「しっくりこない」を解決するためには、自分の肌色との相性を吟味することが大事!《肌トーン別おすすめヘアカラー》を参考にすれば、きっとあなたの肌色にしっかり馴染み、垢抜けることができますよ♪

次のカラーリングの際には、《肌トーン別おすすめヘアカラー》を確認しながら、あなただけのとっておきカラーを実践してみてくださいね♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ