目的によって使い分けよう!シーン別《香水》の上手な使い方♡

自分の好きな香りに包まれていると幸せな気分になりますよね?そのために香水をつけている方も多いと思いますが、香水を買うときに目にする「パルファン」、「オードトワレ」、「オーデコロン」などの名前の違いを気にしたことはありますか?実はそれぞれ違いがあるのです!

好きな香りに包まれているって幸せ♡

みなさんはどんな香りが好きですか?

フローラル系やバニラ系などの甘い香り、エキゾチック系…たくさんの種類がある中で自分の好きな香り包まれていると幸せになりますよね。

香水を買うときに種類を気にしたことある?

みなさんは香水を買う時、香りだけを重視ししている方がほとんどではないでしょうか?しかしもう1つ注目してもらいたいのが、商品の裏や下に記載されている香水の種類です!

「種類って何?」と思われた方も多いと思いますが、それは「パルファン」や「オーデコロン」などのこと。みなさんも聞いたことや目にしたことが1度はありますよね。

種類によって持続時間が違う!

実は香水にはいろいろな種類があり、香りの持続時間や香料の濃度が違うのです!

なので今回は、意外と知られていない香水の違いをご紹介♡
これから買う時の参考にしてみてはいかがでしょうか?

香水の種類は4つもある!

パルファン

パルファンまたはパルファムは、香りの持続時間が5〜12時間と香水の中でも1番長いです。また香料の濃度も15〜30%と高いため、少しの量で香らせることができます。

香水をつけ直すことができない日や、人がたくさんいる場所などで自分を主張したい時に向いているかもしれませんね。

オードパルファン

オードパルファンは先ほどのパルファンと同じ5〜12時間香りが持続しますが、香料濃度が10〜15%とパルファンより低くなっています。

そのため価格が比較的安く、香りもパルファンよりきつくないので、気軽につけることができます!

オードトワレ

オードトワレは先ほどの2つより持続時間が2〜5時間、香料濃度が5〜10%と低くなります。

香りが強すぎない分、つけていける場所が大幅に広がるため、日常的に使用することができます。「香りが弱くなってきたかな?」と思ったらつけ直して下さいね。

オーデコロン

オーデコロンは香りの持続時間が1〜2時間、香料濃度が1〜5%と低いものです。

そのため「つける」というより「ふりかける」イメージで使うのがいいと思います!気分転換したい時に使うのもいいですね♪

これからは香水を使い分けよう!

こんなに香水の種類があることを知っていましたか?

お気に入りの香りに包まれたら、毎日がハッピーになりますよね。
これからは目的やお出かけをする場所によって、香水を使い分けてみてはいかがでしょうか?