オフだって油断禁物!色っぽさ重視♡《大人っぽく着こなすデニム術》

デニムってどんなものにも合わせやすくて着やすいアイテムだからこそ、気を抜くとカジュアルになりすぎたりボーイッシュになってしまいがち。でも色使いやシルエットのバランスなど、ちょっとのコツで色気感じるコーデにできるのです。デニムを女らしく着こなすコツを紹介します。

デニムだって、女らしく着こなそう

着やすくて、どんなアイテムにも合わせやすいデニム。ついついカジュアルになり過ぎたりボーイッシュなコーデになりがち。

そんなデニムを女らしく着こなすには、ちょっとのコツがあれば充分!

緊張感がある=色っぽい!

大胆肩みせで、女らしさを出す

オフショルトップスや背中が開いたデザインのもので、グッと肌みせで色っぽ♡

スキニーデニムで脚のラインを出す

スキニーで足のラインを出せば、肌みせしなくてもセクシーに。

きゃしゃなヒールをがんばって履く

ご存知の通りヒールは足をキレイにみせてくれます。きゃしゃなヒールを履いているその緊張感が、オンナらしさを高めてくれます。

背筋がしゃんと伸びるぴたぴたのリブニット

鎖骨がグッと見えるようなクルーネックや、Vネックのものをチョイスして。思わず背筋が伸びる、ぴたっと感も大切。

白トップス×デニムの鉄板スタイルはコレ!

コンパクト白T×フレアーデニム

コンパクトのTシャツと合わせるなら、デニムはちょとゆるめのものや今年トレンドのフレアデニムをチョイス!
トップスとボトムスのシルエットの差をつけるのがポイント。

ビッグ白T×スキニーデニム

ちょっと大きめのビッグTシャツは男性ウケも◎
デニムは足のラインを出してくれるスキニーと合わせて真逆のシルエットを演出。

何事もギャップが大切♪

白リブトップス×サロペット

女性らしさ感じるリブトップスに、やんちゃん感あふれるサロペットのコーデ。
思わずドキッとするようなギャップコーデの完成。

Gジャンは大きいか小さいの2択!

ダボっとしたサイズ感で、華奢見せ

だぼっと着れる大きめのデニムジャケットなら、体がひとまわり小さく見えてかわいさアップ!体型カバーにも◎
腕をしっかり通さずに、肩にかけるだけでこなれた着こなしに。

ボリュームスカートには、ピタッとサイズ

ジャストサイズのデニムジャケットには、ボリュームのあるスカートを合わせて!フィット&フレアが完成、女性らしいシルエットに。

カジュアルもの同士は、サイズ感で女らしさを!

ゆるっとトップス×ボックススカート

ミモレ丈のデニムスカートは大人のオンナらしいイメージに。トップスは、ちょいゆるシルエットのものを選ぶのがベスト!

ゆるっとトップス×太ベルト

デニム、トップスどちらもゆるめのシルエットのものを合わせるなら、ウエストに太ベルトをプラスして!ウエストラインみせで色っぽ効果が♡

トーンをそろえれば、色っぽおしゃれ!

ブラックアウター×ブラックデニム

暗めのデニムの色に合わせたブラックのライダースで同トーンコーデに。クールになり過ぎないように、ヒールを合わせるのもポイント!

ホワイトトップス×ホワイトデニム

ホワイトデニムとやさしいベージュトップスで、ふんわり清潔感のあるコーデに。同系色ならバランスも取りやすく、オシャレな雰囲気が演出できます。

最終兵器は、「ひとさじの赤」!

デニム×赤ヒール

デニムと最高に相性のいい赤。どんなにシンプルなコーデでも、足元に赤のヒールを取り入れればそれだけでレディなスタイルが完成すること間違いなし!

デニム×赤バッグ

ワンポイントで赤を入れるなら、かっちりめのバッグも最適!コーデをレディに華やかに仕上げてくれます。

色っぽデニムを着こなして♡

色気感じるデニムのコーディネートに仕上げるコツは、女性らしいシルエットとギャップ、そして最終兵器の赤があれば大丈夫!

カジュアルに着るデニムもいいけれど、色っぽデニムのコーディネートも楽しんで下さいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ