眠りのストレスから解放!明日もキラキラ美しく♡《20代大人女子・快眠プロジェクト》

なかなか寝付けず、日中もついウトウト‥‥なんて経験ありませんか?睡眠は健康を保つうえでとても大切です。良質な睡眠を手に入れて、元気でキラキラした毎日を迎えましょう♪上手な睡眠方法や、おすすめの快眠グッズもご紹介します!あなたも睡眠のストレスとさよならしませんか?

働く20代女子は睡眠ストレスだらけ?!

なかなか寝付けなかったり、やっと寝付けたと思ったらすぐに目が覚めてしまったり‥‥こんな経験ありませんか?
今、睡眠時のストレスに悩む女子が急増しているんです。

日本は世界きっての"眠らない国"といわれており、女性に限っていえば睡眠時間はなんとワースト1位の7時間36分なのです。
明日を活き活きとすごすためにも、睡眠はとても大切です。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠には2種類あり、浅い眠りで身体を休息させる"レム睡眠"と、深い眠りで主に脳を休息させる"ノンレム睡眠"があります。

質の良い眠りは、ノンレム睡眠がしっかりと現れたあと、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に現れる眠りと言われています。

【怖すぎる】"ダメ睡眠"がもたらす弊害‥‥。

風邪、生活習慣病をもたらす

睡眠には、疲れた心身を回復する役割があります。
特に最初のノンレム睡眠時に分泌される成長ホルモンは、傷んだ細胞を修復したり、再生したりする大切なものです。

良い睡眠が得られていないと、成長ホルモンが足りずに免疫力が弱まってしまい、風邪やインフルエンザ等にかかりやすくなってしまいます。
睡眠時間の過不足は寿命も縮めてしまうというデータも。

シミやシワ、白髪が増える

睡眠不足で成長ホルモンが足りないと、皮膚や髪の毛の修復や再生機能も低下していきます。
その結果、肌も荒れやすく、シミやシワができやすくなってしまうのです。

髪は薄毛になり、白髪も増えてしまいます。

太りやすくなる

睡眠不足は肥満も促すと言われています。
睡眠が足りないと、食欲を抑える「レプチン」というホルモンは減り、食欲を促す「グレリン」というホルモンが増えてしまいます。

また、夜中まで起きていることで、つい食べ物に手が伸びてしまうことも‥‥。
夜遅く食べたものは脂肪として蓄積されやすいことも分かっています。

心が病んでいく

睡眠不足は身体だけではなく、精神面にも悪影響を及ぼします。
人は眠ることで、記憶や感情を整理すると言われていますが、睡眠時間が少なければその分心のメンテナンスが滞ってしまいます。

イライラしやすくなったり、神経症やうつになりやすくなってしまいます。

【眠り上手になろう!】"快眠女子"になるためには♪

睡眠、覚醒リズムを把握する

睡眠、覚醒リズムとは、脳にたまる睡眠物質がつくるリズムのこと。
脳は、睡眠物質が脳に充満すると、眠気を出して脳自体を眠らせて、睡眠物質を分解します。

眠気が出る時間帯は1日に2回あり、起床から8時間後と22時間後です。
起床が6時の人なら、まず眠くるなるのが8時間後の午後2時。
でも、ここでウトウトすると夜の眠りに差し支え、睡眠、覚醒リズムは乱れがちになります。

メラトニンリズムを整える

「メラトニン」とは脳の中にある睡眠を促すホルモンのこと。
朝、太陽の光を脳が完治すると、メラトニンの分泌量がグッと減ってすっきりと目覚めることができます。

朝起きたらカーテンを開けて光を浴びるだけで、メラトニンリズムが整えられます。

深部体温リズムを把握する

深部体温とは、内蔵の温度のこと。
1日のうちで変動して、高い温度から急激に下がる時に睡眠は深くなります。

深部体温が高くなり元気が出る夕方に体を動かし、急激に下がるタイミングで寝床に入ればその日の睡眠は充実します。

寝酒は浅い眠りのもと

アルコールは、血行をよくして深部体温をあげるので寝つきはよくなるが、深い眠りを妨げる作用があるため、質の良い睡眠になりにくいです。

また、アルコールには利尿作用があるため、夜中に何度もトイレに行きたくなってしまうこともあります。

【まずは環境から!】ベストな睡眠環境を整える

マットレスは硬すぎないものを

硬すぎるマットレスは、うっ血や痛みを防ごうと自然と寝返りが増え、眠りが浅くなります。
そのため、硬すぎるマットレスはオススメできません。

また、横になっている時、身体の重さの約4割がお尻にかかっていると言われています。
やわらかすぎるマットレスだと、お尻の部分が沈み込んでしまい腰を痛める原因になってしうため、やわらかすぎるマットレスもよくありません。

適度な硬さのマットレスを見つけましょう♪

電気毛布よりゆたんぽが◎

眠りにつくまで使用するのはむしろ良いことですが、一晩中つけて眠るのは良くないです。
身体の体温が下がるべき睡眠中にも、無理やり体を温めてしまいます。

その結果、眠りの力を弱めてしまうことも。

軽くて暖かい羽毛ぶとんに

空気をふわりと含み温かさがありながらも布団自体は軽いので負担がかかりません。
値段は多少張りますが、快眠の手助けをしてくれるでしょう。

枕はやわらかめ&低め

枕は少しやわらかめ&低めを買い、その日の気分によりバスタオルなどをまいて調整する方法がオススメ。
女性は頭を乗せたときに、3~4センチになる枕が理想と言われています。

【ぐっすりを叶える】オススメ快眠グッズ♪

王様の抱き枕

ついに我が家にも 王様の抱き枕くんpic.twitter.com/iK33S6aLwY

Fri, 08 Apr 2016 22:45:07 GMT

¥8,800(税込)

ムニュっ!ふわ~!の吸い付くような感触と、独自のタツノオトシゴ型のフォルムで、今まで感じたことのないフィット感と抱きつき感を味わえます。

柔軟さと弾力性があり、手や脚に負担がかかりにくく、お子様から妊婦さんまで使える体圧分散効果のある抱き枕。

蒸気でホットアイマスク

14枚入り ¥810(税込)

働き続けた目を心地よい蒸気で温めるアイマスク。
約40℃の心地よい蒸気が10分程度続き、大切な目と目元をやさしく包み込みます♪

アロマディフューザー

¥2,299(税込)

優しい光と好きな香りでリラックス効果抜群!
加湿ができるのも嬉しい♪

上手な睡眠法で、もう眠りに悩まない♡

睡眠は人間にとってとても大切なものです。
ぐっすりと睡眠がとれるようになるポイントを押さえて、あなたも快眠女子になりませんか?

しっかりと質の良い睡眠をとって、仕事も遊びもめいっぱい楽しんじゃおう♡