自分に合ったチークを使ってる?失敗しないチークの選び方!

意外と選ぶのが難しいチーク。自分に合った色を使っていますか?たくさん色がある中で選ぶのは大変!選び方のコツはないの?!そう思う方もいらっしゃるはず。この記事では失敗しないチークの選び方をご紹介します!自分に似合うチークを選んでメイクを楽しみましょう☆

自分に合うチークの選び方って?

チークの種類ってたくさんありますよね。ポーチを開けるとチークは1つや2つなんてことも!

最近はテレビでも必ずと言っていいほどチークが主流に使われています。
ナチュラルメイクにもチークは必須!チークの入れ方1つで雰囲気も変わってきますよね☆
イメージに合わせて何色もチークを持っているって方もいると思います!

ですが、普段使いのチークなら自分の肌の色と合わせてチークの色を選ぶのが正解☆

ファンデーションと同じようにチークの色を選びましょう☆
間違っていないチークを選んでいれば違和感もなく一気にあか抜けて洗礼された印象にもなりますよ♡
次からは肌の色別で似合うチークの選び方をご紹介していきます!

肌色別!自分に合うチーク色の選び方!!

まず、肌の色から分けていきましょう。
肌の色は大きく分けて2つの種類があります。自分の肌の色のベース色を確認してみましょう♡

●イエローベース・・・黄色みが入った温かみのある肌色
●ブルーベース・・・青色みを涼しげで爽やかな肌色

大きく分けてこの2つが肌の色のベース色になります。次はそれぞれのベースに合う色の選び方をご紹介します!

イエローベースに合うチークの色は?

イエローベースの特徴は
・どちらかというと色黒で肌が黄み寄り
・唇の色がサーモンやピーチ色寄り
・日焼けをすると小麦色になりやすい
・真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う
・シルバーよりゴールドの方が肌のなじみが良い

イエローベースの肌には馴染みやすい黄み寄りカラーがおすすめ!
温かみのある暖色系が似合います☆

ブルーベースに合うチークの色は?

ブルーベースの特徴は
・どちらかというと色白で肌が青み寄り
・唇の色が桜色やローズ色寄り
・日焼けをすると肌が赤くなりやすい
・クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う
・ゴールドよりシルバーの方が肌なじみが良い

ブルーベースの肌には透明感のでる青み寄りのカラーがおすすめ!
寒色系の色が似合います。

色黒の方に合うチークの選び方

地肌が色黒の方に合うチークの選び方はブラウン系を選ぶのが良いでしょう。
お肌にも馴染むのでクールな印象に仕上がります☆
セクシーな印象に仕上げる場合はコーラルカラーをいれてみるのもおすすめです!

上記の写真はブラウンのチークで仕上げています。
クールな印象にきまりますね☆

セクシーにきめるならコーラルオレンジ☆
ブラウン系のチークと一緒に混ぜて使ってみましょう!

色白の方に合うチークの選び方

地肌が色白の方に合うチークの選び方はオレンジが入ったピンク系の色を選ぶといいでしょう。
ピンクの色だけだと少し浮いて見えてしまうのでオレンジ色を加えるとGood!
オレンジ自体がお肌に馴染みやすい色なので使いやすいと思います。

上記の写真はオレンジピンクのチークの色です。
ふんわりとして可愛らしい印象に仕上がりますね☆

オレンジピンク系のチークです。
このように自分で混ぜて好きな色味を作るのも楽しいですね♡

自分に合ったチークの種類を見つけよう☆

最近ではチークの種類も増えてきましたよね。
どんな選び方をすればいいのかわからなくなると思います。ここではチークの種類をご紹介します!

パウダータイプ(固形)

粉、または粉をプレストしたチークです。指、またはブラシで仕上げていくタイプ。
パウダーの特徴はふんわりとした仕上がりになります!
初心者の方におススメです♡

パウダーチークのおすすめは何といっても「シャネル」!
お値段は多少張りますが使い勝手がよくリピーターも多いです☆
4g 5,500円

パウダーチークの付け方のコツは
・チーク用のブラシを使用すること
専用のブラシを使用するだけで色も綺麗に発色しムラがなく仕上がります。
・パウダーチークを付ける際には余分な粉を落とすこと
チークブラシはしっかりとチークを含ませてから使用しないと乗せた際にムラになったり、付けすぎてしまったりします。なので手の甲などに余分な粉を落としてからブラシに含ませましょう!

クリームチーク(練り状)

練り状になったチークです。指で馴染ませながらポンポンとつけていくタイプです。
薄くつけたり濃いめにつけたりと自由自在にできるのですが、慣れていくのに少し時間がかかるタイプです。
しっかりと発色させたいときにもおすすめですよ☆

練りチークのおすすめは「CANMAKE」!
お値段もリーズナブルなので何色も集めやすいですね♡ 1つ 580円

クリームチークの付け方のコツは
・きちんと肌になじませること
スポンジや指先を使って馴染ませていきましょう。馴染ませ方が甘いとムラになりやすいのでよく鏡を見ながらやりましょう。
・付ける範囲を意識すること
適当に広げてしまうと頬全体が赤くなってしまいおてもやんになってしまう事も・・・。
最初はやや小さめの範囲からつけるのがオススメです☆

リキッドチーク(液体状)

リキッドチークは液体状のチークです。こちらも指で馴染ませながらつけるタイプです。
こちらのタイプはナチュラルに華やかさを出せるアイテムですよ☆

リキッドチークのおすすめはアディクション♡
ツヤ肌、もち肌にさせてくれて発色も綺麗!お値段は少しお高めですがリキッドチークに挑戦するのもおすすめですよ☆ 1つ 2,800円。

リキッドチークの付け方のコツはクリームチークの付け方と同じです!
・肌にきちんと馴染ませること
・チークを入れる範囲を意識すること
これが大事になっていきます♡

以上がチークの種類の使い方等のご紹介をさせていただきました!
次に年齢別でどんなチークを選べばいいのか・・・チークの選び方をご紹介します!

20代・30代のチークの選び方

チークは年代によっても付け方や見せ方が違ってきます。
20代、30代にはどんなチークを選べばいいのでしょうか?!

20代の方は可愛らしくピュアな印象を与えるレッドやピンク系のお色がオススメです☆

こちらはMARC JACOBS(マークジェイコブス)のピンクチーク☆
20代、可愛らしく攻めていきましょう♡

30代の方は可愛らしさと上品さを演出できる肌色に近いピーチやローズ系の色がオススメですよ!

こちらはNARS(ナーズ)のローズチーク♡
薄く入れると上品さが。入れる濃さを決めるだけでどんなシーンでも対応出来ちゃいます!

40代のチークの選び方

40代になるとお肌の悩みも尽きないですよね。フェイスラインの悩みにも対応してくれるチーク!
どんな選び方が良いのでしょうか?

40代の方は肌に自然な血色感を与えるピンクやオレンジ系の色がおすすめです☆
お肌に馴染む色味がベストですね!

ご紹介するのはちふれのパウダータイプのコーラルオレンジ!
パウダータイプなので簡単に入れられます。発色もいいので自然な血色感に仕上げることができます!

チークはメイクとのバランスが大事

以上が年代別でのチークの選び方でした。
チークは「メイク全体のバランス」+「なりたいイメージ」で決めるのが大事です。

可愛らしいイメージにしたい時、甘い仕上がりにしたい時にはチークを主役にしたメイクの仕方を。
大人っぽく、ナチュラルに仕上げたい時にはチークを主役にしないで抑えめにするのがオススメです♡

基本的なチークの入れ方の紹介ムービーです。チークを選んだはいいが基本的なチークの入れ方がわからない方におすすめです!とてもわかりやすいのでよろしければご参考程度に見てみてください☆

チークの選び方のコツわかりましたでしょうか?!

いかがでしたでしょうか?!チークの選び方のコツはわかっていただけたでしょうか?
自分のベースの肌色とその肌には何系が合うのかを押さえていれば失敗しないです☆

チークは顔全体の印象にかかわる重要な化粧品の1つです!
適当に選ばずに自分に合った選び方さえすればいつもと違うメイクの仕上がり、綺麗になった自分になれます♡
ファッションに合わせたチークでも印象が変わりますよね!
自分に合うチークカラーを選んで毎日を楽しく過ごしましょう☆

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ