誕生日プレゼントやギフトを包む時便利!可愛いリボンの作り方

1年の中にはバレンタインやクリスマス、誕生日などのプレゼントを渡す機会というのが知り合いが多くなればなるほど多くなります。そんな時に作業も楽しくなるようなリボンの作り方を今回ご紹介します。それだけでなく、日常生活のアクセントにもなるリボンの作り方も紹介します。

数多くのリボンに包まれたい!

プレゼントを贈る際には紙で包んだだけだと、なんだか質素に感じることがありますよね。

そんな時には渡す相手が女性であれば可愛らしいリボン、男性であっても格好いいリボンなどを上にチョンっと付けて、プレゼントを渡してあげたいものです。

いろいろなリボンの作り方をご存知ですか?

しかしリボンの作り方って蝶々結びくらいしか知らないからどうしよう、と思っていらっしゃるそこのあなた。
ご安心ください。

今回、数種類の素材やリボンを使い、多種多様なリボンの作り方をお伝えいたします。

ぜひ参考にしていただき、これからプレゼントを包む際にぜひ応用してみてくださいね。

また、プレゼントにつけるだけではなく、あなたの普段の生活にリボンあるとなんだか気分も明るくなるような気がしませんか。
やはり女性は可愛いものが身近にあると、自然と一日の気持ちも変わってくるものです。

ヘアリボンやコサージュ、カバンに身につけるデコレーションなど、様々な部分に付けることで、そのアイテムをより魅力的に見せることができるリボン。
わかりやすい作り方動画と合わせてご紹介していきますので、ぜひ練習してみてくださいね。

【作り方】ヘアアクセのリボンもフェルトで自作!

このような可愛らしいフェルト生地を使ったヘアアクセ。
購入したかのような綺麗な仕上がりですよね。

実はこれ、自宅で作ることが可能なんです。

せっかくヘアスタイルを可愛くアレンジし服装も可愛くしたのに何か物足りない、という時にはぜひこのようなフェルト布で作ったヘアアクセサリーを身につけてみてはいかがでしょうか。

大きさもあり存在感も出せるので、後ろ姿がとても可愛らしくなります。
また、服装の色に合わせてリボンの色も変えると、とてもお洒落ですね。

まずはこのフェルト布を使ったリボンの作り方から、お伝えしたいと思います。

【100均♡DIY】簡単フェルトリボンの作り方

高い素材を使わなくても、とても便利な100均で買った材料を使うだけでとても可愛いリボンを作り上げることができます。。

フェルト生地をそのまま切ってしまうのはちょっとリスクがあるので、型紙を使って作るのがポイント。
こうすることで形が綺麗なリボンを作り出すことができるのですね。

お子様の手提げバッグのアクセントとして縫い付けたり、ハンカチにワンポイントとしてつけるのもいいでしょう。
また、裏にピンをつけてコサージュのようにするのもいいですし、ぬいぐるみが少し寂しそうにしているなと思った時には蝶ネクタイのようにつけてあげるのにも丁度いいですね。

簡単!かわいい!フェルトリボンゴムの作り方 ♪

リボンデザインの髪留めもとても可愛いですよ。
こちらはリボンを作る際に中にゴムを通して作るリボンです。

とてもシンプルですが髪の上にあると、とても大きな存在感を放つアイテムになりますね。
年齢を問わず女性の頭に似合うアイテムになります。

使うフェルトがシンプルなものであれば2色使ったり、フェルト布の上にビーズなどのアクセントを取り付けてあげるのもオススメです。

シンプルな服装をしている際にもこのリボンさえつければ、全体の雰囲気が全く違ってくるでしょう。

フェルト布一枚から作るリボンは可愛らしいものになりますが、このように2重にして作ると、大人っぽさが増す気がしますね。

パーティーなどの場に身につけていくのにピッタリなリボンが出来上がります。

【作り方】布を使い、世界に一つだけのリボンを!

何枚もの布を重ねて作り上げる布のリボン。
とても豪華で、とても手作りだとは思えませんね。

なかなかお裁縫とかうまくできないけど、上手に作れるかなと心配している方でも大丈夫。
簡単な作り方をお伝えいたしますので、あなただけの唯一のリボンを、作り出してみましょう。

★ふんわりリボンの作り方★

こちらは中にコットンを入れた、ふっくらとして立体的なリボン。
クッションに縫い付けたり、車の中のデコレーションなどに使うといいかもしれません。

立体的なので、平面的で何かもう一手間加えたいというものがあるときに取り付けると、可愛らしくなるでしょう。

布から作るダブルリボンバレッタの作り方

こちらのリボンでも、バレッタを作ることが可能です。
あなたの髪の量に合わせてバレッタの長さを選び、一枚の筒状にした布をうまくねじることで、このような可愛らしいデザインのリボンにすることができます。

シンプルな布をチョイスした際には小さいビジューやチャームをくっつけてあげることで、一味変わったバレッタに仕上げることができますよ。

手縫いで簡単ファーリボン

布リボンに少しアレンジを加えることで、より華やかな見た目のリボンに仕上げることができます。
フェルト生地や無地の布とはまた一味違ったリボンになりますね。

友達と遊ぶ日につけてももち路2位ですし、夏の浴衣を着る際や振袖を着る際にヘアセットを自分で行いたいという方は、このようなリボンを身につけるといいかもしれません。
周りの人の視線はきっとあなたにクギ付けになることでしょう。

【作り方】光沢のあるリボンをサテンリボンで上品に!

リボンは可愛らしいものですが、その素材によって表情を変えます。
フェルト布は少し優しめな雰囲気を作り出しますが、こちらの光沢のあるサテンリボンを使った場合には、エレガントさを感じるような気がします。

同じサテン生地の服装やカバンなどをデコレートしたいなと思われている場合は、同じ生地で作るリボンを添えることをオススメします。こちらのリボンを使ったリボンの作り方も見てみましょう。

エレガントなリボンボウの作り方とリボンの結び方

リボンを厚紙に巻きつけて、ベース部分を作ります。
手などに巻くとずれる可能性があるので、厚紙のようなしっかりとしたものにリボンを巻きつけることをオススメします。

蝶々結びのように結び方を工夫することで作り上げるリボンではなく、何重にも巻いたリボンの真ん中を締め、それを綺麗に広げて作るリボンだったのですね。

見た目がとてもエレガントで、おしゃれなリボンです。
作り方も難しくないので、たくさん作りたくなってしまいそうです。

お子様がいる方であれば、発表会などに着る服装をより華やかにするためにこのサテンリボンを作って服に付けてあげるといいかもしれません。

こちらのシンプルで可愛らしいサテンリボンのバレッタは、実は手作りできるのです。

買って身につけるのは簡単で確かにいいですが、自分で作ることができるのは自分のオリジナリルになりますし、特別なものにもなります。

作り方も難しくないので、お子様と一緒に作ることもできますよ。
プレゼントにもとてもいいので、ぜひこちらの作り方を真似してみてください。

リボンで作る簡単バレッタ

市販のバレッタ部分に、手作りをしたサテンリボンを付けていきます。
ただ結ぶだけではなくボンドを使ってしっかりと止めるので、外れる心配もなく安心です。

世界に一つだけのバレッタ。
友人へのプレゼントにもとても丁度いいです。

髪があまり長くないお子様でもお洒落をしたいという女の子であれば、このバレッタやした部分をクリップに変えたものを髪につけてあげると、とても可愛らしくなりますね。

大きめのサテンリボンを作った場合、このようにとても豪華なヘアアクセサリーになります。

シンプルなハーフアップや一つ結びにしているだけでもこのアクセサリーを身につけることで、パーティーなどに参加しても違和感がないヘアスタイルに仕上げることが可能です。

【作り方】エレガントなオーガンジーリボンで一工夫!

おしとやかな雰囲気の中にもエレガントな美しさが感じられるオーガンジーリボン。
その素材を生かしたリボンは髪留めだけでなく、なんとイヤリングにもつけることができるのです。

髪留めはたくさん持っているけど、リボンのピアスを持っていないという方は、ぜひこちらのアイテムを作ってみてくださいね。

オーガンジーリボン コットンパールピアス作り方

他の布だと分厚かったり、うまく小さく細く切れないこともあります。
しかしこちらのオーガンジーリボンは加工が楽なので、このように小さなものも作り出すことができるんですね。

なかなか見かけないリボンを使ったピアス。
身につけていると間違いなく注目の元になるでしょう。

耳元でふわふわ揺れる♡リボンキャッチピアスのつくり方

オーガンジーリボンはそのまま切って使うこともできますが、なんとオーブンの中に入れてみると少し縮み、硬くなるのです。
その特性を生かして他の人がはめているピアスとは一味違うピアスを、あなた自身の手で作ることが可能ですよ。

作っていつ間にきっと「こうした方が可愛いかも」というアイデアが溢れてくることでしょう。
ぜひそれを実際に作ってみてください。

あなただけのピアスの完成です。

オーガンジーのリボンは真珠やビジューとの相性がとてもいいです。
ピアスを作る際にはリボンだけよりも、このような小物と組み合わせることで、より豪華で繊細に見えるピアスを作ることができます。

細かい作業だから大丈夫かなと思う方は少しづつゆっくりと行いましょう。
そして完成した時の喜びは、とても大きいと思いますよ。

パーティーなどの華やかな場面に身につけていきましょう。

【作り方】色紙に折り紙のリボンでアクセントを…!

卒業式や書き寄せの際には色紙にメッセージを書き込むことがあると思います。
色んな人達からのメッセージがあればもらう人も嬉しいと思いますが、もしそれが綺麗にデコレートされていたら、どう思いますか?
きっとより喜んでくれることでしょう。

次に、可愛く色紙をデコレートできるリボンの作り方をご紹介します。

折り紙「立体的なリボン」の折り方

折り紙一つでもこんなにも可愛らしいリボンができるんですね。
しかも立体的なので、色紙の上などにつけると間違いなくいいアクセントになるでしょう。

作り方が少し長いですが、できたときの感動はとても大きいですよ。
ぜひ頑張って作ってみてください。

使う紙の素材によりこんなに可愛いデザインになったり、うまく位置が合わせられそうになければ、マスキングテープを使ってデザインをつけるのもいいでしょう。

単色の折り紙で作り上げるよりも、とても可愛らしくなります。
受け取る方が女性であれば、きっと大喜びですね。

折り紙 リボン3 立体 簡単な折り方

こちらの四角のような形のリボンです。
一つ目にご紹介したリボンは可愛いので女性、こちらは男性の色紙につけてあげるといいかもしれません。

作り方も簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

折り紙の色を使い、渡してあげる相手の雰囲気を表せていいですね。

折り紙をチェックのものにしたり明るいものに変えると、こんなにも雰囲気が変わります。
あなたのセンスでプレゼントを渡す方のイメージの髪をピックアップし、色紙やプレゼントにつけてあげましょう。

あなたの工夫次第で、プレゼントの雰囲気を変えることができますよ。

紙で蝶結びラッピングリボン作り方

こちらの蝶々結びのように大胆でシンプルなリボンも、紙で作ることができます。
ハサミ・セロハンテープ・お好みの大きさの折り紙の3つだけを使って作ることができます。

英字新聞などを使って作ると、お洒落なものが出来上がりそうですね。

グリーティングカードや色紙に貼るときには少し小さめに作るようにしましょう。
一つだけではなくいくつも乗せてあげると、より可愛らしいものが出来上がりそう。

このリボンの上にメッセージを書いてプレゼントにつけてあげるのも、面白そうです。

How to make a paper Bow/Ribbon

こちらは幅が細く、繊細さを感じるリボンです。
折り紙一つを工夫するだけでこれだけのバラエティー豊かなリボンが作れるのは、とても面白いですね。

大きさも考え、いろいろな髪を使ってリボン作りを楽しみましょう。

リボンの真ん中の留め具を工夫するだけで、より可愛くリボン自体を仕上げることができます。

上のリボンだと少し細めが可愛らしいですが、こちらの折り紙の場合だとデザインも入っており合成なので、少し大きめに切ると可愛らしいデザインが良く見えていいと思います。

【作り方】バンダナで作る!リボンの結び方!

身近なアイテムバンダナ。
しかし、たくさん持っていても使わずにたんすの奥の方に眠っているという場合が遠いと思います。

それをユニークなリボンに作り変えることができるんですね。

折り紙などの他の素材で作ると色が一色になってしまうリボンになってしまいますが、バンダナにはもともと柄が入っているのが多いので、とても仕上がりが可愛いです。

紐を通して手提げカバンにつけてみたり、旅行カバンに括りつけるというのもいいかもしれません。

バンダナりぼん

バンダナの折り方を工夫するだけで、こんなに可愛いリボンができました。
考え出した方はとても素晴らしいですね。

ゴムと一緒にヘアアクセサリーにしたりと色々な場所へのデコレーションとして使うことができます。
バンダナの波打つ柄がとてもユニークですね。

バンダナをただ保管しておくより、このようにリボンの形にして保存をしておくのも一つの手かもしれません。

バンダナリボンカチューシャは頭の上にとても大きいリボンが来るので、とても華やかなイメージになります。
服装は上品なものよりもカジュアルのものの方が、バンダナのデザインによく合うでしょう。

既製品にもすでにこのような形をしたカチューシャがあり、購入することもできますが、自分で作ってみたいですよね。
さて、どのように作ればいいのでしょうか。
作り方を見てみましょう。

髪をしっかりと分けてバンダナを頭後ろの下から上に上手に持ってきて、頭頂でバンダナの先端部分を広げてうまくまとめることにより、リボンの形に作り上げているのですね。
リボンの大きさはあなた次第で自在に変えることができそうです。

髪をまとめてバンダナを上側にうまくまとめられるかまでが難しいところとです。
是非この作り方を参考にして、可愛リボンヘアバンドを作れるように練習してみましょう。

動物園や遊園地などへ行くカジュアルデートの際には、ぴったりのヘアアクセサリーになるでしょう。

こちらはゴムで結んだ後にバンダナを被せて結ぶことで、リボンを作り上げています。
ただバンダナを結びあげているだけなのですが、とても可愛い後ろ姿になっていますね。

その日のコーデの色に合わせてバンダナの色も変えると、とてもオシャレに見えます。

作る時にはどんなポイントに気をつけて作ればいいのでしょうか。
では、作り方を見てみましょう。

バンダナスカーフを使った簡単おしゃれアレンジのやり方

バンダナを結んだ後に、しっかりと結び目の根元からバンダナを広げることがポイント。
そうしなければ、ただのバンダナになってしまう恐れがあるでしょう。

長いバンダナや長めのスカーフで髪を結んだ時には、蝶々結びができると思いますので、結んでみましょう。
そうすることで、よりリボンのような可愛いヘアアクセサリーに近づけることができますよ。

スカーフを使った時には同じレース素材のようなワンピースか、スカートのコーデで外出するとヘアスタイルがよく似合うでしょう。

【作り方】フォークでできる!リボンの結び方!

手で編むことは想像することができますが、フォークを使い一体どのようにリボンを作るのでしょうか?
先の尖っている4本の部分を使うのだろうという想像はできますが、なかなかそのあとの具体的なリボンの作り方が浮かびませんよね。

では早速、動画を使ってその作り方を見てみましょう。

How to make ribbons with a fork

リボンをフォークに引っ掛けた後に、片方の先端をフォークの真ん中の、リボン下にある溝へ手前から後方へ差し込みます。
後方に差し込んだリボンを、差し込んだ溝と同じ位置に来るようにフォーク上から手前へ持ってきます。

そして手前で一度結びあげるとあら不思議。
フォークをひっくり返すと、すでにリボンができているではありませか。

ちょうどいい長さでリボンの余分な紐を切ると、ミニリボンの完成です。
驚くほど簡単な作り方でした。

これで小さなリボンも作り出すことができるので、小ぶりなプレゼントにも貼り付けてデコレートすることができますね。

Tiny Bow On The Fork

こちらな2色のリボンを使って作り上げた、ミニリボン。
とても可愛いですね。

もしフォークの作り方を知らなければ、どこかで買ってきたものにしか見えません。
自分で作れることで色のアレンジも自由なので、プレゼント似合う色をチョイスしてたくさん作ってデコレートしてあげましょう。

リボンシャワーの細かいリボンを、このフォークを使ったリボンの作り方に沿って行うことで作ることができます。

写真のようにこんなにも沢山作るのは少し大変そうですが、カラフルな小さいリボンが出来上がってくるのを見るととても楽しくなるので苦にならなそうですよね。
いくらでも作れそうな気がします。

簡単!リボンでプレゼントをラッピングアレンジ!

プレゼントを結ぶ時に蝶々結びをすることが多いと思いますが、他の方も多く使っている結び方になり、なんだかユニークさが足らないなと感じることも。

いろんな素材を使ってデコレーションになるリボンを作る方法をご紹介してきましたが、ここからはプレゼントを綺麗に飾ることができるリボンの作り方をお伝えしていきたいと思います。

プレゼントを包む途中でリボンを使ることもできますし、短く切って作ったリボンをプレゼントの上にも乗せてもいいでしょう。
これでより、プレゼントを可愛く見せることができます。

クリスマス、バレンタイン、誕生日と、リボンをの作り方を覚えておけば役に立つ日がたくさんあります。

何度か練習が必要になるかもしれませんが、これをマスターした日には、プレゼントのラッピングを自分で行うのが毎回楽しいと思うようになるかもしれませんね。

リボンの結び方紹介!【ダブルタイボウ】

プレゼントを贈る場合に大人ばかりが贈るものではなく、子供からもプレゼントを贈ることがありますよ。
今からご紹介する「ダブルタイボウ」という結び方でできるのは、以下のような一見普通のリボン。
しかし、蝶々結びのようにくるくる結んだりする必要がないリボンなのです。

この真ん中の結び目を作る動作が子供には難しい場合があります。
ですので、この「ダブルタイボウ」ではハリガネを使い、リボンの形にした紐をハリガネでぐるぐるっと巻いてしまう方法なのです。

リボンを結ばずワイヤーで留めてつくるダブルタイボウ。
うまく輪っかが作れない小さい子でも綺麗に作ることができるでしょう。
ワイヤーの先端にだけ気をつけて、お子様には作業をさせてくださいね。

1.リボンを適度な長さに切った後に、その両端を交差させ、一つの輪っかを作ります。
2.輪っかの一番上の部分を交差している部分まで持ってきて、重ねます。
そうすると蝶々結びのように左右に輪っかができます。
3.重ねた部分をまとめて潰し、ワイヤーで縦に2、3回しっかりと巻きましょう。
4.ワイヤーをひねりリボンを固定したら、完成です。

ワイヤーでくくるだけですが見た目は普通のリボンのよう。
お子様もきっと自分が作ったリボンをプレゼントにつけて大切な人に渡せるのは、きっと嬉しく思うでしょう。

お友達の誕生日プレゼントをぜひ一緒にラッピングしてみてくださいね。

リボンの結び方紹介!【バタフライボウ】

次はダブルタイボウ。
普通の蝶々結びだと輪っかは左右一つづつになりますよが、こちらは、二つづつの輪っかができる可愛らしいリボンです。

この結び方ができると、インパクトがあるプレゼントになりそうですね。
一体どのように作るのでしょうか?
早速作り方を、一緒に見てみましょう。

バタフライボウの作り方

「ダブルタイボウ」を作った時の方法を応用しての作り方です。
真ん中のワイヤーをオシャレにデコレーションすると、とても豪華に見えますね。

紙袋などに入ったプレゼントもリボン一つでとても豪華になりますので、渡す時にこのリボンをチョンっと上辺につけてあげると、受け取る方もとても嬉しいでしょう。

How to make double loops ribbon bow for gifts

こちらはワイヤーではなく、指に巻きつけることにより二つづつの輪っかを作り、そのリボンで結び目を作るという方法です。

こちらであればプレゼントのラッピング途中にリボンを作ることができるので、一本のリボンで作ることができ便利ですね。
ぜひつくり方を覚え、今後のプレゼントのラッピングに生かしたいところです。

このように2色のリボンを使った「バタフライボウ」だと、とても豪華になります。
受け取った人がプレゼントを開ける前に、「どんなものが入ってるのかな」とワクワクさせることにも成功しそうですね。

プレゼントの包み紙が透明なものや、包むのを忘れてしまった時にも、このようなリボンがあるだけでグンっと雰囲気が出るので、ぜひこのバタフライボウの技を活用していきましょう。

リボンの結び方紹介!【ウェーブリボン】

ちょっと複雑そうな、何重もの輪っかが連なったリボンです。
これも実は、簡単に作ることができるんですね。

プレゼントの雰囲気に似合うリボン素材を準備したら、ぜひ一緒に作ってみましょう。
可愛らしさに加え上品で、豪華なイメージのプレゼントに仕上げることができます。

【レッツラッピング】ウェーブリボン

指をうまく使い、何重にも輪っかを作り上げ、真ん中はくくるのではなくホチキスで留めるという方法のようです。
複雑な結びなどもなくバランスを考えるだけなので、お子様でも作れそうなリボンです。

ラメが付いている素材やキラキラしているリボン素材だと豪華なウェーブリボンを作ることができそうなので、ぜひ試してみてくださいね。

ウェーブボウの作り方

上にご紹介したのはリボンの輪っかが全て整っているウェーブボウでしたが、こちらはランダムのようで綺麗に重ねられた輪っかが美しいウェーブボウです。

使うリボンの色を少し暗めにするだけで、とても大人っぽいリボンになります。
また、あなた次第で輪っかを増やすこともできるので、アレンジが効くウィーブリボンです。

【ラッピングレッスン】ウェーブボウの作り方

こちらは上から見ても、横から見ても、とても綺麗に見えるウェーブボウです。
お店でラッピングをしてもらった時に上にご紹介した2つを見ることはありますが、こちらの作り方のものは見たことがないですよね。

もし自分で作ることができたら、きっとプレゼントを渡すたびに作り方を教えてと頼まれることでしょう。
そんな自慢のできる、リボンの作り方です。

作り方いろいろ…!リボンフラワー!

お店でプレゼントを買った時に、ラッピングをお願いするとつけてくれることが多いリボンフラワー。
実はこれも、作り方を知っていれば自分で作ることができるのです。

とても複雑そうに見えますがどのように作るのでしょうか。
いろいろリボンフラワーを作ることができるので、一つづつ作り方を見てみましょう。

手作りラッピングリボンフラワーボウ作り方

リボンフラワーは一本のリボンを使うのではなく、何本かの短いリボンを使って作り上げます。
そして結び目を作るのではなく中央部分を糸で止めることで、このような綺麗な花びらが開く花のようなリボンを作ることができるのです。

お店でプレゼントを買ったにもかかわらずラッピングを頼むのを忘れてしまった時でも、この動画を見て自分で作れるようになっておくと便利でしょう。

ラッピングのスターリボンを3分で作る方法

こちらも針と糸を使いますが、短く切ったリボンを何本か使うのではなく、ぐるぐると巻いたリボンを上手に広げることで整ったリボンを作る作り方。
最初は上手く広げれないかもしれませんが、何度か行うことで綺麗で美しいリボンフラワーができるでしょう。

いくつか作ってストックをしておくと、次回使うときにはプレゼントに乗せるだけなので、楽が出来ますね。

リボンの手作りフラワーボウ作り方

こちらはレース素材のリボンを使い、花びらの枚数も多くエレガントに見えるリボンフラワー。
レース素材は繊細な感じも伝えることができるので、とても美しいです。

沢山の花びらを開かせて作り、完成したときにはとても感動しそうです。

フリルフラワーの作り方

こちらは一味違うリボンフラワー。
幅の広いリボンを使い針と糸で細かくギャザーを入れることで、このような綺麗な花びらを持つ飾りを作ることができます。

プレゼントにつけるのもいいですが、コサージュへとアレンジしてもいいでしょう。

ribbon rose

赤・ピンク・黄色などのサテンリボンを使うことでバラの花を作り出してみましょう。

コツは、中心から巻いて行きながら、上部の端を少しづつ外に折り曲げること。
これを行うと花びらが綺麗に咲いているバラの花が完成します。

バラの花だけをプレゼントに添えてもいいですし、枝の部分を作り、一輪の花がプレゼントの上に置いてあるように見せかけてみるのもいいですね。

フラワーリボンの作り方

レースのリボンを豪華に使って花びらを何枚も作り出したリボンフラワーはいかがでしょうか。
プレゼント自体が華やかになるようなデコレーションをすることができます。

レース素材のリボンだけではなくてあなたのお好みのリボンで作り上げることで、また違った雰囲気のリボンフラワーになりますので、ぜひ挑戦してみてください。

さくらの花の作り方フラワーリボン

日本の花といえば桜。
その桜のリボンを作ることも可能です。

外国の人へのプレゼントを渡すときにこのリボンを添えてあげると、きっと喜ばれるでしょう。
また、家の中のアレンジにも使える優れリボン。

春ではないのに家の中やいろいろな場所に桜が溢れるのは、きっと美しいでしょうね。

ダブルリボン結び 綺麗なリボンの結び方

他にはこのような、いろんな方向に向いている輪っかがとても綺麗なリボンを作れたりもします。

作り方のポイントは、指で中心部分をしっかりと押さえずれないようにすること。
こうすることにより輪っかの大きさも均等で、美しいリボンを作り出すことができますよ。

細めのリボンで作るのであれば輪っかの数を多くして作ってみると、より豪華なリボンになるでしょう。

いつもとは違う!プレゼントボックスに自作のリボンを…!

気持ちを込めたプレゼント。
それを渡すときにはあなたの気持ちを込めれるだけいっぱい込めて、手渡したいですよね。

今回お伝えしたいろいろなリボンの作り方を参考にしていただき、次回プレゼントを渡すときにはあなたらしいデコレーションを施してあげると、間違いなく相手の方はより喜んでくれることに違いありませんよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ