【ヘアカタログ】次はどんな色にする?ヘアカラーのパターン公開!

今や、ヘアカラーの種類は何十種類と増え、お洒落のアイテムとしてもかなり浸透してきています。毎回、ヘアカラーの色で、悩みませんか?今回は、カラーのヘアカタログを、ご紹介していきます!是非とも、このカラーヘアカタログをご参考に、次回の色味を楽しんでください!!

カラーの基本のカラーの種類は??

ヘアカタログには髪型ももちろんですが、カラーもセットとなり目を惹きますね。
カラーといっても、そんなに沢山というわけではなく
大雑把に何種類化に分けられるみたいです。
ヘアカタログの前にカラーの種類について見ていきましょう。

ヘアカラー お洒落染め

一般的なヘアカラーを言う。一度髪の色素を抜いてから、希望の色味を入れる。

出典:https://ja.wikipedia.org

ヘアカラー 白髪染め

希望の色味や明るさも調節できるが、白髪にも色味がしっかり入るタイプ。

出典:https://ja.wikipedia.org

ヘアマニュキア

ヘアカラーと違い、色素を抜かず、髪そのものにコーティングして色つけをしていくカラー剤。カラーと違い傷みは少ないが、色落ちする。ブリーチした髪に色をのせるとダイレクトに反応するが、黒髪にすると分かりづらい。

出典:http://ja.wikipedia.org

自分に合ったカラーはヘアカタログでイメージを沸かせて、美容室で、相談しても良いですね。
明るさ~暗さだけではなく、色味がポイントです。

【ヘアカタログ】カラーの色味の種類とは

ヘアカラーの種類を見てみましょう!
大雑把に分けると4種類のカラー群に分けられます。

ナチュラルブラウン系

一般に言うブラウン。馴染みのある色のために、需要は高い。すべての色味はこのブラウンが基準となる。ヘアカタログにも一番多く掲載されている色味。

アッシュ系

クールなイメージで、人気色。赤みが強い方に使用する場合も多い。

ベージュ系

透き通った感じの軽いイメージの色味で、大人女子のヘアカタログで多く取り上げられている。

レッド系

暖か味がある色味。ボリュームを出したいときに使用する場合もある。若い子向けのヘアカタログでよく見られる。

色味だけでも全然違うイメージになることが分かるが、ヘアカタログ形式でご紹介しよう!!

ブラウン系カラーのヘアカタログ

一番日本人には馴染みやすいカラーですね。
染めても清楚なイメージを保てるため、
比較的万人受けするのが、ブラウン系カラーです。
ヘアカタログを見ていきましょう。

ブラウンカラーヘアカタログ ①

ブラックだと重い感じが出てしまうが、ブラウンカラーだと、自然な感じがでる。

ブラウンヘアカラーカタログ ②

大人女性を演出している。

ブラウンカラーヘアカタログ ③

少し明るめのブラウンがショートヘアに似合います。

アッシュ系カラーのヘアカタログ

最近人気なのがアッシュ系カラーです。
欧米人っぽいくすんだ色味で、上品さのあるかっこ良いカラーです。
ヘアスタイルによっては、可愛さも出せますよ。
ヘアカタログを見ていきましょう。

アッシュカラーヘアカタログ  ①

クール系のアッシュカラーで、少し個性的に、、。

アッシュカラーヘアカタログ  ②

ナチュラル可愛いを演出してくれるカラーでもあります。

アッシュ系カラーヘアカタログ  ③

アッシュ系は一度はしてみたいカラーですね。ラフなヘアスタイルにおススメです。

ベージュ系カラーヘアカタログ

大人っぽい華やかさが出せるのがベージュ系カラー。
あまり重さを感じさせないカラーなので、
軽さを出したい方はこちらをおすすめします。
ヘアカタログを見ていきましょう。

ベージュカラーヘアカタログ  ①

なんといっても軽さがひきたつカラー。綺麗さUPしますね。

ベージュカラーヘアカタログ ②

ゴージャスな女性の引き立てカラーにもなります。

ベージュカラーヘアカタログ ③

外人のような色素が薄い感じを好むのであれば、ベージュは一押しです。

レッド系カラーヘアカタログ

上の3つのカラーとは大きく異なり、
レッド系は可愛らしさを全面に出せる女の子らしいカラーです。
個性的なヘアカラーではありますが、ヘアカタログを見て
是非とも挑戦してみてください。

レッドカラーヘアカタログ ①

個性的なカラーのレッド系だが、可愛いい印象になる。

レッド系カラーヘアカタログ  ②

ナチュラル感がありつつ日本人に合う色味でもあるのです。

レッドカラーヘアカタログ ③

暖かいく可愛いカラーなので、女子力UPですね。

カラーヘアカタログを活用しよう!!

今回は、カラーごとにまとめたヘアカタログでした!
お気に入りのカラー、ヘアスタイルは見つかりましたか?

改めて、このようにヘアカタログ形式にすると、色味の違いや、見た目の印象が変わるのがわかりますね。ぜひ、ヘアカタログを活用していろいろな髪色を楽しんでください!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ