今年の夏は、季節感を取り入れた「夏ヘア」で夏をもっと楽しもう!

ヘアスタイルを決める時に何を決め手にしていますか?トレンドや自分との相性の他に、季節感を重視したヘアスタイルの選び方もありますよ。暑い夏、寒い冬に合わせたヘアスタイルにすれば、ファッションとの一体感も出ます。そんな夏におすすめするヘアスタイルをご紹介します。

夏ヘアとは?

夏といえば、暑い季節ですよね。
また花火大会やお祭り、バーベキューなどイベントのイメージもありますね。

そんな夏にしたいヘアスタイルと言えば、さっぱり涼しげなヘアスタイルや、明るく活発なイメージのヘアスタイルだと思います。

涼しげなヘアスタイルは、夏の暑さを感じせない爽快感を与えてくれます。

アクティブなヘアスタイルは、夏のイベントを楽しむ元気な女子を演出してくれます。

そんな夏らしさを感じる、夏に合わせたヘアスタイルのことを【夏ヘア】と言います。

また夏ファッションとの相性も抜群です。

トータルコーディネートもしやすくなり、オシャレの幅がさらに広がります。

では実際に夏ヘアを見ていきましょう。

さっぱりカットの夏ヘア

夏らしい涼しげヘアスタイルと言えば、ショートカットです。

女性らしさも感じる、夏ヘアです。

丸みのあるボブカットヘアが、優しげで柔らかな印象を与えてくれます。
ショートヘアでもボーイッシュにならない、挑戦しやすいヘアスタイルです。

ふんわりトップの夏ヘアです。

襟足や耳部分はさっぱり、トップはふんわり仕上げた、ヘアスタイルです。
バランスが良く、頭のシルエットが美しく見えます。

ナチュラルな、夏ヘアです。

レイヤーをほとんど入れず、重ために仕上げたヘアスタイルです。
外国人風な透明感を演出してくれるイノセントカラーなら、重ためヘアでも夏らしく仕上がります。

ラフでルーズな、夏ヘアです。

全体に軽くパーマをかけた髪を、無造作にセットしています。
片方だけ耳かけをすれば、ルーズすぎない垢抜けた雰囲気になります。

元気っ子なイメージの夏ヘアです。

襟足を短く刈り上げ、とにかくスッキリシルエットに仕上げています。
その反面、トップはマッシュ風に厚めに作り上げています。
動きを感じる元気でアクティブなイメージになりますね。

カラーで魅せる夏ヘア

ショートヘアに自信がないという人は、カラーリングで夏ヘアを楽しんでみては?

アッシュベージュカラーの夏ヘア。

エアリー感のあるミディアムボブに、肌馴染みのいいアッシュカラーを取り入れています。
違和感のない透明感を演出しています。

アッシュグレーの夏ヘアです。

ロングヘアでもアッシュカラーを取り入れれば、重たさが軽減されます。
光の当たり具合で、明るく見えたり暗く見たり、見え方も変わるオシャレなカラーです。

夏と言えば、やはりハイトーンカラーです。

顔周りがぱっと明るくなり、季節感にとてもマッチしたヘアスタイルになります。

パープル系のハイトーンカラーです。

ハイトーンでも色味が違うだけで、雰囲気ががらりと変わります。
パープル系ヘアスタイルは個性的な女性らしいイメージになります。

オレンジ系のハイトーンカラーです。

明るく活発な雰囲気の女性を演出してくれます。
肌見せの多い夏ファッションにも、インパクトのある明るめカラーがよく似合いますよ。

アレンジで夏ヘア

最後にどんなヘアスタイルでもカラーでも、夏らしく見せられるヘアアレンジをご紹介します。

夏の定番まとめ髪と言えば、ポニーテールですね。

すっきりと清潔感のあるポニーテールは、爽やかな印象を与えてくれます。
ルーズなポニーテールが流行っていますが、夏はきつめに結ぶポニーテールもおすすめです。

記事番号:89463/アイテムID:2876010の画像

出典:http://m3q.jp

アップスタイルの夏ヘアです。

うなじの見えるアップスタイルは、涼しげですね。
普段着でも浴衣でも水着でも、どんなシーンにもぴったりです。

ハーフアップの夏ヘアです。

耳周りの髪がないだけでスッキリしたヘアスタイルに見えます。
前髪も一緒にまとめれば、顔周りも明るく見えますよ。

二つ結び&帽子の夏ヘアです。

夏は帽子をかぶることの多い季節ですよね。そんな帽子に合わせる髪型は、二つ結びがおすすめ。
帽子の邪魔にもならないし、ただのダウンスタイルよりキュートさ倍増です。

貝殻ヘアアクセサリーの、夏ヘア。

ダウンスタイルでも夏らしいアイテムをつければ、一気に季節感のあるヘアスタイルになります。

ヒトデアクセサリー

¥980(税込)

裏がピンになっていて挟むだけなので、ロングヘアだけでなくショートヘアでもアレンジしやすいですね。

ヘアスタイルで、夏を楽しもう!

いかがでしたか。
夏らしい季節感を感じるヘアスタイルばかりでしたね。

ファッションだけでなく、ヘアスタイルにも季節を取り込んでみませんか?
夏がもっと楽しくなること間違いなしです。

TOPへ