ショートヘアで成人式出席!綺麗に飾れる成人式ショートヘア集

成人式に合わせて髪を伸ばす人が多いと思いますが、ショートヘアで出てみませんか?ショートヘアでも綺麗に飾れるアイテムはたくさん。カラーやカットで可愛くもできちゃうショートヘアで成人式に出たら一目置かれるかも!素敵な振袖を着てショートヘアで決めてみませんか?

成人式とは

成人式が誰のために何のために行われているか知っていますか?本当の意味を知って参加してみませんか?

成人式(せいじんしき)とは、日本の地方公共団体などが、成人式を行う年度内(多くは成人の日付近)に成人に達する人々を招き、激励・祝福する行事(イベント)である。講演会やパーティーを開いたり、記念品を贈ったりする。奈良時代に起こった元服に始まる日本特有の風習で、ヨーロッパやアメリカではこのような式典などはない。

出典:https://ja.wikipedia.org

成人式って晴れ着を着て参列して紹介されてもわからないような大人の話を聞いて記念写真を撮るということだけだと思っていませんか?今は成人の日が1月15日ではなくなりましたが日にちにも意味があるんですよ。

イニシエーションのひとつとして考えられている成人式は古くから行われていて、埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)にて行われた儀式が成人式の始まりとされているようです。

日本国政府は、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌1949年(昭和24年)から、1月15日を成人の日として制定した。

出典:https://ja.wikipedia.org

今ではハッピーマンデー法によって、2000年(平成12年)から1月第2月曜日へ移動して連休が増えた感じです。

最近の成人式は何かと問題視されることが多くメディアでもl取り上げられたりしますが、大人としての仲間入りをしたのなら言動も伴ってもらえたらと思います。

楽しいことばかりではなく責任も伴ってくる大人として出席する成人式を気持ちを引き締めてと思うのは十分な大人になってからなのが少し悲しいです。

ショートヘアについて

ショートヘアの女性は活発的、中性的と女性らしさから離れた印象が多いのですが、女性芸能人などはロングヘアの時よりショートヘアにしてから人が出たり、同性からの支持を得たりと何らかの起点になっている人もいます。

女性の,短く切った髪形。

出典:http://www.weblio.jp

男性の髪型は同じよな短い長さでも短髪という表現になるようですね。

大ざっぱに定義すると、肩にかからないくらいの長さが特徴。

主なアレンジはヘアピン付けたりこめかみ辺りなど一部を軽くまとめるなど。 全部の後ろ髪の長さがそろうタイプ、耳側から背中側に向かって長くなるタイプ、いわゆるアシンメトリーなどがある。

日本での女性の短髪化は、明治政府が男性のまげを切り落とす断髪令を提示した頃に一度流行。ただし、のちに男性にかぎったことであると注釈が加えられ、極端な短髪化は禁止された。
1980年代に席巻した、当時の松田聖子の髪型に似せた聖子ちゃんカットも、実は肩付近までの長さにくせを加えて量感を演出した状態であり、明確にショートと呼べるスタイルが定着するのはもう少し後、小泉今日子や内田有紀らがテレビに頻繁に顔を出すようになってからのことである。

出典:http://dic.nicovideo.jp

明治時代の流れをそのまま汲んでいたのか、昔は長い髪が女性らしい髪型なんてイメージが強かったこともありますね。

ショートヘアは似合う似合わないがはっきりしているので選択肢としてなしともう女性も多いと思いますが、こうあるべき的な認識で自分の髪型を決めていませんか?

ショートヘアの似合う条件と調べてみると似合うためにはいろいろあるようです。

ショートは、やっぱり顔を選ぶと思うのです。
ショートから坊主に近い短髪の似合う女性って、顔立ちが、鋭い美形に多いでしょう!
男性的で、男性にそのままなっても、いいような。

出典:http://komachi.yomiuri.co.jp

宝塚歌劇団の男役の女性はどちらかと言えばこんな感じなのでしょうね。

ショートカットにすることにより、ボーイッシュもしくは中性的な印象になります。
女らしい顔立ち、雰囲気の方なら、ほどよく相殺されて良い感じになるのではないでしょうか?

出典:http://komachi.yomiuri.co.jp

色っぽい女優さんがショートヘアにした途端、カッコいい印象に変化して人気が出たりしています。

自分なりに思ったのは、「ショートが似合う人は肩幅がある(肩が横に張っている)確率が高い」ということです。
逆に、肩幅が狭く上半身が華奢な感じの人はロングの方が似合う気がします。
髪の毛が飾りのようになって首周りや肩にボリュームが出る感じですかね。

出典:http://komachi.yomiuri.co.jp

肩幅ですか・・・確かに肩幅ある(いかり肩)の女性は似合っているように思います。

ショートヘアを成人式に!

成人式の会場内は華やかに着飾った女性や凛々しく見える男性でごったがいしています。
特に女性は、ここぞというばかりに華やかです。振袖と着ているだけでも華やかなのですが髪型にも個性が現れています。

成人式を迎える女性は成人式に参列するために髪を伸ばし始めたりカラーを考えたりと慌ただしくなってきます。
そんな中、ショートヘアで参列しようと思う女性もいると思いますが、アレンジが難しいと諦めていませんか?

ここでは、ショートヘアも素敵にアレンジができるということ画像付きでご紹介したいと思います。

成人式にしたいショートヘアアレンジ ①

アレンジできないと諦めていませんか?アクセサリーの使い方でショートヘアでも可愛くなります。

成人式にしたいショートヘアアレンジ ②

ヘアアクセサリーを顔の隣に持ってくることで小顔効果も見込まれるショートヘアアレンジです。

成人式にしたいショートヘアアレンジ ③

ロングに比べてショートヘアの場合は髪型のボリュームを気にすることはありません。アクセサリーなどでおしゃれにしてください。

成人式にしたいショートヘアアレンジ ④

洋装にも和装にもショートヘアの場合はアレンジが簡単自由自在!

成人式にしたいショートヘアアレンジ ⑤

可愛いばかりの振り袖姿は嫌というショートヘアさんにはかっこよくもできるアレンジで参列してみては?

成人式に着る振袖の選び方

成人式に振袖は着ていきたいけど、どんな振袖が自分に似合うのかわからないという女性は多いと思います。しかも、最近はレンタル着物が出てきてどちらにしようかとなやんでいる人もいるのでは?

女性の体型も背の高い女性、低い女性、しっかりした体型の女性、線の細い女性と様々で特に身長の高さにおいては似合う色柄、すすめられる色柄が変わってきます。

振袖は新調?レンタル?

振袖を購入するにしてもレンタルにするにしてもメリット、デメリットはあります。
どちらを選ぶにしても生活のニーズに合わせて考えなくてはいけません。

レンタルのメリット
・安価ですむ。
・収納に困らない。
・手入れがいらない。
など。

レンタルのデメリット
・新品ではない。
・サイズ展開が少ない。
・他に機会に振袖を着たいときは再度レンタルしなくてはならない。
など。

購入のメリット
・いつでも着れる。
・オーダーなのでピッタリサイズで着れる。
・新品が着れる。
・良いものなら受け継いでいくことができる。
など。

購入のデメリット
・高額になる場合がある。
・収納場所が必要。
・手入れをしなくてはならない。
など。

どちらにしても一生に一度のことなのでよく考えて決めてくださいね。

「気に入る=似合う」ではない

呉服店や振袖の展示会などに行くと様々な色柄の振袖がたくさん並べてあります。
その中で、自分の好きな雰囲気の振袖を選ぶと思いますが、好きな雰囲気の着物が自分に似合う着物とは限らない時があります。もちろん、どうしてもそれはがいいと言うのなら止めはしませんが・・・。

年々身長が高くなっている今の時代で既製品やレンタル商品ではサイズがないという女性も出てきます。その場合はオーダーとなるわけですが、先ほども申し上げたように高額になってしまう場合があります。

そして似合う色柄にも違いがあります。小柄の情勢には柔らかい色合いで細かい柄がたくさん描かれた着物、大柄の女性にはシンプルではっきりした色合いで大きな柄の着物と分かれるのですが、それは着物の柄と着る女性の体型とを考えてのことだと考えてください。

少なくともその道のプロなのですから意見として聞いておいても損はないと思いますよ。

成人式とショートヘアのまとめ

ショートヘアについてですが、ショートヘアの中にもいろいろな髪型があります。ショートボブとがショーウルフとか。
そんなアレンジしにくいショートヘアでもアクセサリー次第で洋装にも和装にも似合う髪型に変身させることができるということは覚えておいてほしいと思います。

もう一つ。ショートヘアの髪型は成人式などの式典が終わってからの集まりにも楽ちんでアレンジできるのでおすすめします。

成人式に出席するということは1人の大人という事なので大人らしい振る舞いや常識を身につけて参列してくれるといいなと思います。
服装は振袖でもスーツでも構いませんが、あくまでも成人式はフォーマルな場であるということをふまえた上でのチョイスであってほしいものです。

来年の成人式が今年の成人式よりいい式典でありますように。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ