集中力の高めるためにすべきこと・避けるべきこと6選

    集中力を高めるメリットとは?一番のメリットは、タスクを早く処理することができるようになることです。1日2つのタスクを30分早く終わらせることができたら、1時間余裕が生まれ、残業なく帰宅することが可能です。また注意力も高まり、ミスを起こしにくくなります。

    なんで集中力って続かないの?

    終わらせないといけない仕事があるのになぜか集中力が続かない!
    よくあるシチュエーションですが、これにはきちんと原因があるんです。
    大きく分けると、「睡眠不足」、「作業環境」、「休憩不足」の3つが原因です。

    睡眠不足

    睡眠不足が続くと脳が疲労を起こし、うまく働きません。
    眠気も起こり、集中力が切れてしまいます。

    作業環境

    デスクの上に気が散るものが置いてあると、視覚的に情報が多く集中できません。
    まわりの雑音も多すぎないことをに移動しましょう。

    休憩不足

    時間がない焦りから休憩を取らずに作業を続けるのは逆効果です。
    人間の集中力には限界があるので、適度に休憩をした方が集中しやすいです。

    集中力を高めるために今すぐできること

    音楽を聞く

    音楽にはリラックス効果もあります。歌詞に集中しすぎないように、歌が入っていないもの、歌詞が外国語のものを流しておくといいでしょう。

    温かい飲み物を飲む

    温かい紅茶やコーヒーがおすすめです。香りがいいものを選ぶとさらに高いリラックス効果が期待されます。カフェインの摂りすぎには注意しましょう。

    歩く・ストレッチをする

    椅子に長時間座りっぱなしは腰痛やむくみの原因になり、集中力を妨げます。定期的に歩いたり、ストレッチするなど、体に疲労を貯めないように工夫して体を動かしましょう。

    昼寝をする

    昼食後うとうとし始めたら、10‐20分程昼寝をしましょう。この時大切なのは、横にならないことです。横になると仮眠のつもりが深い眠りに落ち、余計に疲れてしまいます。座って寝ることをおすすめします。

    集中力を高めるために避けるべきこと

    スマホを近くに置かない

    集中力を邪魔する一番の大敵はスマホではないでしょうか。LINEの通知がきたり、Instagramでコメントが来たりすると誰でも気になってしまうものです。通知が来ないように設定するか、自分から離れたところに置きましょう。

    マルチタスクを避ける

    やってしまいがちな、ながら作業。いっぺんに何個もタスクを進行するのは効率が悪いだけでなく、進行中のタスク、手を止めているタスク、次へに取り掛かるタスクなどで頭が混乱してしまい、脳が疲れてしまいます。優先順位をつけ、やらなくてはいけない作業に集中しましょう。

    集中力を高めるメリットとは

    一番のメリットは、タスクを早く処理することができるようになることです。1日2つのタスクを30分早く終わらせることができたら、1時間余裕が生まれ、残業なく帰宅することが可能です。また注意力も高まり、ミスを起こしにくくなります。そのためプロのギャンブラーたちは集中力高める訓練をすることもあるようです。カジノやブックメーカーをよくする人たちは、集中して冷静に物事を判断、分析し、いい結果を残すのだとか。
    まず今日からできることとして、体と脳を必要以上に疲労させないよう努め、今後少しずつ、改善していきましょう。
    TOPへ