スーツの襟(えり)で印象が変わる? お好みの形はどれですか?

スーツの襟にも色々な形があるって、知っていました? 襟一つで印象も変わりますし、TPOに合わせて選ぶこともできます。ビジネスシーンでも女性のファッションには制約が少ないので、スーツのポイントになる襟にこだわってみませんか? 

襟の形で印象も変わる!?

着回しのしやすさもあって、スーツの色は他の人と同じになりがちですね。インやアクセも工夫のしどころですが、今回はスーツの襟に注目してみましょう。

スーツの襟は、上下二つに分かれています。上をカラー、下をラペルと呼び、主に下の襟の形が変わります。男性では、テーラードが一般的ですが、女性のスーツの襟にはあまり厳しい条件はありません。

それぞれにスリム(幅が狭い)・セミ(形が小さい)などのバリエーションがあります。

・テーラード(ノッチ)…下襟がひし形で下向き
・クローバー…テーラードの上下の襟の角に丸みがある
・ピーク…下襟の先がとがって上向き。燕尾服などフォーマル向き
・ショール…上下の襟が繋がって丸みがある。タキシードなどフォーマル向き
・ノーカラー…襟無し

パイピングのあるスーツもありますね。シンプルなテーラード襟でも、パイピングがあると、なぜか可愛らしく見えたりします。

スーツの襟の形~ビジネススーツ編

女性のスーツの襟もテーラード(ノッチ)が主流ですが、角の丸いクローバーや上下がつながったショールのような、丸みのあるデザイン、幅も広めのものが多いようです。

左が女性のスーツで一般的なテーラード襟、右がセミピーク襟です。下襟の角度が違っただけで、だいぶ印象が変わりますね。

定番のテーラード、襟のないノーカラー、返り襟のないVライン…それぞれに雰囲気が違いますね。お仕事や夜の予定でチョイスしましょう。

定番のテーラード襟は、誠実さや堅実さをイメージさせます。幅が広めだと女性らしく優しい感じに、細めならマニッシュに着こなせます。

ショールカラーは、タキシードなど正装の時の襟ですが、切れ目のないデザインが女性らしさを引き立てます。夜に予定のある時など、重宝しそうです。

襟なしラウンドのスーツは、エレガントな印象になります。フォーマルに近づきすぎないようにインなどで調整しましょう。

襟なしVラインのスーツは、シャープな印象を与えますし、細く見える効果もあります。合わせるインによっても雰囲気が変わります。

スーツの襟の形~エレガントスーツ編

同じツイード生地のスーツですが、テーラードとノーカラーとでは、だいぶ印象が変わってきますね。インやアクセでもアレンジしてみましょう。

襟なしのスーツは、上品でクラシカルな印象になります。素材の良いものなら、インやアクセサリーで調整して、セミフォーマルからカジュアルな集まりまで使えます。

ショールカラーの丸みが女性らしさをアピールします。ドレッシーな印象を与えるスーツなので、品良くまとめましょう。

立った襟・スタンドカラーは、上品さと、シャープできりっとした印象を与えます。アクセサリーやインでセミフォーマルまで使えて重宝するスーツです。

スーツの中のシャツの襟は…?

シャツの襟をスーツの上に出すかどうか、迷ったことはありますか?
襟元でシャツが開いた状態になるタイプは外に出し、首元までしっかりボタンがあるタイプは出しません。これは、どちらでも構いません。

スキッパー(開き襟)

スーツの襟の上に出すと、襟の白さで明るく見えるため、相手に元気・活動的な印象を与えることができますが、似合わない場合や、形が崩れるとだらしなく見えてしまう可能性もあります。

レギュラー

ボタンを留めてスーツの襟の中に入れるとスッキリまとまるので、真面目な印象を与えることができますが、サイズがきつめだと苦しそうに見えてしまいます。

スーツの襟も飾っちゃおう!

スーツの襟の穴は、元々は襟を立てた時に止めるためのボタン穴だったようです。花を挿して飾るようになってフラワーホールと呼ばれたり、下襟(ラペル)なのでラペルホールとも言われます。
社章やバッジを付けることもありますが、パーティーなどでアクセサリーを付ける男性も増えてき多様です。

ピンズタイプ

ピンズタイプ(ピアスのようなタイプ)のラペルピンです。スーツの襟、ラペルホール辺りにつけますが、小さいものが多いので重ね付けも楽しめます。

こちらは女性向けに出ているピンズタイプのラペルピンです。マニッシュなスーツの襟に、キラキラで揺れるタイプのアクセサリーもステキです。

ブートニエールは、本来は結婚式で新郎が差す花のことです。現在では、スーツの襟につける、フェルトや毛糸で作った花を呼ぶようになったようです。こちらは、ラッキーモチーフのてんとう虫が付いています。

スティックピンタイプ

長いタイプのピンブローチも、ラペルピンとして出ています。スーツの襟のラペルホールから通すのが一般的ですが、このようにブローチと組み合わせるなど、アレンジも色々あるようです。

スーツの襟をはさむ、クリップ式のラペルピンです。この位置でも脇でも、つける位置もお好みで。おしゃれなネクタイピンも活用できそうです。

襟にこだわってみませんか?

襟の形や印象についてご紹介してきました。スーツの襟につけるアクセサリーも、男性用にも可愛い物が出ています。色々チャレンジしてみて、お気に入りを見つけて下さいね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ