紫外線が気になるときは化粧下地としても使える日焼け止めを使おう!

これからの季節は紫外線がとっても気になり始めますよね。今回はそんな紫外線からお肌を守ってくれ、さらには化粧下地としても使える日焼け止めを紹介します。日焼け止めと化粧下地が一度に出来る、まさに一石二鳥のおすすめアイテムを大公開していきますよ。

化粧下地と日焼け止めの違いは?

日焼け止めとは

日焼け止めとは、紫外線から肌を守り、日焼けや炎症などを防いでくれるものです。現在では様々なタイプのものが市販されていますね。ただし、ジェルや乳液タイプものは、どうしても密着度が低くなってしまうため、化粧下地としての効果はあまりありません。

また、日焼け止めには紫外線を防ぐために、紫外線吸収剤や紫外線散乱材が含まれます。それにより塗り心地や使用感が悪くなってしまったり、肌に余計な負担をかけてしまいます。

化粧下地とは

ファンデーションを肌に乗せる前に、肌のきめを整えたり、しわやくすみなどをカバーしてくれる効果があります。ファンデーションの持ちをよくし、カラーコントロールする機能があるものもあり、より一層肌を美しく見せてくれます。また保湿や美容成分が含まれている物もあります。

SPF・PAって何?

日焼け止めを選ぶ際に、1番気になるのが「SPF」・「PA」の数字ではないでしょうか。
SPFはUV-Bと呼ばれる、シミやそばかすの原因となる紫外線を防ぐ効果の高さのことです。
PAはUV-Aと呼ばれる、シワやたるみなど老化の原因となる紫外線をグ効果の高さのこと。
さらに+の数で、その強さが分かるようになっています。どちらも数が大きいほど効果も高くなります。

化粧下地と日焼け止めを混ぜると効果減!

面倒だからと、普段使っているファンデーションに日焼け止めを混ぜて使っていることはありませんか?実はそれはNGなんです。
日焼け止めの効果を発揮させるには、決められた量を肌まんべんなくに塗ることが大切です。日焼け止めを下地と混ぜると、どうしても塗る量が少なくなってしまい、ムラのできた塗りになってしまいます。日焼け止めとしての効果も半減してしまうので、おすすめしません。

化粧下地としても使えるおすすめ日焼け止めをご紹介!

アクセーヌ スーパーサンシールド EX

「アクセーヌ スーパーサンシールド EX」は、SPF50かつPA++++のUV防止効果が非常に高い日焼け止めのベースクリームです。それなのにお肌の負担の少ないノンケミカルタイプなのがうれしいですね。

もちろん紫外線を防止するだけではなく、ファンデーションのつきやもちも良くし、くすみのない美肌を演出してくれます。

¥4,320(税込)

ニベア ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35

今までのシリーズと異なり、SPF35になったことでより一層紫外線から肌を守ることができるようになりました。さらにはうるおい効果もアップされています。

みずみずしい化粧水感覚のUVジェルなので、とろけるようにお肌になじみ、肌にやさしい使用感を感じることができます。またいつも使用している石けんや洗顔料、洗浄料などで簡単に落とせます。

¥712(税込)

こちらはより強力に紫外線を防いでくれるSPF50、PA+++のもの。
特に紫外線の強い場所に出かけるときは、こちらがおすすめです。

¥813(税込)

エクスボーテ CCクリーム

エクスボーテ CCクリームは、みずみずしい心地よい使い心地とスキンケア効果を実感できる日焼け止めメイクアップベースです。快適な使用感ながら、高紫外線からお肌を守ってくれます。

3層光学ミネラルパウダーが配合されており、気になる毛穴をぼかしながらしっかりとカバーし、くすんだお肌を透明感のあるクリアな肌へと導いてくれます。ファンデーションを重ねても、素肌のような透明感のある美しい仕上がりを演出します。

¥4,104(税込)

ランコム UV エクスペールXL BB

ランコム UV エクスペールXL BBは、高UV防御力とスキンケア効果が両立している優秀なアイテム。ロングUVAと呼ばれている長波長UVAや、大気汚染からもお肌を守ってくれます。
軽くてとても心地よいテクスチャーも魅力です。

また紫外線から肌を守るだけではなく、お肌のくすみを軽らす作用を持った独自テクノロジーにより、綺麗で健康的な本来の素肌力を引き上げてくれます。

¥8,100(税込)

日焼け止めに使える化粧下地についてのまとめ

女性にとって紫外線は大敵です!そんな紫外線からお肌を守るためには、お肌に優しくて、高い日焼け止め効果がある化粧下地を使うことをおすすめします。自分のお肌と相談しながら、合うものを見つけてください。