美容院のヘアカラーが市販より落ちにくい!ヘアカラーに違いはある?

美容院でヘアカラーをする場合と市販のヘアカラーをする場合では美容院のヘアカラーの色は落ちにくいですよね?美容院のヘアカラーと市販のでは何が違うのでしょうか?美容院でのヘアカラーが髪にいいと言われている理由と市販のカラーがよくないと理由について調べてみました。

美容院のヘアカラーと市販のカラーは違うの?

美容院でヘアカラーする方と市販のヘアカラーを購入して自分で染める方がいますよね?美容院でヘアカラーをすると高価ですが、色ムラが少なく、ヘアカラーの色も長持ちします。
それに比べて、市販のヘアカラーは染めた直後はよくても色落ちが早いことに気づきませんか?
美容院のヘアカラーと市販のヘアカラーは違いがあります!
そして何より、美容院のヘアカラーは市販より髪にもいいと言われているのです。

美容院のヘアカラーのメリットとは?

美容院のヘアカラーと市販のヘアカラーの違いは何があるのでしょうか?
なぜ美容院のヘアカラーが髪にいいのかメリットを見ていきましょう。

美容院でのヘアカラーにはどんなメリットがあるのでしょう?

美容院でプロの美容師さんに染めてもらうメリットは、何といっても髪の毛の状態を見ながらカラーリングしてもらえることでしょう。

出典:https://u17.shingaku.mynavi.jp

髪の毛の状態は人それぞれです。染まりやすい髪質、染まりにくい髪質、ブリーチをかけたことがあるダメージヘア、カラーリングをしたことがないバージンヘア……。
例えば一度黒染めされた髪の毛は染まりにくい、といった特質を持っています。

出典:https://u17.shingaku.mynavi.jp

美容院では髪の状態を見てヘアカラーをしてくれる

美容師さんはこういった髪の状態を診断した上で、薬を使い分けながらカラーリングを進めてくれます。

出典:https://u17.shingaku.mynavi.jp

また薬品はどうしても髪を傷めてしまうところがありますが、コースによってはしっかりとトリートメントでケアをしてくれますよね。

出典:https://u17.shingaku.mynavi.jp

髪へのダメージも抑えつつ、ムラのないきれいな仕上がりにしてくれるのが美容院でヘアカラーをするメリットといえます。

出典:https://u17.shingaku.mynavi.jp

美容院のヘアカラーは髪の状態を見て一人一人に合ったヘアカラーをしてくれます。
プロの美容師さんの経験から髪に合うカラー剤を調合してくれるので、髪のダメージを抑えてくれるのです。

市販のヘアカラーが傷む理由とは?

美容院でのヘアカラーのメリットはわかりましたか?
それでは市販のヘアカラーが髪によくないと言われている理由について見ていきましょう。

まず、髪のことを考えてみてください。毛先は根元よりも何度もカラーをしているはずです。

出典:http://www.minx-net.co.jp

ストレートパーマが残っている部分があったり、黒染めをした部分があったり、ブリーチを過去にしていたり・・・。髪全体を細かく見たとき、全ての毛が同じ状態ということはほぼありえません!!

出典:http://www.minx-net.co.jp

何となくわかりますよね?そうです、ダメージが強い毛も、健康な毛も同じ薬(最強レベル)で染めてしまう・・・。それがホームカラーの大きなデメリット。

出典:http://www.minx-net.co.jp

これでは、ダメージ部分(主に毛先)は乾燥や褪色が酷くなってしまいます。シャンプーしてもギシギシ・・・ムラも出て、またすぐ色が落ちる。

出典:http://www.minx-net.co.jp

美容院のヘアカラーが傷みにくい理由!

市販のカラーと美容院のカラー剤の違いはあまりないのですが、美容院では髪の状態を見てカラー剤を変えてくれます。
それが髪を傷みにくく、色も落ちにくくしているのです。

サロンカラーの場合は、カラー剤を、その人の髪に合わせてコントロールしています!

出典:http://www.minx-net.co.jp

「ダメージがある場所はやさしい薬で」「発色しにくい場所は、逆に強い薬で」など、お客様の、髪の履歴や状態を診断し、薬剤レベルを弱くしたり、強くしたりしています。

出典:http://www.minx-net.co.jp

なので、美容室のヘアカラーだと綺麗に発色し、色も長持ちします。

出典:http://www.minx-net.co.jp

美容師さんもおすすめしない市販のヘアカラー

美容師さんも市販のカラー剤はどういうものか知っています。
美容師さんは髪のことを考えてくれるので市販のヘアカラーはおすすめしません。

カラー剤は薬品で、取り扱いをあやまればとても危険なもの。髪に対しての専門的な知識が必要なんです。これは自分でするストレートパーマなどでも同じこと。お客様の髪を扱うために、美容師は国家資格をとり、資格をとった後も、ウィッグ(カツラ)や練習モデルで何度も何度も練習します。もちろん髪のことや、色々な薬剤についても、日々勉強しているんですね。

出典:http://www.rasysa.com

セルフカラーをする場合は、こういった勉強を自分でするのは難しいので、色の選択を間違えたり、放置しすぎて髪をボロボロにしてしまったり、色がきちんと入らなかったり、ムラになってしまったりするようです。

出典:http://www.rasysa.com

今のカラーリングは、昔のように明るい茶色にするだけが目的ではなく、明るくしたり、暗くしたり、ニーズはさまざま。根元は暗く、毛先は明るいなど、染める前の明るさも一定ではないことがほとんどで、傷んだ髪の人も増え、カラーはどんどん難しくなっています。

出典:http://www.rasysa.com

市販のカラーで失敗して美容院で直してもらう方も多いのです

セルフカラーで失敗して、美容室に駆け込むお客様も増えています。でも、一度傷んでしまったり、ムラになってしまった髪は、いくら腕のある美容師でも、直せないことが多いんですよ。そうなってしまう前に、美容室でのカラーリングが、やっぱりおすすめなんですね。

出典:http://www.rasysa.com

ヘアカラーの色を長持ちさせるコツとは?

美容院でのヘアカラーの方が色持ちがいいですが、髪の状態やカラーによっては落ちやすいこともあります。
高価な美容院でのヘアカラーを長持ちさせるコツはあるのでしょうか?

美容院のシャンプーを使うようにする

なるべく市販の普通のシャンプーは止めましょう。市販のシャンプーは洗浄力が強くカラーの色落ちを促進させます。
ですからサロン専用のシャンプーまたは弱酸性のカラー用のシャンプーをお使いになってください。

出典:http://cojiiwata.com

髪を濡れたまま放置しない

髪の毛を洗って濡れたまま放置、またはカラーをした日にお家でホームトリートメントで長い間水に濡れたままにしてる。
これ実は良くないです。
濡れたままだと髪の毛のキューティクルが膨潤して広がり色が落ちやすいなります。ですから、濡れたまま置かないでドライヤーで乾かす、またはカラーした日のトリートメントは長時間置き過ぎない方がいいです。

出典:http://cojiiwata.com

【まとめ】美容院のヘアカラーは髪の状態を見て染めてくれる!

市販のヘアカラーより色落ちがしにくい美容院のヘアカラーのメリットについてまとめました。
美容院のヘアカラーと同じように市販のヘアカラーで染めてもカラー剤の違いもあることと、美容師さんが髪の状態をみてヘアカラーをしてくれるので、美容院のヘアカラーの方が髪の傷みは少なく、キレイに染まります。
そして美容院のヘアカラーは何より色落ちがしにくいのです。
市販のヘアカラーで失敗して美容院で直してもらうにも市販のヘアカラーは髪が傷むので染め直すにはさらにダメージを与えることに…。
髪のことを考えるなら美容院でのヘアカラーがおすすめです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ