家入レオの歌「チョコレート」の人気が未だに凄い!その秘密とは?

シンガーソングライターとして現在活躍中の家入レオ。そんな家入レオが過去に発売した曲「チョコレート」が今もなお注目を集めているようです。はたして家入レオのチョコレートという曲はどんな歌なのでしょうか?今回は家入レオのチョコレートについての情報を紹介します。

チョコレートが話題に!家入レオのプロフィール

家入レオ

生年月日:1994年12月13日
出身地:福岡県
身長:157cm

2012年
2月15日、シングル「サブリナ」でデビュー。

出典:https://ja.wikipedia.org

2012年12月30日、
第54回日本レコード大賞・最優秀新人賞を「Shine」で受賞。

出典:https://ja.wikipedia.org

18歳で初栄冠に輝く!

高校生時代に
メジャータイトルを獲得した
家入レオの実力は本物です!

10月28日、第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞が発表され、
10枚目のシングル「君がくれた夏」がドラマソング賞を受賞。

出典:https://ja.wikipedia.org

キャリアたった3年、そして若干20歳で
既にシンガーとして輝かしい実績を残してきた家入レオ。
そんな家入レオが唄うチョコレートが再び話題に!

家入レオのチョコレートという歌について

それでは家入レオの
チョコレートについての詳細を紹介をしたいと思います。

家入レオのチョコレートとは?

家入レオにとっても
チョコレートという曲には
想い入れがあるようです。

「チョコレート」は、家入レオの楽曲。
2014年1月29日にビクターエンタテインメントから
6枚目のシングルとしてリリースされた。

出典:https://ja.wikipedia.org

家入が16歳のときに制作した楽曲で、彼女が12歳のとき、
バレンタインデーに好きな子にチョコレートを渡せなかったという
実体験をもとにしている。

出典:https://ja.wikipedia.org

家入レオがチョコレートを作った経緯と、
チョコレートという曲を書き上げた年齢にビックリ!
やはり家入レオは天才シンガーソングライターですね。

家入レオがチョコレートを語る!

家入レオは過去に
このチョコレートという曲に対して
次のようなコメントをしています。

誰もが一度は通ったことのある、
そんな汚れない気持ちをこの先も大事にしていきたい。

出典:https://ja.wikipedia.org

そんな気持ちを込めて、
10代最後の19歳を迎えた今歌っておきたくて、リリースを決めました

出典:http://ja.wikipedia.org

そしてシングルとして発売されたチョコレートは
家入レオが16歳の時に収録したボーカルが使われているそうです。

【動画あり】家入レオが唄うチョコレートのMVを公開!

家入レオの曲に対するコメントを聞いただけでも、
とても興味が湧いてくる内容でしたね。
それでは、家入レオのチョコレートを実際に聴いてみましょう♪

家入レオのチョコレートMV動画

家入レオ - チョコレート

出典:https://www.youtube.com

チョコレートを聴いた方のコメントを紹介

“気付いて”や“好きよ”などの
部分が可愛くて好きです

出典:https://www.youtube.com

繊細なビブラートが滲みますね。
切なくなる声質と抑えた声量も可愛い。

出典:http://www.youtube.com

耳に残るなぁ♪~
チョコレート♪

出典:https://www.youtube.com

家入レオのチョコレートを聴いて
コメントしている年齢層は意外に幅広いようです。

家入レオのチョコレートはCDが3種類発売されています。

チョコレートのCD内容は3タイプとも違っています。
詳細は販売サイトで確認できます。

家入レオ:チョコレートのCD①

チョコレート(完全生産限定盤A)

出典:http://www.amazon.co.jp

家入レオ:チョコレートのCD②

チョコレート(完全生産限定盤B)

出典:http://www.amazon.co.jp

家入レオ:チョコレートのCD③

チョコレート(完全生産限定盤C)

出典:http://www.amazon.co.jp

どのタイプのチョコレートのCDも人気があるようです。
家入レオファンは当然、全て買っているでしょうね(^^)

家入レオのチョコレートは心に染み渡る名曲だった!

家入レオのチョコレートという曲について紹介しました。
家入レオのチョコレートは実際に聴いてみると、
家入レオの歌声がチョコレートの歌詞にピッタリ♪
シンガーとしての家入レオの才能を感じることができる
素晴らしい代表曲だと思います。