伝説の昭和のアイドル!山口百恵の社会現象までになった引退とは?!

山口百恵さんをご存知でしょうか?昭和の時代、超絶的な人気を誇るアイドルだった方ですが、人気絶頂の最中、結婚を機に芸能界を引退しその後一切メディアに登場することはなかった伝説の存在です。多くのファンは突然の引退に発狂!山口百恵の引退の真相について調べてみました。

山口百恵さん、アイドルデビューのきっかけは?

昭和のアイドル、山口百恵さん。彼女はどのような道を歩み、どんなアイドルでどれほどの人気を博したのか、なぜ人気最高潮の状態で引退に至ったのか。山口百恵さんのプロフィールや伝説の数々をご紹介いたします!

本名:山口 百恵(やまぐち ももえ)※現在は、三浦 百恵(みうら ももえ)
生年月日:1959年1月17日
血液型:A型
活動時の所属事務所:ホリプロダクション(現:ホリプロ)
所属レコード会社:CBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)

山口百恵さんは、東京・恵比寿に生を受けますが、幼少期を神奈川県横浜市瀬谷区で、小学2年生から中学生でデビューするまで横須賀市で過ごしました。中学生在学中の1972年12月、伝説の人気オーディション番組『スター誕生!』に出場したことをきっかけに芸能界に足を踏み入れます。

出場した『スター誕生!』では、1970年代前半に活動した女性歌手・牧葉ユミさんの「回転木馬」を歌い、準優勝を果たします。その結果、20社にも及ぶ芸能関連会社から指名を受けました。

『スター誕生!』への応募動機は、同じ年でテレビで活躍中の森昌子さんを見て「自分もあのようになりたい!」と思ったからだそうです。準優勝かつ20社からの指名を受けた結果とはなりましたが、 同番組で審査員を務めた作詞界の大御所・阿久悠さんから「あなたは青春ドラマの妹役なら良いけれど歌手は諦めた方が良い」と言われていました。

伝説のアイドルへ!山口百恵さんの活躍と数々の記録

なんと!番組出演から4ヶ月後の1973年4月、映画『としごろ』に出演し、阿久悠さんのコメントとは裏腹に、5月21日に同名の曲で歌手としてもデビューを果たしました。
芸能界に入るきっかけとなった森昌子さんと桜田淳子さんと共に「花の中三トリオ」と呼ばれ、スターへの階段を上り始めます。
デビュー曲「としごろ」の売上が思わしくなかったようで、第二弾の「青い果実」では大胆な歌詞を歌いイメージチェンジを図ります。これが功を奏し一気に人気が爆発しました。

歌手活動だけではなく、女優としても数多くの作品に出演し大きな評価を得ています。1974年、文芸作品の名作『伊豆の踊子』に初主演し、当時その演技が話題となりました。また、この映画で共演した相手役の三浦友和さんとは同年の夏にグリコプリッツのCMでも共演しており、今後の彼女の人生において大きな存在となっていくのです。

女優・歌手として着実にキャリアを積み上げていた最中、山口百恵さんは1979年10月20日、大阪厚生年金会館のリサイタルでその役柄のイメージのまま、「私が好きな人は、三浦友和さんです」と、突如、三浦さんとの恋人宣言をしたのです。
その後、三浦さんも記者会見を行い「結婚を前提にして付き合っています」と語りました。

日本中が山口百恵さんのファンといっても過言ではない状況で、この交際宣言はかなり衝撃だったことでしょう。とはいえ、自分の口から好きな人を正直にいう格好良さ!ますます好きになった人も多かったのではないでしょうか。

山口百恵さん・絶頂期で衝撃の引退!

衝撃の交際宣言の翌年、1980年に三浦さんとの婚約発表と同時に引退も宣言!周囲は「どうした?山口百恵に何があった?」と騒然となり、いろいろな憶測が飛び交う中、着々と引退への準備が進められていきました。

芸能界引退には山口百恵の生い立ちも関係があったとみられています。
引退直前1980年9月、これまた異例のことだったようですが、自叙伝『蒼い時』が刊行され、複雑な生い立ちや芸能人としての生活の裏側、恋愛や三浦との初体験についても赤裸々に語られました。

自叙伝の中で生い立ちに触れた際、「私に父はいない。私はあの人の存在を認めない。」といった内容のことが記されているようです。

山口百恵さんがスターとなると、お父様は事務所に勝手に借金をしたり、山口さんの親権を母親から奪おうとしたり、とかなり壮絶な出来事があったそうです。そのため、百恵さんは多額の手切れ金を渡し父親と縁を切ったといわれています。

華やかな芸能界で活躍する裏側で、大変なご苦労と壮絶な経験をされていたんですね。
だからでしょうか、山口百恵さんからは実年齢以上の貫禄と大人の色気が漂っていたように思います。

山口百恵さんの魅力とは?

魅惑的なぽってりとした唇


山口百恵さんのぽってりとした唇に、多くの人が魅力を感じていたようです。
写真からもその魅力は十分に伝わってきますが、ナント、あるファッションライターがスニーカーの履き心地とそのクッション性の素晴らしさを「百恵の唇」と表現したほど。
(ちなみにそのスニーカーは1985年に発表された、ニューバランス M1300。当時、もっともスニーカーとしては最も高額な39,000円という価格で販売されました。)

1985年といえば、山口百恵さんが引退して5年後のこと。年月が経っても尚、存在感は相当なものだったんでしょうね。

漂う大人の色気


実年齢が嘘じゃないかと思うほど、大人の色気が溢れる山口百恵さん。
10代とは思えない独特の雰囲気と物憂い感じ、大人っぽい歌詞の曲と出演する作品の役柄も相まって、芸能界において唯一無二の存在となりました。

その他にもたくさんの魅力を持つ山口百恵さん。作品毎に見せる新たな顔に、ファンのみならず毎回魅了されますね。

山口百恵さん、引退の本当の理由とは?

山口百恵さんの引退の理由は「結婚」ということでしたが、本当にそうだったのでしょうか?

たくさんの伝説と圧倒的な存在感を示した山口百恵さんですが、実際のところ芸能活動期間わずか8年。しかも、あの驚きの婚約宣言と引退表明したのは21歳の若さでした。
あまりに突然で衝撃だったことから、引退については様々な噂がされましたが、理由は本当に結婚のためだけだったのでしょうか?
ほかにも引退の理由があったのでしょうか?

山口百恵さんは、もともと芸能界に執着もなくいつ引退してもいいタイプだったそうです。
歌手になった理由も、複雑な生い立ちからお母様や妹さんに楽をさせたくて、稼げる仕事だから、とのこと。
当初の目的を果たせる額を手にできたからでしょうか、それとも、その他の方法でお母様や妹さんに楽をさせてあげるものを見つけたのでしょうか。

このようなアイドルが当時他にいたでしょうか?
こういう方だからこそ、ひとの心に本当に染み渡る歌が歌えるのでしょうね。

家庭内の事情からアイドルになり、押しも押されぬ人気のなか引退を選ぶのは簡単なことではありません。結婚後の彼女が一切メディアに出てこないことからも、やはり結婚が引退の一番の理由だったのかもしれませんね。
現在は仕事を続けながら結婚生活を選ぶ芸能人が多い中、山口百恵さんは古風な考え方を持つ女性だったんだと思います。

いまだに「山口百恵のその後」が取りざたされる中、頑に露出を避けるわけでもなく、自然体で居つつもメディアに姿を表さない山口百恵さん。家族や旦那さまがいればそれでいい、芯の一本通った強い女性です。

山口百恵さんの引退コンサートは社会現象になった?!

平成生まれの人でも見たことはあるんじゃないでしょうか?この山口百恵さんがマイクをおく姿。ここから山口百恵さんは二度とマイクを手に取ることはありませんでした。

今もなお語り継がれるラストシーン。
1980年10月5日、日本武道館で開催されたファイナルコンサートでは、ファンに向けて「私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります」とメッセージを残しました。

ちなみにこのマイクは、現在小樽にある石原裕次郎記念館に展示されています。

そして山口百恵さんの最後の曲は、「さよならの向う側 」。
作曲は宇崎竜童さん、作詞は阿木燿子の最強タッグが作った最高の曲です。

その出だしは、

「何億光年 輝く星にも 寿命があると
教えてくれたのは あなたでした」

三浦友和さんとの結婚を機に、芸能界を引退する山口百恵さんの最期を飾るにふさわしい曲ですね。

1970年代に一世を風靡した伝説のアイドル・山口百恵さん。三浦友和さんとの結婚のため惜しまれつつ芸能界を引退した彼女の華麗な姿は、今でも多くの人の胸に刻まれています。

最後の曲「さよならの向こう側」の歌唱後、山口百恵さんはファンに深々と一礼し、マイクをステージの中央に置き、静かに舞台裏へと歩み去っていったのです。

昭和を代表する大スター。まばゆい輝きを放ちながら美しい去り際を見せた彼女は伝説となったのです。

このマイクをステージに置くシーンを真似する有名人や一般人はたくさんおり、一時期は社会現象にまでなったようです。しかしながら、山口百恵さんは本当に強く真っすぐな女性ですね。

山口百恵さん、結婚のお相手・三浦友和さんとは?

山口百恵さんの心を射止めた旦那さまは、名優・三浦友和さんです!今も多くの作品に出演し、味のある俳優さんとして活躍されています。とてもダンディな俳優さんです。

当時、アイドルの結婚式はテレビ中継されることが当たり前となっていましたが、山口百恵さんが引退後の挙式だったこともあり、三浦さんと山口さんの結婚式に中継が入ることはありませんでした。

結婚生活や三浦友和さんと芸能界を天秤にかけることもなく、あっさりと芸能界を引退し、三浦友和さんを選んだ山口百恵さんはとても幸せそうです。

結婚後、2人の息子さんを授かりました。

なんとも幸せそうな山口百恵さんのこの表情。
多くのファンから愛された彼女も一人の愛する男性に見せる表情は、また別の幸せを感じているのでしょうね。彼女はきっと、引退の決断に迷いはなかったかもしれません。

現在の山口百恵さんは一般人として静かに幸せな暮らしを継続中!

あの電撃引退からすっかり一般人として静かに三浦友和さんとともに暮らしている山口百恵さん。お歳は召しましたが、三浦さんと歩く姿や一緒にいるときの嬉しそうな百恵さんの顔は全くかわらないですね。素敵なご夫婦です。

2人の息子さんは芸能界に。
長男の三浦祐太朗さんは、シンガーソングライター・俳優として、次男の三浦貴大さんは俳優として活躍中です。

これからも、母として妻として、しっかり家庭を守って幸せに暮らしてほしいですね。

昭和の伝説のアイドル・山口百恵さん。もっと山口さんの芸能界での活躍を期待していたファンの方も多いと思いますが、彼女の英断と現在の幸せそうなお姿に心を打たれている人もきっとたくさんいらっしゃると思います。
三浦友和さんと末永くお幸せに!!!
以上、山口百恵さんの電撃引退についてご紹介いたしました。