実は知らない?正しいブラの収納方法。100均のケースで正しく収納。

みなさんはブラをどのように収納していますか?ただ引き出しに入れるだけにしてませんか?正しい収納方法を知らない方も多いと思います。ブラをしっかり収納しないとすぐに型崩れして使えなくなってしまいます。正しい収納方法を知ってブラを長持ちさせましょう。

ブラの正しい収納法

ブラを正しく収納しておかないと型崩れしたり長持ちしなかったりします。
そこで正しく収納できる収納ボックスや正しい収納の仕方をご紹介します。

体を守るブラジャーは繊細にできています。おしゃれで可愛いデザインも多いからこそ、大切に、丁寧に使ってあげたいインナーですね。

出典:http://j-dress.biz

ワイヤーが入っていないブラジャーは、折りたたんでも大丈夫。
カップを横に半分に畳んだら、ストラップ、サイドの順に折り畳んでいきます。
カップを重ねるように立てて収納していけばOKです。

出典:http://j-dress.biz

まず収納する時のポイントです。

基本的なことですが、しっかり乾かしてからしまいましょう。
しっかり乾かさないとシワができたり、変色やカビの原因になります。
そして収納する時に、ブラのカップの形を崩さないようにしっかり整えて収納してください。

こんな感じにブラを収納します。

「引き出し開けたらキュンとする♡」収納が基本

出典:https://locari.jp

ブラの色別で収納するのも見た目が綺麗です。
グラデーションにしたらもっと素敵ですね。

下着は、私たちの体に直接触れる部分が一番多いアイテム。「いつも守ってくれてありがとう」の気持ちを込めて、引き出しをあけるたびキュンとするような収納を心がけましょう

出典:https://locari.jp

正しいブラのたたみ方

1)まずブラジャーを裏返し、ホックを全て留めます。これはホックのツメが他のランジェリーにひっかかったり、傷つけたりするのを防ぐためです。

2)ストラップをカップの中に折り畳みます。ストラップが出たままだと、前後のブラのストラップとからまり、取り出す際に一苦労・・・ということに成りかねません。

3)カップの凹凸に合わせて、重ね合わせ、引き出しやラックの中に収納しましょう。

出典:http://eruca.jp

ブラのホックを必ず留めて、ストラップをカップ中に入れてカップの形を潰さないように並べてください。


動画もありますので見ながらブラを収納してみましょう。

★おすすめ、ブラの収納★ケース

ブラを収納するボックスですが、カゴやケースは100均にも売っています。
余裕があるからといって詰めすぎないようにしてください。ブラの形が変わってしまいます。

100均に売っている下着収納ケースです。
セリアに行けば購入できますよ。

100均のプラケース。
何個か購入してブラを収納しましょう。
詰め込まないようにしてくださいね。

浅めの引き出しに入れて使う収納ケースです。
ショーツを入れるケースも付いているので、ブラ&ショーツセットが探しやすくていいですね。

楽天市場で購入できます。

炭入りブラ収納ケースなんてものもあるんですね。炭入りは結構人気があるようでいろんなサイトで売り切れていました。

【型崩れを防ぐ!炭入りブラジャー収納ケース】
キレイに畳んでいてもいつの間にかグチャグチャになってワイヤーが変形!なんて、かなり最悪…。そこでオススメなのがコレ!仕切りがついているのでブラの収納にピッタリ。仕切りはスライド式なので大きさに合わせて幅を調節することも可能です。もちろん取り外しも可能ですよ!テープなどは使用していないので出し入れ時にレースやホックが引っかかる心配はありません♪

出典:http://int-style.jugem.jp

購入したい方はお早めに。

★おすすめ、ブラの収納★ボックス

ブラ収納ボックス。
ブラ以外にも収納できるのでこのボックスでショーツ、タオルなどが全部収納できてスッキリしますね。

ご購入はこちらをどうぞ。

ちょっと変わったブラの収納方法

S字フックを使ってハンガーを何個もぶら下げる収納方法。

洗濯して干した後そのままクローゼットに収納。
これなら見やすいので選ぶ時も楽ですね。

ケースの柄がいっぱいあって可愛いですね。

こんなにたくさんの種類があります。

このブラケースとってもおしゃれだし、友達の家にお泊りとか、旅行に持っていく時に便利です。

ハンガーにS字フックを掛けてブラを吊るすだけ。
これもとっても簡単ですね。しまう時も使う時もすぐにできちゃいます。

ブラジャーハンガーなんていうのもあります。
ぶらを掛けるだけ!形も崩れない。

このようにブラの収納にもたくさんあります。
引き出しを開けた時にぐちゃぐちゃは嫌ですから、面倒くさがらす正しくしまいましょう。
自分のしまいやすくて出しやすい収納方法を選んでブラの寿命を長くしてあげましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

『住まい・家庭』のまとめを探す