格好よすぎる女優の天海祐希!宝塚時代の伝説がすごかった!

テレビやドラマで大活躍の天海祐希。そんな天海祐希は、知る人ぞ知る元宝塚のトップスター。現在女優として大人気の天海祐希が、宝塚時代どんな人生を送っていたのか、調べてみました。女優の天海祐希しか知らない人も、宝塚時代の天海祐希を知れるチャンスです!

長身で美しい女優!天海祐希のプロフィール

天海 祐希(あまみ ゆうき)
生年月日:1967年8月8日
本名:中野 祐里(なかの ゆり)
愛称:ゆりちゃん、ゆり
所属:研音
出身:東京都台東区東上野

天海祐希の宝塚の舞台歴

ここからは、宝塚元月組トップスターの天海祐希の宝塚時代の舞台について振り返ってみたいと思います。

宝塚音楽学校~月組時代

〇1987年
1月23日 - 1月24日 『日本舞踊/青春のロンド』
3月26日 - 5月12日 『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら(雪組)』
5月26日 『ミー・アンド・マイガール』
8月2日 - 8月30日『ミー・アンド・マイガール』
9月22日 - 10月4日 『青春の旋風〜リトル・ヒーロー三四郎』
11月16日 - 12月20日 『ミー・アンド・マイガール』

出典:http://ja.wikipedia.org

〇1988年
1月15日 - 1月26日 『リラの壁の囚人たち』
2月3日 - 2月11日 『ミー・アンド・マイガール』
3月3日 - 3月30日 『ミー・アンド・マイガール』
4月15日『南の哀愁』前夜祭
5月13日 - 6月28日 『南の哀愁/ビバ!シバ!』
8月4日 - 8月30日 『南の哀愁/ビバ!シバ!』
9月18日 - 9月21日 『リラの壁の囚人たち』
9月23日 『リラの壁の囚人たち』
11月11日 - 12月20日 『恋と霧笛と銀時計/レインボーシャワー』
12月6日『’88宝塚友の会 クリスマス会』
12月14日 - 12月17日 CRISTMAS DINNER SHOW ’88『Fresh Dream for You』

出典:http://ja.wikipedia.org

〇1989年
1月25日 特別公演『逸翁に捧げる夕べ』
2月4日 - 2月14日 『赤と黒』
5月4日 ニューヨーク公演 記者発表会(ニューヨーク/RCMH)
5月12日 - 6月27日 『新源氏物語/ザ・ドリーマー』
5月19日 - 5月20日 『’89 TMP音楽祭 ザッツ・ムービーⅡ』
8月3日 - 8月29日 『新源氏物語/ザ・ドリーマー』
9月1日 『レビュー記念日’89』
10月6日 ニューヨーク公演 試演会『TAKARAZUKA』
10月25日 - 10月29日 ニューヨーク公演
11月25日 - 12月17日 『シャンテ・シャンテ・シャンテ』
12月8日 『’89宝塚友の会 クリスマス会』

出典:http://ja.wikipedia.org

〇1990年
1月4日 - 1月10日 『赤と黒』
2月16日 - 3月27日 『大いなる遺産/ザ・モダーン』
4月21日 - 5月6日 『ロミオとジュリエット』
6月3日 - 6月27日 『大いなる遺産/ザ・モダーン』
8月9日 - 9月18日 『川霧の橋/ル・ポアゾン』
9月1日 - 9月3日 『レビュー記念日’90』
10月13日 - 11月4日 『天使の微笑・悪魔の涙/レッド・ホット・ラブ』
12月2日 - 12月26日 『川霧の橋/ル・ポアゾン〜愛の媚薬〜』
12月19日 『すみれの花咲く頃』60周年スペシャル

出典:https://ja.wikipedia.org

〇1991年
1月16日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』製作発表
1月22日 - 1月27日 『ロミオとジュリエット』
5月17日、5月18日 『’91 TMP音楽祭 エスノ・ポップス』
5月22日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』 製作発表会
6月6日 - 6月9日 『第7回 朱里ダンスプロジェクト公演』SHOW CASE PART 7 Singing Dancing for you!
7月2日 - 7月31日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』
7月6日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』
9月1日 - 9月3日 『レビュー記念日’91』
9月20日 - 10月29日 『銀の狼/ブレイク・ザ・ボーダー』
11月10日 - 11月24日 『たとえば それは 瞳の中の嵐のように』

出典:http://ja.wikipedia.org

〇1992年
1月1日 - 2月11日 『珈琲カルバナル/夢・フラグランス』
4月4日 - 4月29日 『珈琲カルバナル/夢・フラグランス』
5月22日 - 5月23日 『’92 TMP音楽祭 SONG IN YOUR HEART』
7月3日 - 8月18日 『PUCK/メモリーズ・オブ・ユー』
9月12日 - 9月27日 『高照す日の皇子』
10月2日 - 10月9日 『高照す日の皇子』
11月2日 - 11月27日 『PUCK/メモリーズ・オブ・ユー』

出典:https://ja.wikipedia.org

〇1993年1月〜7月
1月1日 - 2月15日 『PARFUM DE PARIS』
3月8日 『グランドホテル/BROADWAY BOYS』製作発表
4月2日 - 5月10日 『 グランドホテル/BROADWAY BOYS』
5月21日 - 5月22日 『’93 TMP音楽祭 青春フォーエバー!』
7月2日 - 7月31日 『 グランドホテル/BROADWAY BOYS』

出典:https://ja.wikipedia.org

月組トップスター時代

〇1993年8月~
8月11日 - 8月12日 ディナーショー『…だから盛り上がって夏』
9月2日 『レビュー記念日’93』
11月12日 - 11月23日 『夢の10セント銀貨』

出典:https://ja.wikipedia.org

〇1994年
1月1日 - 2月7日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』
1月18日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』
2月25日 - 3月3日 『夢の10セント銀貨』
4月4日 - 4月27日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』
5月20日 - 5月21日 宝塚歌劇団80周年『TMPスペシャル 夢まつり宝塚’94』
6月24日 - 8月8日 『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』
8月9日 - 8月11日 『シンポジウム 宝塚80』
9月1日『レビュー記念日’94』
9月9日 宝塚歌劇団80周年記念式典『夢を描いて華やかに』
10月18日 宝塚歌劇団80周年記念『’94宝塚歌劇団大運動会〜夢を描いて華やかに』
11月2日 - 11月27日 『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』

出典:https://ja.wikipedia.org

〇1995年
1月2日 - 1月8日 『LE MISTRAL…鏡の中に消えた男…』
4月13日 - 5月5日 『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』(地方公演)
6月2日 - 6月28日 『ハードボイルド・エッグ/EXOTICA!』
8月11日 - 9月25日 『ミー・アンド・マイガール』
10月14日 - 10月29日 『ある日どこかで-SOMEWHERE IN TIME-』
12月1日 - 12月26日 『ミー・アンド・マイガール』

出典:http://ja.wikipedia.org

女優の天海祐希も素敵ですが、宝塚の天海祐希も男らしくて格好いいですね!

天海祐希の宝塚伝説はすごかった!?

女優としてももちろん素晴らしい天海祐希ですが、宝塚時代にも天海祐希はすごい人との伝説がありました。
それはいったいどういうことなのでしょうか?

天海祐希は、宝塚音楽学校へ主席入学したこと。
入学試験で「お母さん、よくぞ産んでくださった」と関係者から絶賛された。

出典:http://wadainewskininaru.blog.so-net.ne.jp

宝塚音楽学校は、宝塚歌劇団に入団する前に、2年間通う学校のなのですが、「東の東大、西の宝塚」と言われるように、倍率も毎年20倍を超える難関です。
そんな宝塚音楽学校に、主席で合格した天海祐希は、素晴らしかったのですね!

天海祐希は、宝塚歌劇団入団1年目に新人公演で主演を果たす。
その後7年目でトップスターへ。

出典:http://wadainewskininaru.blog.so-net.ne.jp

宝塚では、宝塚歌劇団で初舞台を踏んでから7年目までは、新人公演というものに出演します。その新人公演に、入団一年で主役に抜擢された天海祐希。
また、新人公演も卒豪していないうちにトップスターになったのですね。
トップスターは、早くても入団10年目くらいでなる方が多いですが、天海祐希は異例の早さだったのですね。

天海祐希は、宝塚トップに就任するのも早かったが、宝塚を退団するのも早かった。

出典:http://anond.hatelabo.jp

宝塚のトップスターに就任したのち、多くの人は5年くらいは在団していますが、天海祐希はわずか2年で退団しています。
もちろん、期間が短いトップスターもたまにいますが、やはり天海祐希の2年は短いです。

天海祐希は、サヨナラ公演のフィナーレで羽根を背負わなかった。

出典:http://anond.hatelabo.jp

宝塚の象徴ともいえる、ラストのフィナーレでトップスターが背負って大階段を降りてくる大きな羽根。天海祐希は、退団公演でその羽根を背負わずに降りてきました。
どうも天海祐希が、仰々しい羽根を背負うのは嫌だと、劇団側に通させてしまったらしいです。

天海祐希は、サヨナラ公演のフィナーレで仲間達ばかり見る。

出典:http://anond.hatelabo.jp

宝塚の舞台では、フィナーレが終わってから幕が下りるまで、客席に向かって手を振ってくださるのですが、天海祐希は客席よりも、一緒に舞台に立った仲間たちに手を振っていたそうです。

天海祐希は、お茶会でファンにお説教をした。

出典:http://anond.hatelabo.jp

宝塚の公演中に、ファンを対象向けとしたトークショーが開かれます。
普段は、舞台のエピソードや冗談を話したりするのですが、天海祐希は説教をしていたそうです。

天海祐希は、退団時にファンクラブの人全員にワイングラス贈呈した。

出典:http://anond.hatelabo.jp

宝塚を卒業する日、ファンクラブが退団者に高い車を用意し、パレードをしたりするのですが、天海祐希は、自らファンクラブ全員にワイングラスを送ったそうです。

天海祐希の宝塚時代の動画を公開!

「ベルサイユのばら~オスカル編~」

https://www.youtube.com/watch?v=AL8yrHAq3jc

「TAKARAZUKA OLE」

天海祐希の宝塚ラストディ

宝塚時代の天海祐希は、伝説のタカラジェンヌだった!

以上、宝塚時代の天海祐希についてご紹介してきました。

女優としても大変貫禄のある天海祐希ですが、宝塚時代からすでに期待されていたのですね。
毎日多忙な天海祐希ですが、これからの活躍にも期待したいと思います。