【まだまだ行くよ】ミュージカル「テニスの王子様」の魅力に迫る!

初演から10年以上の年月を経て、まだまだ盛り上がるミュージカル「テニスの王子様」。ミュージカル「テニスの王子様」の魅力を中心に、テニスをステージで行う演出やミュージカル「テニスの王子様」を実際に劇場で楽しむ楽しみ方などをまとめました!

ミュージカル「テニスの王子様」とは

ミュージカル「テニスの王子様」とは、週刊少年ジャンプで連載されていた「テニスの王子様」を舞台化し、2003年4月から10年以上公演が続いているミュージカルです。
1stシーズン、2ndシーズン、3rdシーズンとシーズンを重ねて公演を続け、いまなお衰えない人気のミュージカルです。

ミュージカル「テニスの王子様」1stは7年間にわたり、テニスの王子様の各試合を原作を忠実に再現しながらミュージカル化してきました。
ミュージカル「テニスの王子様」2ndは2011年1月から3年間をかけて、1stの公演で使われた楽曲や公演内容を軸にしたリメイク版という形で公演が行われました。
2015年からミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズンが公演されており、まだまだ公演が続いていく予定の現行シーズンとなっています。

このミュージカル「テニスの王子様」は若手俳優の登竜門という存在にもなっており、今をときめく俳優も数多く輩出しました。
たとえば…

斉藤工さんは、ミュージカル「テニスの王子様」1stシーズンで氷帝学園の忍足役を演じていました。

こちらがミュージカル「テニスの王子様」での姿

アニメ版デスノートの夜神月や、うたのプリンスさまで一ノ瀬トキヤを演じしている声優の宮野真守さんも、ミュージカル「テニスの王子様」1stシーズンでは不動峰の石田役で出演していました。

こちらがミュージカル「テニスの王子様」出演時の宮野さんです

この他、舞台を中心に活躍している俳優や、声優として活躍している役者も数多く輩出しています。
今後もどんな若手俳優が登場するのか、注目したいポイントの一つですね!

さらに、このミュージカル「テニスの王子様」は本公演だけでなく、劇中での歌をまとめたライブも行っており、本公演とはまた違った雰囲気のキャラクターの姿を見ることができます。

このライブや本公演のアンコールでは、キャストがステージ上を飛びだし、客席へ下りてくることもあります。
客席の通路で楽しそうにキャスト同士が遊んでいたり、ステージよりも近い場所で見れる機会です♪
そういった、間近でキャラクターを見ることができるというのも、ミュージカル「テニスの王子様」の魅力ですね。

また、ミュージカル「テニスの王子様」にはサーポーターズクラブ(ファンクラブ)が存在し、そこに入っているサポーター限定のファンミーティングも開催。
ステージ上で見られるお芝居以外のキャストの様子もわかる機会となっています。

「ミュージカル」という本公演を飛びだし、ミュージカル「テニスの王子様」という一つのスタイルだけでもさまざまな展開を見せている。
そういった点から、次は何をするのか!?と目が離せない公演となっています。

ミュージカル「テニスの王子様」でのテニスの演出

ミュージカル「テニスの王子様」は、ステージ上で実際にテニスボールを使ってのテニスが不可能なため、テニスの試合を行っているように様々な演出で魅せてくれます。

ステージにはネットが登場し、キャストはラケットを振りながらテニスボールを追いかける芝居をします。
肝心のテニスボールはライトでの演出となっており、どこの席から見てもボールが弧を描いて飛んでいるように見せています。

特に綺麗に見えるのは2階席などのステージ全体を見ることのできる席で、ステージを見下ろす形で見るとボールが綺麗にラケットにあたり、相手コートに飛び、更に相手が打ち返していくという流れを見ることができます。

さらに、状況によってはスクリーンを使用し、スクリーンに現れるテニスボールで試合をしているように見せるという演出も取り入れられています。

そのほか、地面を転がるテニスボールを見せるときには実際にテニスボールを使ったりと、臨機応変に演出することで、さまざまな驚きと楽しみを与えてくれます。

また、キャラクターそれぞれの個性的なプレイスタイルをキャストがしっかりと再現し、サーブのフォームや必殺技のフォームなど、本来は2次元で描かれていたものが3次元にそのまま具現化したかのような錯覚を与えてくれるのも、ミュージカル「テニスの王子様」の魅力と言えます。

ミュージカル「テニスの王子様」を劇場で楽しむ

ミュージカル「テニスの王子様」はDVD化もされており、自宅で楽しむこともできますが、劇場で楽しめる部分はDVDよりもさらに増えます。

まず第一に、照明が凝っているので劇場の中央から後方の席、および2階席以降になると細やかな照明の演出も見ることができます。
曲によってはステージ上に薔薇の花をかたどった照明が登場したり、技によっては照明で効果が演出されていたりと、目を楽しませてくれます。

中央より前方の席では、キャストの表情の動きやベンチワークでのやり取りなど、キャストの細かな演技を双眼鏡などを使わずに見ることが可能。
かなり前の席になると、流れ落ちる汗まで見て取ることができて臨場感があります。

さらに、好きなキャラクターがいる場合はずっとそのキャラクターだけを追って見ることも可能です。
DVDではメインのキャラクターを映し出しているので、なかなかベンチワークなどを集中して見るのは難しいので、これも劇場で観劇する際の限定的な楽しみ方といえます。

細かな部分もチェックすると楽しみが倍に!

このミュージカル「テニスの王子様」では、実際にキャストはラケットを振って試合を展開します。
そこで注目するポイントとしてはラケットのブランド。
キャストによっては、原作と同じラケットを使っていたりするんです!

初回公演のときは違うラケットを持っているキャラクターもいますが、気付けば原作の「テニスの王子様」に登場するラケットと同じになっていることも…。
実は、ファンがキャラクターと同じラケットをプレゼントしているとか!
とくに1stのときは、そういった身に付けているものの変化が頻繁に見られました。

細かなところを見ているファンがいて、さらに同じものを贈るファンがいることで、更に原作に近付いていく。
ファンと一体になって作り上げていくミュージカルという風になっており、細かな持ち物を見るのも楽しみの一つといえるでしょう。

これからもまだまだ盛り上がるミュージカル「テニスの王子様」を要チェック!!

現在、3rdシーズンがまだまだ始まったばかりのミュージカル「テニスの王子様」
これからもどんどん試合は続いていきます。
今後登場するキャラクターにどんなキャスティングがされるのか!?
どんな俳優がこのミュージカル「テニスの王子様」を経て世界に飛び立って行くのか!
今後も注目して見ていきたいですね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す