カサカサだけが乾燥肌ではない?!知られていない乾燥肌脂性肌とは?

乾燥肌は常に肌がカサカサしている人だけとは思っていませんか?実は乾燥肌の人でも脂が多く化粧崩れをする人もいるんです!あまり知られていない乾燥性脂性肌について紹介します。乾燥肌なのに脂が多い?その原因は意外なものだったのです!

肌の乾燥はどうして起こる?

肌の乾燥は気になりますよね。つっぱりを感じたり、化粧のノリが悪かった…。
乾燥が進むとしわの原因にもなるので、どうにかしたいですよね!
さて乾燥肌の肌の状態はどんな感じなのでしょう?
冬は特に肌の乾燥が気になるので、しっかりケアしましょう。

乾燥肌とは、
角質層の水分量がかなり低下していて、
「皮脂」や「セラミド」などによる保湿システムがうまく機能していない状態。
が続いているような肌のことです。

出典:http://nikibi-bye.net

本来、
私たちの肌は角質層の「バリア機能」によって肌の”なめらかさ”だったり”もっちり感”が作り出されています。

出典:http://nikibi-bye.net

そして肌の内部の水分が逃げていかないようにしたり、
外からの刺激(細菌・ウイルスや紫外線など)をシャットアウトしています。

出典:http://nikibi-bye.net

この「バリア機能」がスキンケア・生活習慣・季節的な要因で

継続的に低下している状態が、『乾燥肌』と思って頂ければいいかと思います。

出典:http://nikibi-bye.net

脂が多いのに乾燥肌?乾燥性脂性肌とは?

乾燥肌の中でも乾燥を感じないけれど、実は乾燥肌だという場合があるのです。
それは乾燥性脂性肌と言います。
混合肌ともいいますが、脂が多く分泌されるので自分では脂性肌だと思っている方が多いです。
ですが、実は肌が乾燥している為に脂を多く分泌している状態なのです。
この乾燥性脂性肌の方は実は多いのです。

インナードライ肌(乾燥性脂性肌)というのをご存知でしょうか、隠れ乾燥肌とも呼ばれています。これは混合肌の原因のひとつとも言われており、 なんと8割以上もの女性が、このインナードライ肌の疑いがあると言われています。

出典:http://www.repregarden.net

インナードライ肌の特徴は肌の脂浮きです。脂性肌とよく似ていますが、頬の毛穴が開いてしまい、皮脂が過剰にあふれ出します。

出典:http://www.repregarden.net

皮膚表面はしっとりしているので、乾燥してるようには見えませんが、 肌内部は水分やハリが失われていて乾燥しています。

出典:http://www.repregarden.net

混合肌や、脂性肌と肌質が大変似ていてなかなか見分けが付かないことが多いので、間違ったスキンケアをしていると、悪化してしてしまいます。

出典:http://www.repregarden.net

具体的な症状としては、大量の皮脂によりTゾーンがテカル、キメが荒くなり毛穴が目立つ、黒ずみやくすみがでる、肌のかさつきを感じる、肌がゴワついている、肌の状態が安定せず化粧のりが悪い、などがあります。

出典:http://www.repregarden.net

いかがですか?
自分もこの状態に当てはまるという方は乾燥性脂性肌の疑いが高いです。

乾燥肌より実は怖い!乾燥性脂性肌の原因とは?

乾燥肌と自覚がある方は自分で保湿など対策をしていると思いますが、乾燥性脂性肌の方の多くは脂性肌と自覚しているようです。
それがさらに肌の乾燥を進めてしまい、ますます皮脂が多く分泌されるようになります。
この状態はとても怖いのです…。
乾燥性脂性肌の原因とは何でしょう?

インナードライの本当の原因って、お肌の乾燥なんですよね?

でも、実際にインナードライ状態に陥ってお肌がでテカテカになってしまうと、
どうしても皮脂に目が行ってしまい、乾燥対策よりも皮脂対策に追われてしまいがちです。

出典:http://www.purenoble.com

インナードライ肌の原因は肌の乾燥です。

出典:http://www.skincare-univ.com

肌は乾燥すると外からの刺激に弱くなるので、防衛本能でうるおいをキープしようと、皮脂を分泌します。それによって脂性肌だと勘違いして間違ったケアを行なってしまい、インナードライ肌が進行、という悪循環に陥ってしまうため、いつまでも改善されないのです。

出典:http://www.skincare-univ.com

その結果、「油紙で皮脂を拭き取る」「顔を良く洗う」
という対策をされる方が多いんですよね?

出典:http://www.purenoble.com

インナードライは「お肌の揺らぎ」で始まります。
お肌が揺らぐというのは、ドライでもありオイリーでもあるという、
ご自分でも説明しにくいお肌の状態(調子)で、たいてい毛穴の悩みを伴います。

出典:http://www.zelo-position.com

乾燥性脂性肌の原因は乾燥なんです!
しかし、よく聞く乾燥とは違い皮脂が多く出るのです。皮脂が多いと脂性肌と勘違いしやすいです。
その為に、皮脂をふき取ってしまいます。自分で乾燥肌と気付かないうちに悪化してしまうのです。

乾燥性脂性肌を改善するには?

乾燥が原因の乾燥性脂性肌。
早く改善させないと、さらに皮脂の分泌を増やし、その皮脂を取り除こうをしてしまいます。
まずは、皮脂が多いからとふき取らず逆に水分量を増やします!
ますます顔がべたつくようなイメージですが、それが一番の対策です。

まず最初にしなくてはいけないことは、皮膚の水分量を増やすことです。

出典:http://xn--nckg3oobb8846bhzgvndi24g5qwakqj.biz

油紙やティッシュなどで皮脂を拭き取らない!
皮脂を油紙やティッシュで拭き取る行為は、お肌からの水分蒸発を進行させるばかりか、
繰り返すと、摩擦や擦過でお肌を傷める事になり兼ねないので、おすすめ出来ません!

出典:http://www.purenoble.com

顔を良く洗ったり、洗顔回数を増やしたりしない!
顔を念入りに洗ったり、洗顔回数を増やすと、お肌の乾燥を促進してしまいます。
また、合成界面活性剤入りの洗顔料を使っている場合は特に、角質の保水機能を下げてしまう傾向があります。

出典:http://www.purenoble.com

まずはお肌の保湿対策を行います。
お肌のバランスが崩れているときは、お肌が敏感になっています。
美容液成分がたっぷり入ったスキンケアよりは、保湿成分が1種類入っているようなシンプルケアがオススメ。中でもセラミドはお肌のバリア機能を高めてくれる効果があるので、オススメです。

出典:http://xn--nckg3oobb8846bhzgvndi24g5qwakqj.biz

乾燥性脂性肌は、お肌の内側が乾燥している状態なので、お肌の内側にうるおいを届けるケアが大切です。
浸透の良い保湿タイプの化粧水をパシャパシャつけるのが良いですね。
化粧水をコットンパックしてやっても良いでしょう。
充分潤いをお肌の内側に届けた後に、乳液やクリームを使用します。

出典:http://xn--nckg3oobb8846bhzgvndi24g5qwakqj.biz

【まとめ】脂が多くても乾燥肌の場合も!脂性肌と思い込まない事が大事!

乾燥肌でも脂が多くでる乾燥性脂性肌について紹介しました。
自分では知らないけれど、この乾燥性脂性肌だったという方は案外多いのです。
肌の水分のバランスが悪く、乾燥した肌を補おうとたくさん皮脂が出ている状態です。
この状態は肌にはよくない状態なので、できるだけ保湿をするのが大事です。
保湿をする事で乾燥も改善され、皮脂も少なくなりますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ